米国株

ゼネラルミルズ(GIS)の株価・見通し・決算情報

ゼネラル・ミルズ(General Mills)とは

ゼネラル・ミルズ 株価 見通し
ゼネラル・ミルズ(General Mills)は、1856年に創業されたシリアルやインスタント食品、ヨーグルト、アイスなどを提供している食品会社です。
ちなみに、「とんがりコーン」は”ハウス食品”と”ゼネラル・ミルズ”の技術提携によってうまれた商品です。

ゼネラル・ミルズは様々なブランドの食品を提供しています。

ハーゲンダッツ
ヨープレイ(ヨーグルト)
チェリオ(シリアル)
ビズクイック(ホットケーキミックス)


ゼネラル・ミルズの製品は、あまり日本では馴染みがないですね。
ただ、ハーゲンダッツは日本でも人気です。
ハーゲンダッツは、高い価格が当たり前になっている高級感のあるアイス・ブランドのイメージ作りに成功しています。
日本で提供するハーゲンダッツは、上の動画の北海道東部の釧路地区の牧場でとられたミルクで作られているそうです。


ゼネラル・ミルズの立ち位置は、中途半端です。
高級志向の消費者はオーガニック食品にシフトしており、格安志向の消費者はプライベートブランド商品にシフトしています。
ゼネラル・ミルズはすべての顧客層にアプローチしているため、少しずつ特徴のある他社にシェアを取られてしまっています。
特にヨーグルトは、ギリシャヨーグルトのチョバニに負けてしまい、シェアを落としています。


最近、米国では自然食品系のオーガニック食品が人気です。
2017年6月にCEOに就任したジェフ・ハミング氏は、消費者に人気な自然食品の開発を積極的にすすめています。
ゼネラル・ミルズ氏は新製品を投入して、食品事業をテコ入れしていく必要があるかもしれませんね。


ゼネラル・ミルズで1番期待できるのは、2018年に買収した「ブルー・バファロー・ペット・プロダクツ」です。
ブルー・バファローは、高級ペットフードを主力製品としています。
日本と同じく米国でもペットブームなため、ペットフード市場の拡大が期待できます。
ゼネラル・ミルズ 製品

直近の決算

2018年12月19日(水)、ゼネラル・ミルズは2019年第2四半期の決算を発表しました。

売上高 44億1,120万ドル(前年同期比5.1%増)
純利益 3億4,340万ドル(前年同期比20.2%減)
EPS 0.85ドル

市場予想は 売上高45億10百万ドル、EPS 0.81ドルだったので、まちまちでした。
2月に買収した”ブルー・バッファロー”が、業績に寄与しました。
第2四半期の決算を受けて、株価は+5.04%で引けました。
ゼネラル・ミルズ 決算

直近の株価(2018/12/19 更新)

直近6カ月間のゼネラル・ミルズの株価チャートです。
ゼネラル・ミルズ 株価チャート
(直近6カ月間のゼネラル・ミルズの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
ゼネラルミルズの株価:-14.09%
S&P500指数:-8.0%
ゼネラル・ミルズ 株価比較チャート
(青色:ゼネラルミルズの株価赤色:S&P500)

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2018年通期)。

スナック 3419百万ドル
シリアル 2679.2百万ドル
インスタント食品 2677.4百万ドル
ヨーグルト 2320.1百万ドル
パン生地 16億84.1百万ドル
ベーキングミックスなど 1653.4百万ドル
高級アイスクリーム 8億3.7百万ドル
野菜 3億9.1百万ドル
その他 1億94.4百万ドル

ゼネラル・ミルズ 製品別売上高

地域別の売上高

地域別の売上高はこちらです(2018年通期)。

米国 111億15.6百万ドル
米国外 43億24.8百万ドル

ゼネラル・ミルズ 地域別の売上高

決算

ゼネラル・ミルズ 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

ゼネラルミルズは、お菓子やアイスを提供している企業です
日本でも有名な”ハーゲンダッツ”のようなブランドも取り扱っている
ヨーグルトは、チョバニに押されている
特徴のある同業他社にシェアを取られ始めている

ゼネラル・ミルズは、スナックやシリアル、ヨーグルト、ハーゲンダッツなどを提供している食品会社です。
日本でも有名なスナック系のお菓子やアイスを提供しています。
ゼネラル・ミルズで1番期待できるのは、2018年2月に買収した”ブルー・バファロー・ペット・プロダクツ”です。

関連資料

ゼネラル・ミルズ:『公式HP』
ゼネラル・ミルズ:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2019年第1四半期の決算(2018/09/19 更新)

昨晩、ゼネラル・ミルズは第1四半期の決算を発表しました。

売上高 40億94百万ドル(前年同期比8.6%増)
純利益 3億9230万ドル
EPS 0.71ドル

市場予想は 売上高41億20百万ドル EPS 0.64ドルだったので、まちまちの結果でした。
決算を受けて、株価が-7.62%下落しました。
General Mills
地域別の売上高をみると、北米の売上高が-2.1%となっています。
株価が急落したのは、主力の北米事業でうまくいっていないことが嫌気されたからです。
General Mills

2018年第4四半期の決算(2018/06/28 更新)

昨晩の寄付き前、ゼネラルミルズが第4四半期の決算を発表しました。

売上高 38億9,020万ドル(前年同期比2.2%増)
純利益 3億5,440万ドル(前年同期比13.3%減)
EPS 0.79ドル

市場予想は、売上高38億93百万ドル EPS 0.72ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
この決算を受けて株価は上昇しましたが、結局株価は-0.72%下落しました。
ゼネラル・ミルズ(General Mills) 決算ゼネラル・ミルズ(General Mills) 決算

米国のヨーグルト事業の売上高は5%減となっています。
ゼネラル・ミルズのヨープレイではなく、他社のギリシャヨーグルトがヒットしています。