米国株

ホーム・デポ(Home Depot)の株価・見通し・決算情報

ホーム・デポ(Home Depot)とは

ホーム・デポ 株価 見通し
ホーム・デポ(Home Depot)は、世界最大の住宅リフォームやインテリア用のDIY用品を販売している企業です。
店舗網や品ぞろえは、競合他社を圧倒しており、家を建てるために必要なものはすべて店舗に置いています。

世界中に店舗(米国1,977店舗、カナダ182店舗、メキシコ119店舗)がありますが、日本には進出していません。

ホーム・デポの創業者の1人がケネス・ランゴーン氏です。
上のツイートでは、若者向けにアドバイスを送っています。
「自分が毎日働きたいと思える仕事以外には就くべきではない」とコメントしています。


ホーム・デポで取り扱っているのは、建設用の資材や塗装用のペンキなどです。
実際に自分の眼で確認してから購入したいものばかりですね。
そのため、アマゾンの影響を受けていない唯一の小売企業といっても良いと思います。


ホームデポは、IT投資にも積極的です。
上の動画の通り、ホームデポのアプリには、商品を実際に部屋に置いてみたらどういう風に見えるかを確認することができます。
直近では新規出店よりもオンライン販売の方に力を入れており、対アマゾン戦略は完璧に出来上がっています。

直近の決算(2018/11/14 更新)

昨晩の寄付き前、ホームデポが第3四半期の決算を発表しました。

売上高 263億2百万ドル(前年同期比5.1%増)
純利益 28億67百万ドル(前年同期比32.4%増)
EPS 2.51ドル

市場予想は 売上高 262億60百万ドル EPS 2.26ドルだったので、予想を上回る内容でした。
来客数が+1.4%、平均客単価も+3.6%でした。
しかし決算発表会で、ホームデポが次の決算(第4四半期の決算)の売上高が今回の決算(第3四半期の決算)よりも低いとコメントしました。
会社側の弱気の見通しを受けて、株価は-0.24%で引けました。
ホームデポ 決算

直近の株価(2018/12/14 更新)

直近6カ月間のホーム・デポの株価チャートです。
ホーム・デポ 株価チャート
(直近6カ月間のホーム・デポの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
ホームデポの株価:-14.15%
S&P500指数:-6.27%
ホーム・デポ 株価比較チャート
(青色:ホームデポ株価赤色:S&P500)

製品別の売上高

製品別の売上高はこちらです(2017年通期)。
特定の製品で稼ぐわけではなく、まんべんなく稼ぐビジネスモデルになっています。

屋内庭園 92億4百万ドル
ペンキ 76億66百万ドル
機器 73億62百万ドル
キッチンと浴室 71億84百万ドル
配管 69億85百万ドル
材木 68億28百万ドル
屋外庭園 67億89百万ドル
建築材 67億74百万ドル
道具 66億68百万ドル
フローリング 64億77百万ドル
電気製品 60億90百万ドル
ハードウェア 56億29百万ドル
木工製品 51億39百万ドル
装飾品 29億6百万ドル
照明 28億94百万ドル

ホーム・デポ(Home Depot) 決算

ホーム・デポは、下の3つの事業を展開しています。
事業別の売上高などは載っていませんでした。

DIY事業

DIY事業は、自分でリフォームをおこなう人向けに販売している事業です。
店内には、日本とは比べものにならないくらいあらゆるものがそろっています。
DIYとは、「Do it yourself(自分でやろう)」の略称のことです。
リフォーム用品の販売だけでなく、大型工具のレンタルなども展開しています。

DIFM事業

DIFM事業では、工事は自分でおこなわずにプロに任せる事業です。
DIFMとは、「Do it for me」の略称のことです。
屋根や窓などの大がかりな工事はプロに任せて、ペンキ塗りなどは自分でする人が多いそうです。

プロ向け事業

施工業者向けのサービスです。

決算

ホーム・デポ(Home Depot) 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

ホームデポは、世界最大のDIY用品の販売企業
アマゾンの影響を受けない唯一の小売企業
北米を中心に店舗があり、日本には進出していない
ハリケーンが来た時に、株価が上がることが多いです。

ホーム・デポ(Home Depot)は、世界最大の住宅リフォームやインテリア用のDIY用品を販売している企業です。
米国を中心に店舗がありますが、日本には進出していないので、日本人には馴染みがないですね。
ハリケーンが来た時に、株価が上がることが多いです。

関連資料

ホーム・デポ:『公式HP』
ホーム・デポ:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2018年第2四半期の決算(2018/08/15 更新)

昨晩の寄付き前、ホームデポが第2四半期の決算を発表しました。

売上高 304億6,300万ドル(前年同期比8.4%増)
純利益 35億600万ドル(前年同期比31.2%増)
EPS 3.05ドル

市場予想は、売上高300億30百万ドル EPS 2.84ドルだったので、市場予想を上回る決算内容でした。
住宅市況が堅調だったので決算内容は良かったです。
米国と中国による貿易摩擦のリスクも高いので、株価の方向性はハッキリしません。
第2四半期の決算発表を受けて株価は上下に振れましたが、結局株価は-0.54%で引けています。
ホーム・デポ(Home Depot) 決算

2018年第1四半期の決算(2018/05/16 更新)

ホームデポが第1四半期の決算を発表しました。

売上高 249億4,700万ドル(前期比4.4%増)
純利益 24億400万ドル(前期比19.4%増)、
EPS 2.08ドル

市場予想は売上高252億20百万ドル EPS 2.06ドルだったので、まちまちの結果でした。
決算を受けて、結局株価は1.62%マイナスで引けました。
ホーム・デポ(Home Depot) 決算ホーム・デポ(Home Depot) 決算