米国株

アマゾン(AMZN)の株価・見通し・決算情報

アマゾン(Amazon)とは

アマゾン
アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)
は、世界最大のECサイトを運営している小売企業です。
アマゾンのロゴはAからZに向かって下向きの弧を描くオレンジ色の矢印が描かれています。
この矢印は「From A to Z」となっており、つまりAからZまでアマゾンで何でもそろうという意味と顧客の満足を意味する笑顔を同時にあらわしているといわれています。

アマゾンは、様々な事業を展開しています。

「Amazon」…世界最大のECサイト
「AWS」…クラウドサービス
「kindle」…電子書籍
「AmazonGo」…レジ無しコンビニ
「ホールフーズ」…ヘルシー食品に強みをもつスーパー
「アマゾンビジネス」…法人向けに特化したネット通販

アマゾンは、ジェフ・ベゾス氏が一代で築き上げた大企業です。
フォーブスによると、ベゾス氏は資産が16兆円以上ある世界一の大富豪です。
ベゾス氏個人で『ブルーオリジン』というスペースシャトルを製造する企業をもっています。
『ブルーオリジン』は有人宇宙飛行を目的として設立された企業で、何度も試験飛行を成功させてきました。
将来的にアマゾンは、宇宙ビジネスに進出するかもしれませんね。


アマゾンの最大の武器は、アマゾンプライムです。
2018年4月、ジェフ・ベゾス氏はプライム会員数が1億人を突破したと発表しました。
アマゾンプライムは、日本で3,900円(年会費)、米国では119ドル(年会費)もかかります。
米国ではアマゾンが浸透していくたびに、だんだん年会費が値上げしています。
おそらく日本でもだんだん年会費が値上げされていく可能性が高そうですね。


アマゾンの強みは「レコメンド機能」です。
レコメンド機能とは「こういう本はいかがですか?」とか「こういう音楽はいかがですか?」という推薦する機能のことです。
アマゾンには、毎日膨大な量の顧客情報や検索履歴が集まってきます。
世界で1番情報が集まってくるアマゾンには、世界で1番正確なレコメンドができます。
これからの時代は自分で商品を選ぶよりも、アマゾンがすすめてくれた商品の方が良いかもしれませんね。


アマゾンは、スマートスピーカーにも注力しています。
Amazon Echo(アマゾンエコー)』は、世界で最も普及しているスマートスピーカーです。
AIアシスタントのアレクサ(Alexa)が搭載されており、上の動画のように様々なことをしてくれます。
例えば、音楽やニュースを聞いたり、スケジュール管理や照明コントロールができます。


アマゾンの事業で、最も好調なのはクラウドサービスの『AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)』です。
190ヵ国の100万以上の顧客、日本国内では10万人以上の顧客に利用されているクラウドサービスとして有名です。
AWSは利益率が高いので、業績の貢献が大きいです。
これからのクラウドサービスは、『AWS』と『Azure』の2強体制となりそうです。


最近話題になっているのは、アマゾンゴー(Amazon Go)です。
アマゾンゴー(Amazon Go)は、アマゾンが提供しているレジ無しコンビニです。
入店したらAmazon Goアプリで表示されたQRコードを入り口のゲートにかざして店内に入り、好きな商品を持ってそのまま帰ることができます。
どの商品をとって退店したかはAIとセンサーによってチェックされているので、店から出た後に自動決済されます。
コンビニエンスストアやスーパーのあり方もかわってきそうですね。

アマゾンとしてはより多くのデータが欲しいので、アマゾンゴーのシステムを外販する可能性もありますね。
導入する側の小売り店としては人件費を減らすことができるので、アマゾンとWin-Winの関係が築けます。


世界の小売業界をみると、現在はアマゾンの一強状態です。
米国には小売企業で構成されている『デス・バイ・アマゾン(アマゾン恐怖指数)』があります。
『デス・バイ・アマゾン』は、アマゾンの影響を受けて業績の悪化が見込まれている小売関連企業で構成されています。
米国のほとんどの小売企業は、アマゾンの影響を受けています。
アマゾンには圧倒的なコスト競争力と物流網があるので、今後も独り勝ち状態は続いていくと思います。

現在のアマゾンにはライバルらしいライバルはいません。
アマゾンの最大の敵は、ウォルマートでクローガーでもなく、政治かもしれませんね。

アマゾンの最大の敵は、上院議員のバーニー・サンダース氏かもしれません。
バーニー・サンダースは、2016年の大統領選挙で民主党の指名をヒラリー・クリントンと争ったことで有名です。

最近、サンダース氏はアマゾンへの批判を強めています。
下のツイートでは『ベゾス氏は、自分の従業員を公的住宅やフードスタンプに頼らざる得ない状況に追い込んでいる』とコメントしています。
サンダース氏は、米国の有力議員の1人なので、要注意ですね。

サンダース氏は、若者から人気のある政治家です。
特に民主党の有力議員の1人なので、要注意ですね。

トランプ大統領も2018年3月、ツイッター上でアマゾンを批判しました。
下のツイートでは『Amazonは交通システムを利用しているのに税金を払っていない。そして多くの小売り企業を廃業させている』とコメントしています。

現在、ネット通販でアマゾンのライバルは特にいません。
しかし、ヨーロッパを中心にアマゾンのようなGAFAに対して「規制をかけるべき」という声も強まっています。
アマゾンの敵は”政治家”や”制度そのもの”になっているのかもしれません。

直近の決算(2018/10/26 更新)

アマゾンが、引け後に第3四半期の決算を発表しました。
・売上高 565億7,600万ドル(前年同期比29.3%増)
・純利益 28億8,300万ドル(前年同期は11.3倍)
・EPS 5.75ドル

市場予想は、売上高571億ドル EPS 3.14ドルだったので、まちまちでした。
売上高が市場予想に届かなかったことが嫌気され、アマゾン株は時間外で-7.42%と大きく下落しています。
AWSが絶好調で、収益の柱に成長しています。

直近の株価(2018/12/07 更新)

直近6カ月間のアマゾンの株価チャートです。
アマゾン 株価チャート
(直近6カ月間のアマゾンの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
アマゾンの株価:+0.59%
S&P500指数:-2.69%
アマゾン 株価 チャート
(青色:アマゾンの株価赤色:S&P500)

事業

事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

オンラインストア事業(Online Stores) 1,083億54百万ドル
実店舗事業(Physical stores) 57億98百万ドル
サードパーティ(外部業者)販売事業(Third-party seller services) 318億81百万ドル
定額課金事業(Subscription services) 97億21百万ドル
AWS(アマゾン・ウェブ・サービス) 174億59百万ドル
・その他(Other) 46億53百万ドル

アマゾン(Amazon) 決算

地域別売上高

地域別の売上高はこちらです(2017年通期)。

米国(United States) 1,204億86百万ドル
ドイツ(Germany) 169億51百万ドル
英国(United Kingdom) 113億72百万ドル
日本(Japan) 119億7百万ドル
その他地域(Rest of world) 171億50百万ドル

アマゾン(Amazon) 決算

決算

毎年売上は大きく伸びていますが、利益は設備投資にほとんど回しているため、全然上がっていません。
そのため、税金を支払っている額が少ないとの批判は昔からあります。
直近でも設備投資にお金は回してますが、利益を計上してしまうくらい業績が好調です。
通販事業だけでなく、アマゾン・ウェブ・サービスなどのクラウドが伸びているのは、かなりプラス材料ですね。

アマゾン(Amazon) 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

・アマゾンは、ネット通販の業界でライバルはいない
・アマゾンの利益が伸びているのは、AWSのおかげ
・アマゾンのプライム会員は1億人を突破している
・アマゾンの最大の敵は政治家

アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)は、世界最大のECサイトを運営している小売企業です。
ネット通販を事業の柱に置きつつ、スマートスピーカーやクラウドサービスなどの新事業も成長しています。
アマゾンの手がけるアマゾンゴーは、コンビニやスーパーのあり方も変わってきそうですね。

関連資料

アマゾン:『公式HP』
アマゾン:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2018年第2四半期の決算(2018/07/27 更新)

アマゾンが、引け後に第2四半期の決算を発表しました。
・売上高528億86百万ドル(前年同期比39.3%増)
・純利益25億34百万ドル(前年同期比12.9倍)
・EPS5.07ドル

市場予想は、売上高532億70百万ドル EPS 2.5ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
発表された数字は絶好調でしたが、2018年7~9月期の売上高と利益の見通しは市場予想を下回りました。
そのため、時間外(アフターマーケット)で一時株価は伸び悩みました。
現在では、アマゾン株は時間外で+3%程度で推移しています。

2018年第1四半期の決算(2018/04/27 更新)

アマゾンが第1四半期の決算を発表しました。
・売上高510億4,200万ドル(前期比42.9%増)
・純利益16億2,900万ドル(前期比2.3倍)
・EPS3.27ドル

市場予想では、売上高498億7,000万ドル、EPS 1.27ドルだったので、売上もEPSも市場予想を上回りました。
この決算を受けて、アフターマーケットで+5.8%程度で推移しています。
AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)が収益面で全体の業績を支えています。