米国株

【ウォルマート(WMT)】の株価・決算情報・銘柄紹介

ウォルマート(WMT)とは


ウォルマート(Walmart)は、世界28カ国で11000以上の店舗をグローバル展開している世界最大の小売企業です。
2018年1月期の売上は5,003億ドルになります。
これはオーストラリアやスペインの国家予算に匹敵する規模になります。
ウォルマートのロジスティクスは小売業界のあこがれの的で、世界中の小売企業に真似されており、小売業界では非常に尊敬されている企業です。

直近の決算(2018/08/17 更新)

昨晩の寄付き前、ウォルマートは第2四半期の決算を発表しました。
売上高1,280億2,800万ドル(前年同期比3.8%増)、純損益8億6,100万ドルの赤字(前年同期は28億9,900万ドルの黒字)、EPS 1.29ドルでした。
市場予想は売上高1,259億70百万ドル EPS 1.22ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
ネット通販が好調だったので、株価は+9.33%で引けています。

あわせて読みたい
ウォルマート(Walmart)
ウォルマートが急騰!第2四半期の決算発表!昨晩の寄付き前、ウォルマートは第2四半期の決算を発表しました。ネット通販事業が好調だったこともあり、市場予想を上回る内容でした。赤字なのは、ブラジル事業を売却したからです。 ...

直近の株価(2018/07/25 更新)

直近6カ月間のウォルマート株の推移です。
ウォルマート(Walmart)
(直近6カ月間のウォルマートの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをダウ平均とS&P500を比較しました。
ウォルマートが−17.49%ダウ平均が−5.1%、S&P500が−1.1%となっています。
ウォルマート(Walmart)
(直近6カ月間の株価チャート)
※青がウォルマート株、赤がダウ平均、緑がS&P500

事業

事業別売上高をみると…
・店舗売上(Net sales) 4,957億61百万ドル
・メンバーシップ売上(Membership and other income) 45億82百万ドル
となっています(2018年1月期)。

ウォルマート(Walmart) 決算

地域別売上高

地域別の売上高をみると…
・米国(U.S.operations) 3,805億80百万ドル
・米国以外(Non-U.S.operations) 1,197億63百万ドル
となっています(2018年1月期)。

ウォルマート(Walmart) 決算

店舗事業


ウォルマートは、店舗面積によって「ウォルマート・スーパーセンター」や「ウォルマート・ディスカウントストア(GMS)」、「ウォルマート・ネイバーフッド・マーケット」、「スモールフォーマット」のように店舗をタイプ別に分けています。

ウォルマート・スーパーセンター(SUC)

ウォルマート(Walmart)
「ウォルマート・スーパーセンター」は、ウォルマートの主力店舗で約3,500店舗展開しています。
とにかく大きく、売場には生鮮食料品やベーカリー、デリ、乳製品、エレクトロニクス、アパレル、おもちゃ、家具など様々な製品がワンフロアに置かれています。
大体16,000㎡くらいの敷地面積の店舗が多く、イメージとしては国立のサッカーグランドの広さが7,140㎡(105×68)なので、国立のグランド2つ分あります。
1店舗あたり従業員が300人近く働いています。
ウォルマートは、このスーパーセンターの成功によって、事業拡大させてきました。

ウォルマート・ディスカウントストア(GMS)

ウォルマート(Walmart)
「ウォルマート・ディスカウントストア」は、スーパーセンターよりも少し小さく、大体10,000㎡くらいの敷地面積の店舗が多いです。
約400店舗展開しており、1店舗あたり約200人の従業員が働いています。
最近では、「ウォルマート・ディスカウントストア」の店舗を閉鎖して「ウォルマート・スーパーセンター」の店舗を増やしています。

ウォルマート・ネイバーフッド・マーケット


「ウォルマート・ネイバーフッド・マーケット」は、「ウォルマート・ディスカウントストア」をより小さくした店舗です。
上の動画を見ていただければわかりますが、それでも平均的な日本のスーパーマーケットよりは 大きいです。
約700店舗展開しており、大体3,500㎡くらいの敷地面積の店舗が多いそうです。
1店舗あたり約90人の従業員が働いています。

スモールフォーマット

「ネイバーフッドマーケット」よりも小さくした店舗です。
売り場の平均敷地面積は大体1,100㎡なので、日本の平均売り場面積より少し小さいくらいのイメージで良いと思います。
ちなみに日本のスーパーマーケットの平均売り場面積は1,344㎡(平成26年 スーパーマーケット年次統計調査報告書)といわれています。
約40店舗展開しています。

Walmart International


「Walmart International」は、米国外のウォルマート事業です。
1991年にメキシコに進出して以降、アルゼンチン・ブラジル・チリ・カナダ・中国・コスタリカ・エルサルバドル・グアテマラ・ホンジュラス・日本・メキシコ・ニカラグア・英国・インド・南アフリカ等の国々に進出しています。
従業員数は世界で230万人以上、アメリカだけで150万人以上が働いています。


2002年に西友と資本提携することで、日本進出を果たしています。
不採算店舗を一気に閉鎖した際にはニュースになりましたね。
ウォルマートのノウハウやシステムを導入して、低価格戦略を徹底しています。
日本の消費者は節約志向が強いので、ウォルマートの戦略が合いそうですね。

Sam’s Club


サムズクラブは、会員制スーパーです。
日本には進出していないので知名度は低いですが、コストコのような店舗運営なのでウォルマートが展開しているコストコというイメージで良いと思います。
大体13000㎡くらいの店舗が多く、コストコと同様に、カードがないと入店ができません。
なお年会費は40ドルかかります

ウォルマートの成長戦略

Amazonに押されっぱなしの悪いイメージを持っている人も多いと思います。
しかし、ウォルマートはしっかりと将来に向けた戦略をとっています。

Bossa Nova


ウォルマートは「Bossa Nova」の開発するロボットを棚の商品の管理等に利用しています。
上の動画を見ればわかりますが、「Bossa Nova」のロボットは複数のカメラやセンサーと使って店内の情報を収集しており、商品が足りているかどうかなどのチェックをしてくれます。

冷蔵庫まで直接お届けサービス


ウォルマートは、オンラインで注文した食料品を留守中の自宅の冷蔵庫に納品するサービスを始めました。
上の動画を見ればわかりますが、このサービスだと受け取るために家にいなくても良いので、便利ですね。
スマートホーム企業のAugust Homeとの提携により実現しました。

Googleとの提携


2017年8月、Googleとの提携を発表しました。
この提携によって「Googleアシスタント」と即日配達サービス「Google Express」経由で、ウォルマートの商品をオンラインで注文することができます。
要は「OK、Google。私の食料品を注文して。」と話せば配達してもらうことも、近隣のウォルマートで受け取ることもできるようになります。
オンラインショップのアマゾンのシェアは約7割にもなるため、グーグルと組むことでウォルマートも反撃したいところです。

ウォルマートの歴史

ウォルマートは、積極的に買収戦略をとっています。
買収する企業を並べるだけで、ウォルマートが何を考えているかがわかりますね。
ECサイトの方に力を入れていることがわかります。


1945年、サム・ウォルトンがアーカンソー州に「ベン・フランクリン雑貨店」を開く
1962年、「ウォルマートストア」第1号店をオープン
1969年、ウォルマート・ストアーズ・インクとして登記
1983年、サムズ・クラブ第1号店をオープン
1988年、スーパーセンター第1号店をオープン

1991年、メキシコシティに海外店舗第1号店をオープン
1992年、サ ム・ウォルトン死去
1992年、プエルトリコに進出
1994年、カナダ「Woolco」を買収
1995年、アルゼンチン、ブラジルに進出
1996年、中国に進出
1997年、ダウ平均に採用される
1997年、メキシコ「Cifra(メキシコトップ小売りチェーン)」を買収
1998年、韓国に進出
1998年、「ネイバーフッド・マーケット」第1号店をオープン
1999年、イギリス「ASDA(小売りチェーン)」を買収
2000年、「Walmart.com」を設立
2003年、米国でオンラインDVDレンタルに進出
2003年、プエルトリコ(Amigo Supermarket)を買収
2004年、ブラジル「Boompreco(小売りチェーン)」
2005年、日本「西友(スーパーマーケット)」を子会社化
2006年、韓国とドイツから撤退
2009年、チリ「Distribucion y Servicio(チリ最大手の食品小売チェーン)」を買収
2010年、動画ストリーミングサービスを展開する「Vudu」を買収
2010年、南アフリカ「Massmart(小売りチェーン)」を買収
2013年、ショップアプリを展開する「Reclip.lt」を買収
2013年、「Bharti Enterprises(小売りチェーン等)」を買収
2015年、「Yihaodian(中国のeコマース)」を買収
2016年、「Jet.com(ECサイト)」を30億ドル+ウォルマート株3億ドルで買収
2017年、「Shoebuy(靴専門ECサイト)」を7000万ドルで買収
2017年、「Moosejaw(アウトドアECサイト)」を5100万ドルで買収
2017年、「Bonobos(アパレルブランド)」を約3億ドルで買収

過去の出来事

ウォルマート株が下落!何があった?(2018/04/03 更新)

ウォルマート(Walmart) 株価
(直近5日間の株価チャート)
ウォルマート株価:赤S&P500:青

昨晩、ウォルマートの株価が-3.83%となり、株価が大幅下落しました。
株価が下落した理由は、ウォルマートが医療保険会社のヒューマナと買収交渉がすすめられていると報道されたからです。
ヒューマナは医療保険の会社です。
200ヶ所以上の病院を運営しており、約1,500人の医者をかかえています。
ウォルマートはヒューマナと提携することで、来店した顧客に医療関係のサービスを提供することができます。

もし統合したら、ウォルマートはスーパーマーケットというよりも買い物のできる医療センターという感じになりそうですね。
うまく相乗効果がはたらけば、ウォルマートは大きく成長できるかもしれません。
しかし、ヒューマナの時価総額は350億ドルあるので、巨額の資金が必要となります。
株価が下落しているのは、投資家が巨額のM&Aになることを嫌気しているのだと思います。

過去の決算

2018年第1四半期の決算(2018/05/17 更新)

ウォルマートが第1四半期の決算を発表しました。
決算内容は、売上高1,226億90百万ドル(前期比4.4%増)、純利益21億3,400万ドル(前期比29.8%減)、EPS 1.14ドルでした。
市場予想をみると、売上高1,204億70百万ドル EPS1.12ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
数字は良かったですが、米国の既存店売上2.1%増(予想2.3%増)にとどまったのが嫌気されていますね。
ウォルマート(Walmart) 決算ウォルマート(Walmart) 決算

決算(通期)

業績は横ばいの状況が続いています。
現在、市場関係者が注目しているのは、ウォルマートのECサイトです。
実店舗の売上高よりもECサイトの伸び率の方に注目しています。

ウォルマート(Walmart) 決算

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の日本株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へ