米国株

ゼネラルミルズ(GIS)の株価・見通し・決算情報

ゼネラル・ミルズ(GIS)とは


ゼネラルミルズ(GIS)は、1856年創業のスナックやシリアル、インスタント食品、ヨーグルト、高級アイスなどを提供している食品会社です。
ハーゲンダッツ」や「ヨープレイ(ヨーグルト) 」、「チェリオ(シリアル) 」、「ビズクイック(ホットケーキミックス) 」等のブランドを有しています。
ちなみに「とんがりコーン」は、ハウス食品がゼネラルミルズ社との技術提携によって生まれた商品になります。
ゼネラル・ミルズ(General Mills) 製品

直近の決算(2018/09/19 更新)

General Mills
(直近5日間の株価チャート)

昨晩、ゼネラル・ミルズは第1四半期の決算を発表しました。
売上高40億94百万ドル(前年同期比8.6%増)、純利益3億9230万ドル、EPS 0.71ドルでした。
市場予想は 売上高41億20百万ドル EPS 0.64ドルだったので、まちまちの結果でした。
決算を受けて、株価が-7.62%下落しました。
General Mills
地域別の売上高をみると、北米の売上高が-2.1%となっています。
株価が急落したのは、主力の北米事業でうまくいっていないことが嫌気されたからです。
General Mills

直近の株価(2018/10/07 更新)

直近6カ月間のゼネラルミルズ株の推移です。
ゼネラルミルズ 株価チャート
(直近6カ月間のゼネラルミルズの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
ゼネラルミルズ株価:-3.2%、S&P500:+11.0%となっています。
株価の比較チャート
(直近6カ月間の株価チャート)
※青色:ゼネラルミルズ株、赤色:S&P500

事業


事業別売上高をみると…
・スナック(Snacks) 33億2百万ドル
・シリアル(Cereal) 26億73百万ドル
・インスタント食品(Convenient meals) 26億53百万ドル
・ヨーグルト(Yogurt) 24億3百万ドル
・パン生地(Dough) 16億90百万ドル
・ベーキングミックス(Baking mixes and ingredients) 16億54百万ドル
・高級アイスクリーム(Super-premium ice cream) 7億38百万ドル
・野菜(Vegetables) 3億10百万ドル
となっています。

ゼネラル・ミルズ(General Mills) 決算

地域別売上高

地域別売上高はこちらです。
・米国内の売上高 111億60百万ドル
・海外の売上高 44億58百万ドル
でした(2017年通期)。

ゼネラル・ミルズ(General Mills)

ハーゲンダッツ


ゼネラルミルズの製品は、日本ではあんまり馴染みのないものがほとんどです。
ただハーゲンダッツは日本でも人気ですね。
スーパーマーケットに行って、「アイスが全品1割引」だったとしても「ハーゲンダッツは対象外」っていうことがよくありますよね。
ハーゲンダッツは、高い定価が当たり前になっていて高級感のあるブランドイメージに成功しています。

ハーゲンダッツは、勝手にヨーロッパのイメージがあったのですが、アメリカのNY生まれのブランドだったんですね。
日本で提供するハーゲンダッツは、上の動画の北海道東部の釧路地区の牧場でとられたミルクで作られているそうです。

ゼネラルミルズの現状


ゼネラルミルズの直近の業績はあまり良くありません。
戦略がなかなか見えず、立ち位置が中途半端になってしまっているのではないかと思っています。
高級志向の消費者はオーガニック食品等にシフトしており、価格に敏感な人はスーパーのプライベートブランド商品にシフトしています。
ゼネラルミルズのような食品会社は、すべての顧客層にアプローチしているため、少しずつ特徴のある他社に削り取られてしまっていますね。
特にヨーグルトは、ギリシャヨーグルトのチョバニに負けてしまってシェアを落としています。

過去の決算

2018年第4四半期の決算(2018/06/28 更新)

ゼネラル・ミルズ(General Mills) 株価
(直近5日間の株価チャート)

昨晩の寄付き前、ゼネラルミルズが第4四半期の決算を発表しました。
売上高38億9,020万ドル(前年同期比2.2%増)、純利益3億5,440万ドル(前年同期比13.3%減)、EPS 0.79ドルでした。
市場予想は、売上高38億93百万ドル EPS 0.72ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
この決算を受けて株価は上昇しましたが、結局株価は-0.72%下落しました。
ゼネラル・ミルズ(General Mills) 決算ゼネラル・ミルズ(General Mills) 決算

米国のヨーグルト事業の売上高は5%減となっています。
ゼネラル・ミルズのヨープレイではなく、他社のギリシャヨーグルトがヒットしています。

決算(通期)

直近の業績は、あまり良くありませんね。
売上が下がりながらも、しっかりと利益をだしていることは偉いと思いますが。
ゼネラルミルズのヨーグルトである「ヨープレイ」は、チョバニ等の新興企業に負けてシェアをだいぶ落としています。
スーパーマーケットが低価格のプライベートブランド商品に力を入れていることも業績不振の理由の1つです。

ゼネラル・ミルズ(General Mills) 決算

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ