未分類

米国株の決算スケジュール

米国株 決算 スケジュール
米国株決算スケジュールをまとめました。
決算のピーク時は、人気銘柄が集中するので注意してください。
もし決算内容が発表されたときは、以下の3点に注意してください。
”過去最高の業績”だったとしても、株価に織り込まれていた場合は意味がありません。

売上高が市場予想と比較してどうだったか?
EPS(1株当たり利益)が、市場予想と比較してどうだったか?
会社側の予想が、市場予想と比較してどうだったか?

米国株の決算スケジュール

6月18日(火) アドビ(ADBE)
2Q決算発表予定
6月18日(火) クラフト・ハインツ(KHC)
1Q決算発表予定
6月19日(水) オラクル(ORCL)
4Q決算発表予定
6月20日(木) レッド・ハット(RHT)
1Q決算発表予定
6月24日(月) カーニバル(CCL)
2Q決算発表予定
6月25日(火) レナー(LEN)
2Q決算発表予定
6月25日(火) フェデックス(FDX)
4Q決算発表予定
6月25日(火) マイクロン・テクノロジー(MU)
3Q決算発表予定
6月26日(水) ゼネラル・ミルズ(GIS)
4Q決算発表予定
6月27日(木) マコーミック(MKC)
2Q決算発表予定
6月27日(木) アクセンチュア(ACN)
3Q決算発表予定
6月27日(木) ナイキ(NKE)
4Q決算発表予定
7月9日(火) ペプシコ(PEP)
2Q決算発表予定
7月11日(木) デルタ航空(DAL)
2Q決算発表予定

米国・雇用統計重要な経済指標

米国 雇用統計
雇用統計とは、米国の雇用状況を表した指数です。
毎月第1金曜日に、米労働省が発表しています。
雇用統計で発表される”非農業部門雇用者数”と”失業率”は、世界中から注目されています。
発表された指数は、為替や株式、金利、債券などの幅広いマーケットに大きな影響をあたえます。

FOMC議事録


FOMC議事録とは、連邦公開市場委員会(FOMC)で議論された際の議事録のことです。
FOMCとは、米国の中央銀行”FRB”による金融政策の最高意思決定機関です。
FRBは、日本の”日銀”と同じイメージで結構です。

FOMCでは政策金利の引き上げ(もしくは 引き下げ)について議論されるため、為替や株式、債券など様々なところに影響がおよびます。
米国株に投資する場合、FRBの考えていることが分かる”FOMC議事録”は必ずチェックしましょう。
ちなみにFOMC議事録は、FOMC(連邦公開委員会)の3週間後に発表されます。

米国・ISM非製造業景気指数

ISM非製造業景気指数とは、非製造業の景況感を表した指数です。
非製造業の購買担当者を対象に、受注や在庫、価格など10項目についてアンケート調査を実施します。
具体的には、「良くなっている」、「同じ」、「悪くなっている」の3択の解答結果を集計し、指数を算出しています。
50%を景気の分岐点としており、50%を上回ると“景気拡大”、50%を下回ると“景気後退”を示しています。
“ISM製造業景況感指数”と並んで、米国の景気先行指標として注目されています。

米国・耐久財受注

耐久財受注とは、企業の耐久財の受注状況を表した指数です。
米商務省が、毎月発表しています。
耐久財の出荷・在庫・新規受注・受注残高で構成されています。
ちなみに耐久財とは、3年以上の使用に耐える消費財のことで、自動車や家電製品、家具などのことです。
米国での設備投資や生産活動に対する指標として有名です。

米国・消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数(CPI)とは、物価関連の指数です。
米労働省労働統計局が、毎月発表しています。
CPIでをチェックすると、消費者が購入するモノやサービスの動きを把握することができます。

CPIでは様々な項目を指数化していますが、振れ幅の大きい食品とエネルギーを除いた”コア指数”の動きが注目あれています。
ドル高がすすむとCPIは下がり、賃金があがればCPIは上がりやすくなります。

米国・鉱工業生産指数

鉱工業生産指数とは、鉱工業部門の生産動向を表した指数です。
FRBが、毎月発表しています。
2012年を”100”としており、前月比で何ポイントが増減したかで判断します。
鉱工業生産指数が良いと、ドル高の方向にすすむことがあります。

今回のまとめ

米国 雇用統計
今回の記事では、米国株の決算スケジュールをまとめました。
米国株の決算をチェックするときは、「”市場予想”と比較してどうだったのか?」という視点を大切にしてください。
過去最高の業績でも、事前に織り込んでいたら意味がないので注意してください。

関連資料

特になし

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。