米国株

アルベマール(Albemarle)の株価・見通し・決算情報

アルベマール(Albemarle)とは

アルベマール 株価 見通し
アルベマール(Albemarle)は、1887年に創業された化学製品の製造・開発をおこなっている化学品メーカーです。
リチウムの生産量で、世界トップシェアの企業として有名です。
チリのアタカマ塩湖やオーストラリアのグリーンパッシズ鉱山、アメリカネバダ州の塩湖などからリチウムを生産しています。

アルベマールは、リチウムを生産する企業として有名です。
リチウムを生産している世界的な企業は、アルベマール(Albemarle)とSQM、FMCの3社しかありません。
アルベマールとFMCは米国の企業ですが、SQMはチリの企業です。
SQMは、かつてのチリの独裁者”ピノチェト”の義理の息子のフリオ・ポンセ氏が率いていたことでも有名ですね。


リチウムの推定埋蔵量は1,300万トン以上といわれており、豊富な埋蔵量があります。
短期的に枯渇を心配するような雰囲気ではありません。
そのため、「電気自動車にリチウムが必要なので、リチウムの価格が高騰する」とだけ考えて、投資するのは早計かもしれません。

リチウム アルベマール
リチウムの価格の見通しは、リポートによって大きく変わります。
経済産業省のリポートによると、”2025年までは需要よりも供給の方が多い”と考えているそうです。
下の図の通り、2025年を超えてくると、リチウム不足の問題が急に起きる可能性はありますね。
逆にいうと、直近のところでリチウムの価格の上昇を見込むのはなかなか難しいですね。
電気自動車をつくる際に、現在不足しそうな資源は「コバルト」です。
リチウム コバルト

現在大規模に理知務が採掘できる国は、”オーストラリア”と”チリ”、”アルゼンチン”、”中国”の4カ国です。
オーストラリアが入っているので、政治リスクが大きく下がってしまいます。
アルベマールへの投資を考える際は「リチウムが石油のように希少資源になるからアルベマールに投資しよう」と考えるのは、やめておいた方が良いかもしれません。
リチウム 採掘量
リチウム 採掘量


2018年2月、モルガン・スタンレーは”将来的にリチウムの価格が半分になるかもしれない”というレポートを発表しました。
アルベマールのような素材系の企業の株価は、一方方向に動くことが多いイメージがあります。
証券会社の発表するレポートで大きく株価が急落したり急騰することがあるので、注意してください。

アルベマールは、パナソニックやサムソンSDIなどが顧客となります。
テスラモーターのような電気自動車用のリチウムを提供しているので、自動車業界の動向も重要になります。

直近の決算(2018/11/08 更新)

アルベマールが引け後、第3四半期の決算を発表しました。

・売上高 7億7,774万ドル(前年同期比3.0%増)
・純利益 1億2,974万ドル(前年同期比9.3%増)
・EPS 1.31ドル

市場予想は 売上高7億97百万ドル EPS 1.25ドルだったので、まちまちの結果でした。
決算を受けて、株価は時間外で-2.77%程度の推移となっています。
アルベマール 決算

直近の株価(2018/12/17 更新)

直近6カ月間のアルベマールの株価チャートです。
アルベマール 株価チャート
(直近6カ月間のアルベマールの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
アルベマールの株価:-13.31%
S&P500指数:-8.21%
アルベマール 株価比較チャート
(青色:アルベマールの株価赤色:S&P500)

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

リチウムおよび先進製品事業 13億8百万ドル
臭素系化学品事業 8億55百万ドル
石油精製事業 7億78百万ドル
その他 1億29百万ドル

アルベマール(Albemarle) 決算

地域別の売上高

地域別の売上高はこちらです(2017年通期)。

米国 8億41百万ドル
米国外 22億31百万ドル

アルベマール(Albemarle) 決算

決算

アルベマール(Albemarle) 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

アルベマールは、リチウム生産の世界トップシェア
リチウムを生産する大企業は3社しかないので、他社の動向も重要
リチウムは豊富に埋蔵量がある
オーストラリアでもリチウムが採掘できる

アルベマールは、リチウムの世界トップシェア企業として有名です。
リチウムを生産する大企業は、アルベマールとSQM、FMCの3社しかありません。
そのため、他社の動向が非常に大切になります。
リチウムの価格が上昇すれば、アルベマールの業績も上がっていく可能性が高いです。
そのため、アルベマールに投資する人は”リチウムの価格動向”をチェックしましょう。

関連資料

アルベマール:『公式HP』
アルベマール:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2018年第2四半期の決算(2018/08/08 更新)

アルベマールが、引け後に第2四半期の決算を発表しました。

売上高 8億5,387万ドル(前年同期比15.8%増)
純利益 3億246万ドル(前年同期の2.9倍)
EPS 1.36ドル

市場予想では、売上高7億98百万ドル EPS 1.28ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
第2四半期の決算を受けて、株価は時間外で+2.9%程度で推移しています。
アルベマール(Albemarle) 決算

電気自動車用のリチウム価格が上昇したため、利益が大幅に伸びています。
下記の通りガイダンス(見通し)も上方修正しているので、順調に事業を伸ばしています。
アルベマール(Albemarle) 決算

2018年第1四半期の決算(2018/05/10 更新)

アルベマールは第1四半期の決算を発表しました。

売上高 8億2,162万ドル(前期比13.8%増)
純利益 1億3,176万ドル(前期2.6倍)
EPS 1.30ドル

市場予想は、売上高8億336万ドル EPS1.21ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
アフターマーケットで株価をみると、ほとんど動いていませんね。
アルベマール(Albemarle) 決算アルベマール(Albemarle) 決算