米国株

シェイク・シャック(SHAK)の株価・見通し・決算情報

シェイク・シャック(Shake Shack)とは

シェイク・シャック 株価 見通し
シェイク・シャック(Shake Shack)は、2004年に設立されたハンバーガー・チェーンです。
もともとNYにホットドックの屋台を出店したことが、シェイク・シャックの始まりです。
現在では”アンガスビーフ100%”の素材にこだわったグルメハンバーガー・チェーンとして、世界中で大人気です。


シェイクシャックは、もともとボランティアから始まった会社です。
2001年、創業者のダニー・マイヤー氏は、NYマディソンスクエアパークの再生を目的としたアートイベントにホットドックの屋台を出店しました。
そのホットドックが話題になり、行列ができるほどの人気屋台となりました。
そして2004年、マディソンスクエアパーク内にシェイクシャックの店舗が誕生しました。
当時の看板メニューはホットドックでしたが、質の高いハンバーガーやフローズンカスタードもすぐに人気となり、現在の成長につながっていきました。


シェイクシャックは、マクドナルドやロッテリアのようなハンバーガーチェーンとはまったく違います。
実は、シェイクシャックの創業者は高級レストランの経営者です。
そのため、”ただのファーストフードにはしない”という強い気持ちが伝わってきます。ハンバーガーは、ホルモン剤を使わないアンガスビーフ100%の牛肉がつかわれています。
さらにフレッシュアイスは砂糖のみを使用するなど、料理に使われる食材が厳正にチョイスされているようですね。


シェイクシャックの出店ペースは、他のファーストフード店と比べるとかなりゆっくりです。
店舗展開をみると、米国内直営店が90店舗、米国内ライセンス10店舗、海外ライセンス59店舗となっています(2017年通期)。
”従業員を育てながら無理のないペースで事業成長したい”と考えているようですね。
方針としては、ホスピタリティー(おもてない)にかなり力を入れているようです。
シェイクシャック(Shake Shack)

シェイク・シャックは、日本では”スターバックスコーヒー・ジャパン”を手がけたサザビーリーグと独占契約を結んでいます。
サザビーリーグは、スターバックスの日本進出を大成功させた実績があります。
シェイクシャックに行ったら、『ハンバーガー+シェイクorソーダ』というニューヨーク・スタイルを楽しみましょう。
シェイク・シャック 六本木店舗

直近の決算(2018/11/02 更新)

シェイク・シャックは、引け後に第3四半期の決算を発表しました。

売上高 1億1,964万7千ドル(前年同期比26.5%増)
純利益 694万6千ドル(前年同期比11.7%減)
EPS 0.21ドル

市場予想は 売上高1億1,701万ドル EPS 0.13ドルだったので、予想を上回る内容でした。
店舗あたりの売上高が下がったので、株価は時間外で-5.4%程度下落して推移しています。
シェイクシャック 決算

直近の株価(2018/12/14 更新)

直近6カ月間のシェイク・シャックの株価チャートです。
シェイクシャック 株価チャート
(直近6カ月間のシェイク・シャックの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
シェイクシャックの株価:-15.00%
S&P500指数:-4.74%
シェイクシャック 株価比較チャート
(青色:シェイクシャックの株価赤色:S&P500)

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

店舗の売上 3億46百万ドル
ライセンス収入 12百万ドル

シェイクシャック(Shake Shack) 決算

決算

シェイクシャック(Shake Shack)

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

・シェイクシャックは、グルメバーガーのチェーン店
・ハンバーガー+ソーダの”NYスタイル”
・ハンバーガーは100%アンガスビーフ

シェイク・シャック(Shake Shack)は、2004年に設立されたハンバーガー・チェーンです。
グルメバーガー・ブームの火付け役として有名な企業です。
”ただのファーストフードにはしない”という創業者の強い意思を感じるメニューとなっています。

関連資料

シェイクシャック:『公式HP』
シェイクシャック:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2018年第2四半期の決算(2018/08/03 更新)

シェイクシャックは、引け後に第2四半期の決算を発表しました。
・売上高 1億1,628万ドル(前年同期比27.3%増)
・純利益 1,057万ドル(前年同期比29.2%増)
・EPS 0.29ドル

市場予想は売上高1億11百万ドル EPS 0.18ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
しかし、来客数が2.6%減少したことが嫌気されて株価は急落しています。
日本では大人気のシェイクシャックですが、米国では苦戦し始めていますね。
この第2四半期の決算を受けて、株価はアフターマーケットでは-5.3%程度で推移しています。
シェイクシャック(Shake Shack) 決算

第1四半期の決算(2018/05/04 更新)

シェイク・シャックは第1四半期の決算を発表しました。
・売上高9,920万ドル(市場予想9634万ドル)
・EPS 0.13ドル(市場予想0.07ドル)

売上高もEPSも市場予想を上回る内容でした。
好調な決算を受けて、アフターマーケットでは+10%程度で推移しています。
シェイクシャック(Shake Shack) 決算シェイクシャック(Shake Shack) 決算