米国株

コストコホールセール(COST)の株価・見通し・決算情報

コストコ・ホールセール(COST)とは

コストコ
コストコ・ホールセール(Costco Wholesale)は、世界中で会員制の大型量販店チェーンを展開している企業です。
店舗内は巨大な倉庫のようになっています。
他社ブランドと自社ブランドの両方を販売しており、食料品や家電、家具、衣料品、生活用品などを提供しています。
さらにガソリンスタンドや薬局も展開しています。

コストコは世界中で店舗を運営しています。
米国で514店舗、カナダで97店舗、メキシコで37店舗、英国で28店舗、日本で26店舗を展開しています(2017年通期)。
海外の店舗の場合、為替が影響してくるので注意が必要ですね。
コストコ 店舗数


コストコは年会費を支払って会員にならないと買い物ができません。
年会費は日本だと4,400円、米国だと55ドルです。
顧客から会員費をとることで、顧客の「せっかくをお金を払ったし…」という気持ちをうまく利用したビジネスを展開していますね。

コストコは、ほぼ仕入れ値で商品を販売しています。
商品をただ販売しただけだと利益がでません。
さらに人件費や場所代などの経費を払うと、利益はほとんどありません。
コストコの利益率はわずか2.3%です(2017年通期)
そのため、コストコの利益はほとんど年会費でまかなっています。
コストコ 店内
さらに仕入れる商品も厳しくチェックしています。
実はコストコの商品数は、4,000程度となっています(公式HPより)。
コストコのような広い店舗で4,000程度の商品しか置いていないのは、かなり少ないです。
大手コンビニの商品数は、1店舗あたり2,500~3,500程度といわれています。
コンビニよりちょっと多いくらいなので、コストコの商品数は絞られていますね。
普通のスーパーマーケットと比較すると商品数はかなり少ないです。
これは1品あたりの取引金額を大きくして、自分側の価格交渉力を強くして安価に仕入れている戦略のようですね。
さらに商品数を絞ると、物流の管理コストも下げることができます。
徹底的にコストにこだわっているようです。
そういえば、同じ種類の商品がたくさんある印象が強いです。
コストコ 店内
コストコの会員数は右肩上がりで増加しています。
全世界で4,940万人も有料会員となっています。
コストコのビジネスモデルは会員費で稼ぐビジネスモデルのため、会員数が減ってきたときは黄信号です。
あと数年は会員が増加すると予想しています。
ウォルマート 会員数

コストコは、オンライン通販に力を入れています。
ただ、ECサイトだとコストコの1番の良さとなっている”非日常体験”は味わえませんね。
オンライン通販は他社と比較されるので、コストコにとってはそんなに美味しいビジネスではないような気がします。
低い利益率がより低くなるような気がして、オンライン通販で業績が良くなるかは不安です。

コストコのライバルはウォルマートです。
ウォルマートはコストコのような会員制量販店「サムズ・クラブ」を運営しています。
サムズ・クラブはコストコそっくりの店舗構成となっています。
『ウォルマートの株価・決算情報・銘柄紹介』

もうひとつのライバルはアマゾンですね。
コストコとはビジネスモデルがだいぶ違いますが、小売り関係ということであげておきます。
『アマゾンの株価・決算情報・銘柄紹介』

コストコがネット通販に乗り出すという話もあります。
上手くいくか分かりませんが、新しい動きも出てきているようですね。

https://toushipanda.com/costco-2/

直近の決算(2018/12/14 更新)

コストコは引け後に、2019年第1四半期の決算を発表しました。
・売上高 350億69百万ドル(前年同期比10.2%増)
・純利益 7億67百万ドル(前年同期比19.8%増)
・EPS 1.73ドル
市場予想は、売上高347億90百万ドル、EPS1.62ドルだったので、予想を上回る内容でした。
純利益は大きく増加していますが、税制上の利益計上が大きく貢献しています。
コストコ 決算
注目のオンラインの売上高の伸び率は32.3%増でした。
米国の既存店売上高が11.0%増、トータルでは8.8%増となっています。
コストコ 決算
決算を受けて、株価は時間外で-2.9%と下落して推移しています。
材料出尽くしで売られているようですね。

直近の株価(2018/10/07 更新)

直近6カ月間のコストコ株の推移です。
株価チャート
(直近6カ月間のコストコの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
コストコ株価:+18.66%、S&P500:+11.04%となっています。
株価の比較チャート
(直近6カ月間の株価チャート)
※青色:コストコ株、赤色:S&P500

事業

事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

店舗売上 1,261億72百万ドル
会員費 28億53百万ドル

コストコ・ホールセール(Costco Wholesale) 決算

地域別売上高

地域別の売上高はこちらです(2017年通期)。

米国 938億89百万ドル
カナダ 187億75百万ドル
その他 163億61百万ドル

コストコ・ホールセール(Costco Wholesale) 決算

カテゴリ別売上高

カテゴリ別売上高はこちらです(2017年通期)。

食品(Foods)
雑貨(Sundries)
生活用品(Hardlines)
生鮮食料品(Fresh Foods)
衣料品(Softlines)
その他(Ancillary)

コストコ・ホールセール(Costco Wholesale) 決算

過去の決算

2018年第4四半期の決算(2018/10/05 更新)

コストコは引け後に、2018年第4四半期の決算を発表しました。
売上高444億11百万ドル(前年同期比5.0%増)、純利益10億43百万ドル(前年同期比13.5%増)、EPS 2.36ドルでした。
市場予想では売上高442億70百万ドル EPS 2.36ドルだったので、まちまちでした。
コストコ 決算
しかし、オンラインの売上高の伸び率が26%にとどまったため、時間外で株価が2.3%下落しています。
コストコ 決算

2018年第3四半期の決算(2018/6/1 更新)

コストコ・ホールセールは、第3四半期の決算を発表しました。
決算内容は、売上高323億6,100万ドル(前期比12.1%増)、純利益7億5,000万ドル(前期比7.1%増)、EPS 1.7ドル(市場予想 1.68ドル)でした。
コストコ・ホールセール(Costco Wholesale) 決算

決算(通期)

売上高も純利益も少しずつ増加しています。
1番大切な数字は、会員費「membership fees」ですね。
ここが減少するようだと注意が必要です。
売上高の数字はすごいですが、利益率は、非常に低いですね。
収益の柱になるような事業を立ち上げないと今のままの構造はかわらないでしょうね。

コストコ・ホールセール(Costco Wholesale)

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ