投資信託

eMAXIS Neoの解説!メリットとデメリットは?

eMAXIS Neo(イーマクシスネオ)とは

3844
三菱UFJ国際投信は、AI(人工知能)が自動で選ぶインデックスファンドシリーズ『eMAXIS Neo』の運用を開始しました。
『eMAXIS Neo』は、AI(人工知能)に銘柄選定などをすべて任せるファンドです
今までも運用の一部をAIに任せる運用商品はたくさんありました。
しかし、すべてAIに任せるファンドは国内初となります。

『eMAXIS Neo』は、ロボット遺伝子工学宇宙開発に関連する株式に投資する3本のファンドで運用をスタートさせます。
『eMAXIS Neo』は、Kenshoテクノロジーズ社の開発した指数に連動を目指すインデックスファンドです。
指数を開発したKenshoテクノロジーズは、国内外で様々な受賞実績のある会社です。
3837

Kenshoテクノロジーズは、S&P Global社の100%子会社でもあります。

eMAXIS Neo(イーマクシスネオ)のメリット

国内初のすべてをAIに任すファンド

3854
今回の『eMAXIS Neo』の最大の特徴は、運用をすべてAIに任せることです。
AIに運用の一部を任せる投資信託はたくさんありますが、すべてAIに任せるのはこの『eMAXIS Neo』だけです。

AIには、人間が振り回されやすい感情的な迷いや不安がありません。
そのため、過去のデータを分析して適切な運用をすることができる気がします。
AIは決して万能ではありませんが、自分の資産の一部をAIに任せるくらいなら投資しても良いかもしれませんね。

eMAXIS Neo(イーマクシスネオ)のデメリット

取扱いが少ない

販売会社は、SBI証券とマネックス証券、楽天証券の3つだけです。
取扱いはこれから増えていくと予想しています。
しかし、野村證券や大和証券などの対面証券会社では取扱いはされないでしょうね。
三菱UFJ国際投信の商品ですが、三菱UFJモルガンスタンレー証券の取扱いはありません。

コストが高い

eMAXIS Neoのコストは決して低くないです。
信託報酬は、純資産総額に対して年率0.7776%です。
3838

eMAXIS Slim(イーマクシススリム)と比較すると、コストは高いです。
eMAXIS Slimの信託報酬はこちらです。
・『eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)』…年率0.17172%
・『eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)』…年率0.17172%
・『eMAXIS Slim 国内債券インデックス』…年率0.15012%
・『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』…年率0.11826%
・『eMAXIS Slim 先進国債券インデックス』…年率0.1836%
・『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』…年率0.2052%
・『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』…年率0.1728%
・『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』…年率0.15336%
・『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』…年率0.15336%
・『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』…年率0.1728%

eMAXIS Neo 宇宙開発

3845

eMAXIS Neo 宇宙開発とは

『eMAXIS Neo 宇宙開発』は、宇宙開発関連の銘柄に投資をするファンドです。
「Kensho Space Index」をベンチマークにしています。
「Kensho Space Index」はAIを活用して、自動的に宇宙開発関連企業の銘柄に投資をする指数です。
ファンドの仕組みはこちらです。
3839

為替ヘッジはおこないません。
そのため、為替相場の影響を受けることになります。

『eMAXIS Neo 宇宙開発』は、「Kensho Space Index」をベンチマークとしています。
「Kensho Space Index」の上位10銘柄のポートフォリオはこちらです。
ボーイング社やエアロ・ロケット・ジェットダイン社などが含まれていますね。
宇宙関連ということで銘柄を選択しているようです。
3841
Kensho社「公式HP」より引用

今後、宇宙ビジネスは拡大が期待できます。
しかし、実は宇宙関連ビジネスだけおこなっている企業は少ないです。
例えば、上位に組み入れられているボーイングの宇宙関連の売上高はわずか16%です(2017年通期)。
ボーイングの株価のほとんどは、航空機事業によって大きく動きます。
そのため、あくまでも宇宙関連事業もおこなっている企業に投資しているということを頭の片隅に入れておきましょう。

NASAは人類を2025年までに小惑星、2030年代のうちに火星に送ることができると予想しています。
今後の成長が期待できますね。
過去に宇宙ビジネスについては記事にまとめました。

あわせて読みたい
panda 51
これからは宇宙ビジネスの時代!今後、宇宙ビジネスはどんどん拡大していくと予想されます。宇宙関係の売上高をみても、アメリカがダントツですね。現在の宇宙ビジネスはアメリカを中心に回っているという認識で良いと思います。...

過去のベンチマーク

過去のベンチマークはこちらです。
2013年は+35.0%、2014年は+25.5%、2015年は+9.3%、2016年は+21.0%、2017年は+30.7%、2018年は-0.6%となっています。
※2013年は5月15日~の期間。
※2018年は~4月27日の期間。
3842

eMAXIS Neo 宇宙開発のコストは?

購入時手数料と信託財産留保額はかかりません。
信託報酬は、年率0.7776%です。
3843

eMAXIS Neo ロボット

3846

eMAXIS Neo ロボットとは

『eMAXIS Neo ロボット』は、ロボット関連企業に投資するファンドです。
「Kensho Robotics Index」をベンチマークにしています。
「Kensho Space Index」はAIを活用して、自動的にロボット関連企業の銘柄に投資をする指数です。
ファンドの仕組みはこちらです。
3849

為替ヘッジはおこないません。
そのため、為替相場の影響を受けることになります。

『eMAXIS Neo ロボット』は、「Kensho Robotics Index」をベンチマークとしています。
「Kensho Robotics Index」の上位10銘柄のポートフォリオはこちらです。
アイロボット社やインテュイティブサージカル社のような当サイトでもおなじみの銘柄も並んでいます。
3848
Kensho社「公式HP」より引用

世界のロボット産業は現在4兆円ほどの市場規模です。
2025年には13倍の56兆円に成長すると予想されています。
ロボットは、相場のテーマとして外せなくなってきそうですね。

あわせて読みたい
3660
【アイロボット(IRBT)】の株価・決算情報・銘柄紹介アイロボットは、「ルンバ」「ブラーバ」等の家庭用ロボットを開発している会社です。軍事ロボットも開発していましたが、軍事部門は2016年に売却しています。現在では家庭用ロボットに特化しています。...
あわせて読みたい
3604
【インテュイティブサージカル(ISRG)】の株価・決算情報・銘柄紹介インテュイティブ・サージカル(Intuitive Surgical)は、手術用ロボット「ダヴィンチ」を展開している会社です。手術用ロボット業界で、「ダヴィンチ」のブランド力は圧倒的で、ライバルは見当たりません。...

過去のベンチマーク

過去のベンチマークはこちらです。
2013年は+33.3%、2014年は+19.5%、2015年は-8.8%、2016年は+13.8%、2017年は+32.9%、2018年は-5.6%となっています。
※2013年は5月15日~の期間。
※2018年は~4月27日の期間。
3850

eMAXIS Neo ロボットのコストは?

購入時手数料と信託財産留保額はかかりません。
信託報酬は、年率0.7776%です。
3843

eMAXIS Neo 遺伝子工学

3847

eMAXIS Neo 遺伝子工学とは

『eMAXIS Neo 遺伝子工学』は、遺伝子工学関連企業に投資しているファンドです。
「Kensho Genetic Engineering Index」をベンチマークにしています。
「Kensho Genetic Engineering Index」はAIを活用して、自動的に遺伝子工学関連企業の銘柄に投資をする指数です。
ファンドの仕組みはこちらです。
3852

為替ヘッジはおこないません。
そのため、為替相場の影響を受けることになります。

『eMAXIS Neo 遺伝子工学』は、「Kensho Genetic Engineering Index」をベンチマークとしています。
「Kensho Genetic Engineering Index」の上位10銘柄のポートフォリオはこちらです。
3851
Kensho社「公式HP」より引用

米国ではすでに大豆やトウモロコシの耕作面積の9割以上が遺伝子組み換え作物になっています。
遺伝子工学関連企業の業績も伸びていく可能性があります。

あわせて読みたい
3654
【ギリアドサイエンシズ(GILD)】の株価・決算情報・銘柄紹介ギリアド・サイエンシズは、HIV・B型肝炎・C型肝炎などの感染症治療のための薬を開発している会社です。ハーボニー(Harvoni)やツルハダ(Truvada)などが主力製品となります。新たな治療法のイエスカルタは有名ですね。...

過去のベンチマーク

過去のベンチマークはこちらです。
2013年は+41.6%、2014年は+55.8%、2015年は+10.3%、2016年は-28.9%、2017年は+50.2%、2018年は+10.9%となっています。
※2013年は5月15日~の期間。
※2018年は~4月27日の期間。

3853

eMAXIS Neo 遺伝子工学のコストは?

購入時手数料と信託財産留保額はかかりません。
信託報酬は、年率0.7776%です。
3843

今回のまとめ

3855
最近はロボアドバイザーの運用アプリが人気ですね。
ただ、AIは決して万能ではないので下がるときは下がることを頭の片隅に入れておきましょう。
私は、AI投信の評価が決まるのはこれからだと思います。
特にAIがおこなう長期運用はデータが少ないので、ちょっと不安です。
もし興味のある人は自分の資産の一部を投資するくらいのイメージの方が良いと思います。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへ