米国株

テスラ(TSLA)の株価・見通し・決算情報

テスラ(Tesla)とは

テスラ(tesla)
テスラ(Tesla)は、世界最大で電気自動車(EV)メーカーです。
会社名は物理学者の二コラ・テスラにちなんで名づけられています。
電気自動車のイメージが強いですが、ソーラーパネルなども事業展開しています。

電気自動車はGMのボルトや日産自動車のリーフなどが販売されています。
しかし、人気という点ではテスラが圧倒的です。
常にテスラの電気自動車は品不足で、製造されれば売れるという状態です。

テスラは以下の電気自動車(EV)を提供しています。

ロードスター…テスラ初の電気自動車
モデルS…セダンタイプの電気自動車
モデルX…クロスオーバーSUVタイプの電気自動車
モデル3…小型セダンタイプの電気自動車

テスラの電気自動車で、最も重要なのはモデル3です。
ロードスターやモデルSは高級車ですが、モデル3は大衆車です。
テスラが赤字経営を脱するために、モデル3の製造・販売を軌道にのせる必要があります。
今後、テスラの経営は『モデル3』次第といっても過言ではありません。

テスラの最大の問題は“慢性的な赤字経営”ということです。
実はテスラは創業以来、1度も黒字になったことがありません。
赤字を垂れ流しているため、常に新しくお金を入れる必要があります。
そのため、テスラは経営上の悪い材料があると、普通の会社よりも大きく株価が下落します。
テスラに投資する際は、必ず頭の片隅に入れておきましょう。

テスラのCEOはイーロン・マスク氏です。
マスク氏は、テスラの他にもPayPalの前身となった『X.com』や『スペースX』、『ソーラーシステム』を創業しています。
次々と会社を創業した連続起業家です。
テスラはマスク氏の統率力で会社を発展させてきました。


上の動画は、マスク氏が提唱している地下トンネル構想です。
現在、マスク氏はロサンゼルスの渋滞を緩和させるために地下トンネルを掘っています。

テスラは、CEOのマスク氏のカリスマ性によって支えられてきました。
しかし、マスク氏はちょっと言動に不安定なところがあります。
2018年9月、マスク氏はポッドキャスト番組の収録中に大麻を吸引しました。
番組の収録がおこなわれたカリフォルニア州で大麻は合法です。
そのため、法律的な問題はありません。
しかし、大麻の使用に厳しい中東やアジアの投資家からは嫌がられますね。
テスラを率いてきたマスク氏が、経営上の“リスク”として扱われ始めています。


テスラの海外展開で力を入れているのは中国です。
中国では大気汚染が深刻なので、環境規制を強化しています。
上海にギガファクトリーを建設する計画を発表しています。
テスラが米国外に工場を建設するのは初めてで、年50万台の生産を目指しています。

実は、世界で1番電気自動車が普及しているのはノルウェーです。
ノルウェー議会は2025年までに排気ガスを排出しないゼロエミッション車の比率を100%にすると発表しています。

直近の決算(2018/10/25 更新)

テスラは引け後、第3四半期の決算を発表しました。
・売上高 68億2,441万ドル(前年同期比2.3倍)
・純利益 3億1,151万ドル(前年同期は6億1,937万ドルの赤字)
・EPS 2.9ドル
…でした。
市場予想は 売上高63億ドル EPS -0.19ドルだったので予想を上回る内容でした。
決算を受けて、株価は時間外で+9.7%程度上昇して推移しています。

テスラは8四半期ぶりの黒字に転換しました。
「モデル3」の生産が上手くいったことで、想定以上に会社の業績が良くなりました。
テスラの「モデル3」は、米国で最も売れるEVセダンの地位を確固たるものにしています。
テスラ 決算

直近の株価(2018/09/30 更新)

直近6カ月間のテスラ株の推移です。
テスラ株価チャート
(直近6カ月間のテスラの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをダウ平均とS&P500を比較しました。
テスラが+4.87%、S&P500が+12.86%となっています。
テスラ 株価チャート
(直近6カ月間の株価チャート)
青色:テスラ株赤色:S&P500

事業

事業別の売上高をみると…
・車両販売事業(automotive sales) 85億3,475万2千ドル
・車両リース事業(automotive leasing) 11億654万8千ドル
・サービス事業(services and other) 10億118万5千ドル
・太陽光発電事業(energy generation and storage) 11億1,626万6千ドル
となっています(2017年通期)。

太陽光発電事業は、2016年にソーラーシティを20億ドルで株式交換により買収しています。

2

地域別売上高

地域別の売上高をみると…
・米国(United States) 62億2,143万9千ドル
・中国(China) 20億2,706万2千ドル
・ノルウェー(Norway) 8億2,308万1千ドル
・その他(Other) 26億8,716万9千ドル
となっています(2017年通期)。

地域別の売上高をみると、アメリカが半分を占めています。
直近では、中国での業績が伸びていますね。
ノルウェーは、電気自動車を購入する際に税金がかからない優遇策があるので、販売が伸びています。
世界で1番電気自動車の普及率が高いのはノルウェーで、電気自動車の新車販売に占める割合は20%も占めています。

3

主なブランド

ロードスター


2008年、テスラは最初の電気自動車「ロードスター」を発表しました。
当時9万8000ドルと高価でしたが、大人気となり世界30カ国で2500台以上が販売されました。

2017年11月、スポーツタイプの電気自動車「ロードスター」の次期モデルが披露されました。
テスラ車らしさの高級感を出しつつ、スポーティーな車にすることに成功しています。
性能に関しては、発売が予定されている車の中でもダントツです。

次期ロードスターの1充電あたりの航続可能距離は、620マイルなので約1,000kmになります。
ロサンゼルス~サンフランシスコ間を充電なしに往復できる計算になります。
日本でいうと横浜~大阪間が490kmなので、横浜・大阪間なら往復できる計算ですね。
停止状態から時速100キロまでに、2秒で到達し、最高速度は400km/hにもなります。
現在2020年の発売を目指して量産体制を整えている最中です。

モデルS


ロードスターに続いて2車種目に発表したのが、「モデルS」です。
テスラにとっての初セダンタイプの電気自動車です。
「ロードスター」は世界をEVシフトさせる起点になりましたが、現実的な流れにしたのは、この「モデルS」で間違いないでしょう。
1充電であたりの航続可能距離は594km(モデルS100Dの場合)になります。
停止状態から時速100キロまでに、2.7秒で到達します。

モデルX


「モデルX」はクロスオーバーSUVタイプの電気自動車です。
大人7人が余裕をもって座れ、荷物を積むスペースも十分です。
フロントにもトランクがあるので、折り畳み自転車が入ります。
ファルコンウィングになっており、狭い駐車スペースでもとめることができますね。

モデル3


「モデル3」はモデルSの下に位置する小型EVセダンです。
この「モデル3」はテスラの社運がかかった車です。
「モデル3」は人気はありますが、生産体制が整っていません。
テスラは、この「モデル3」の販売台数を増やして赤字を脱するしかありません。

電気トラック・セミ

テスラ(tesla)
2017年11月、テスラは電気トラック「セミ」を発表しました。
巨大なバッテリーによって、1回の充電で約805kmを走行できます。
この電気トラックを2019年に製造開始する予定になっています。
価格は15万ドル以上になり、顧客にとっては普通のトラックを使うよりも運用コストが2割以上安くなる見通しです。
生産体制がどうなっているかが気になります。

「スペースX」


スペースXは、2002年にテスラ会長のイーロン・マスクが創業した会社です。
低料金を強みに数年先まで受注を抱えているといわれています。
スペースXの財務は非公開なので、正直よくわからないことは多いです。
ただ、衛星市場は収益性が高いため、高シェアを維持しているスペースXの財務状況は良いと予想されます。

「ソーラー・シティ」


テスラは2016年にソーラーシティーを約20億ドルで買収しました。
ソーラーシティは太陽光パネル設置の会社です。
「初期費用なし、電気料金すぐ削減」というビジネスモデルで成長してきました。
ソーラー・シティはテスラCEOのイーロン・マスクが会長をつとめている会社です。
テスラとの相乗効果に期待ですね。

過去の決算

2018年第1四半期の決算(2018/05/03 更新)

テスラが第1四半期の決算を発表しました。
売上高34億875万ドル(前期比26.4%増)、純損益7億955万ドルの赤字(前期は3億3,027万ドルの赤字)、EP-3.35ドルでした。
市場予想をみると、売上高32億20百万ドル EPS -3.58ドルだったので、市場予想を上回る決算内容でした。
現金の残高が27億ドルしかないので、どこかで資金調達する必要がありますね。

決算は良かったですが、アフターマーケットで-4.65%程度で推移しています。
理由は、CEOのイーロン・マスク氏が決算発表後のインタビューでアナリストの質問を「退屈だ」と言って遮ったからです。
ちなみに質問内容は、「設備投資計画」についてなので投資家にとっては退屈ではありません。
テスラは設備投資を下方修正しているので、触れられたくなかったのだと思います。
テスラ(tesla) 決算テスラ(tesla) 決算

過去の出来事

テスラの株価が急落!目標株価下落(2018/09/05 更新)

昨晩、テスラの株価が-4.21%と急落しました。
テスラの株価が急落した理由は、「ゴールドマン・サックスのアナリストが半年後の目標株価を3割低い水準に設定した」からです。

テスラ(tesla)
テスラの株価が急落!ゴールドマンが冷や水!昨晩、テスラの株価が-4.21%と急落しました。テスラの株価が急落した理由は、「ゴールドマン・サックスのアナリストが半年後の目標株価を3割低い水準に設定した」からです。...

テスラが急騰!株式非公開化か(2018/08/08 更新)

テスラ(tesla) 株価
(直近5日間の株価チャート)

昨晩、テスラの株価が+10.99%と急騰しました。
テスラの株価が急騰した理由は、『テスラが株を非公開化することを検討していると発表した』からです。
内容は下の記事にまとめました。
テスラは株式を非公開化する可能性が出てきましたね。

テスラ(tesla)
テスラが急騰!株式非公開化か昨晩、テスラの株価が+10.99%と急騰しました。テスラの株価が急騰した理由は、『テスラが株を非公開化することを検討していると発表した』からです。既存の株主から1株あたり420ドルで株式を買い取る方針を示しています。 ...

テスラの資金繰りは大丈夫?(2018/07/24 更新)

テスラ(tesla) 株価
(直近5日間の株価チャート)

昨晩、テスラの株価が-3.31%と大幅下落しました。
ダウ平均が-0.06%、S&P500が+0.18%だったので、大きなマイナスパフォーマンスでした。

テスラの株価が下落した理由は、ウォール・ストリート・ジャーナルが『テスラがサプライヤーに対して、支払い済み代金の一部返還を求めている』と報じられたからです。
ウォールストリートジャーナル紙によると、サプライヤーすべてに支援を依頼しているようです。
テスラは5,000台/週 の生産ペースを達成するためにかなり多額の投資をしているため、資金繰りが苦しいのかもしれませんね。
テスラは赤字脱却になりふり構ってられないようです。

モデル3の生産はどうなるの?(2018/07/04 更新)

テスラ(tesla) 株価
(直近5日間の株価チャート)

昨晩、テスラの株価が-7.23%となり、急落しました。
ダウ平均が-0.54%、S&P500が-0.49%だったので、大きなマイナスパフォーマンスでした。

テスラの株価が急落した理由は、CFRA Researchのアナリストが「テスラがモデル3の生産ペースを維持することが難しい」とコメントしたからです。

テスラは6月の最終週に5,031台のモデル3を生産しました。
モデル3は、テスラの生命線といっても良いと思います。
もしこの生産ペースを維持できないのなら、テスラの経営は苦しくなりますね。
確かにテスラがモデル3の生産ペースを維持できるか不安です。

テスラ(tesla)
テスラの株価が急落!何があった?昨晩、テスラの株価が−7.23%と急落しました。テスラの株価が急落した理由は、『モデル3の生産ペース(週5,000台)を維持できるか疑問視されている』からです。 ...

テスラ復活!これからどうなる?(2018/06/07 更新)

テスラ(tesla) 株価
(直近5日間の株価チャート)

昨晩、テスラの株価が+9.74%となり、急騰しました。
ダウ平均が+1.40%、S&P500が+0.86%だったので、大きなプラスパフォーマンスでした。

株価が急上昇したのは、マスクCEOが「モデル3の生産がうまくいっている」との考えを示したからです。
さらに会見では上海のギガファクトリーの計画も発表しました。

テスラ(tesla)
テスラの株価が急上昇!これからどうなる?昨晩、テスラの株価が急騰しました。株価が大きく上昇した理由は、5日の株主総会で、マスクCEOが『モデル3』の生産がうまくいっているという見解を示したからです。 ...

テスラ急騰、何があったの?(2018/04/04 更新)

テスラ(tesla) 株価
(直近5日間の株価チャート)
※テスラの株価:赤、S&P500:青

昨晩、テスラの株価が+5.96%となり、急上昇しました。
ダウ平均が+1.65%、S&P500が+1.26%だったので、大きなプラスパフォーマンスでした。

株価が上昇した理由は以下の2点です。
1. モデル3の生産ベースが2,020台/週だったこと。
2. テスラが資金調達の必要はないと発表したこと。

テスラは1~3月期のモデル3の生産ベースが2,020台/週だったと発表しました。
もともと3月末時点で2,500台/週 生産すると発表していました。
そのため、計画には未達でした。
しかし、ドイツ銀行のアナリストが800台/週の見通しを示していたので、2,020台/週はポジティブサプライズになりました。

さらにテスラは「今年は資金調達の必要がない」との見解を示しました。
先週、ムーディーズはテスラが資金調達に迫られると指摘していたので、ポジティブサプライズになりました。
以上の2つの点からテスラの株価が大きく上昇しました。

テスラの死亡事故はオートパイロット・モード中!(2018/03/31 更新)


テスラは、カリフォルニア州で起きた死亡事故を起こした乗用車はオートパイロット中だったと発表しました。
※オートパイロットとは、速度や車間距離を自動で調整してくれる機能です。

テスラ車の最大の魅力は、オートパイロットモードでした。
8台のサウンドカメラと12個の超音波センサーで障害物を検知できることが最大のウリでした。

事故のあった『モデルX』は、米国運輸省道路交通安全局(NHT SA)から5つ星という最高の安全評価を獲得した車です。
オートパイロット中に死亡事故が起きたことは、今後の自動運転のルール作りにも影響があるかもしれませんね。

テスラ、12万台の大型リコール発生!(2018/03/30 更新)

テスラは、『モデルS』で不具合が見つかったため、リコールを開始すると発表しました。
2016年4月以前に製造した12万3,000台が対象となります。

今回のリコールは、ボルトが腐食する不具合です。
ボルトの交換作業は1時間程度ですむため、テスラにとって致命的な打撃にはなりません。

テスラはカリフォルニア州で起きた自動車事故に続けての不祥事となります。
今回のことで、テスラのブランド価値がまた下がることになりそうですね。

テスラ株急落、ムーディーズがテスラにボディーブロー!(2018/03/29 更新)

テスラ(tesla) 株価
(直近5日間の株価チャート)
テスラ株:赤S&P500:青

昨晩、テスラの株価が大きく下落しました。

昨晩、テスラ株が大幅に下落した主な理由は以下の2つです。
1. 大手格付機関『ムーディーズ』がテスラの格付をB2からB3に格下げしたこと
2. モデルSの衝突事故の原因がハッキリしないこと

特にムーディーズがテスラの格付を引き下げたことは、テスラを苦しめることになります。
現在のテスラの決算は赤字です。
赤字なので、基本的に資金調達をしなければ会社の運営ができません。
そのため、資金調達のコストがどのくらいかかるのは重要です。

下の図は、直近のテスラの社債の価格の推移です。
利率5.3%のテスラの社債の単価が90を割り込んでいます。
「テスラが潰れるかもしれない」と考えている人が多くなっていますね。
テスラ(tesla) 株価
(ブルームバーグより引用)

今回のムーディーズの格下げは、テスラにとっては後々まで苦しみそうですね。

テスラ急落!何が起こった?(2018/03/28 更新)

テスラ(tesla) 株価
(直近5日間の株価チャート)
テスラ株:赤S&P500:青

昨晩、テスラの株価が-8.22%と急落しました。
ダウ平均が-1.43%、S&P500が-1.73%だったため、テスラは大きなマイナスパフォーマンスでした。


昨晩テスラの株価が急落した理由は、米運輸安全委員会(NTSB)がテスラの『モデルX』による死亡事故について、調査を開始したと発表したからです。

『モデルX』は高速道路の分離帯にぶつかったと報道されています。
現時点では、事故を起こした車がオートパイロット機能を使っていたかどうかは不明です。

テスラが急落!何が起こっているの?(2018/03/15 更新)

昨晩、テスラの株価が-4.45%と急落しました。
ダウ平均が-1.00%、S&P500が-0.57%だったため、テスラは大きなマイナスパフォーマンスでした。

昨晩、テスラ株が大幅下落した理由は、副社長のスーザン・レポ氏が辞任したからです。
先週にも最高会計責任者(CAO)をつとめていたエリック・ブランデリズ氏が、個人的な理由で辞任したばかりです。
最近は幹部級の従業員がどんどん退社しています。

現在、テスラが社運を賭けているのが上の動画の「モデル3」です。
「モデル3」の人気はすさまじく、公開した翌月には40万台の予約を受けています。

問題は、モデル3の生産がうまくいっていないことです。
もともとCEOのイーロン・マスク氏は、2017年末までに5,000台/週 生産するとしていましたが、今年の3月末までに2,500台/週 、6月末までに5,000台/週 生産すると計画を後にずらしています。

テスラの株価が上昇しないのは、本当にテスラが『モデル3』を5,000台/週 に生産できるか投資家が疑問視しているからだと思います。

決算

業績をみると、売上高は伸びてますが赤字が大きくなっています。
「モデル3」の生産計画がうまくすすめば、黒字化すると思います。

テスラ(tesla) 決算
テスラ(tesla) 決算

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ