米国株

スクエア(SQ)の株価・見通し・決算情報

スクエア(SQ)とは

スクエア 米国株
スクエア(Square)は、クレジットカードリーダー等の端末やその端末を使った決済インフラを提供している企業です。
下の図のように、白いカード読み取り機『スクエアリーダー』を取り付けたら、顧客のクレジット情報をよむことができ、決済ができる仕組みになっています。
そのため、スマホやタブレットがカンタンにレジの代わりになります。
スクエア 米国株

個人で経営している喫茶店や美容院などのお店がクレジット決済を導入する場合、普通は銀行の厳しい審査をクリアしないといけません。
さらに審査をクリアした後は、レジの機械などを納入しなければならないので、非常にコストがかかります。

スクエアでは、自社の審査にクリアすれば上の動画のスクエアリーダー(4,980円)を利用して決済システムをつくることができます。
そのため、個人事業主にとっては非常にありがたいサービスで、スクエアは米国を中心に大人気なサービスになりました。


スクエアのサービスを導入した個人事業主や会社は、決済のたびに手数料として米国では2.75%程度、日本では3.25%(一部3.95%)の手数料をスクエアに支払うことになります。
この決済手数料が、スクエアの収益となります。

決済手数料が収益になるため、スクエアはできるだけ多く決済してもらう必要があります。
そのため、決済だけでなく、在庫管理や従業員の勤怠管理などのツール機能を拡充させ、顧客が他の決済サービスを使わないように囲い込んでいます。
下の図のような様々なサービスを提供しています。
スクエア サービス内容

スクエアのメインターゲットは、美容院や喫茶店、フリーランスなどの小規模な事業主です。
しかし、下の図の通り、最近では売上の大きな取引先のシェアが増えています。
小規模な事業主だけでなく、だんだん企業にもスクエアの決済が広がってきているのかもしれません。
スクエア 業績


スマホやタブレットの決済だけでなく、上の図の『スクエア・レジスター』というレジも提供しています。
『スクエア・レジスター』にも様々なツールを付けており、大型の店舗や企業にも決済システムを広めようと狙っているようですね。

スクエアが最近力を入れているのは、『スクエアキャピタル』です。
『スクエアキャピタル』は、小口の資金を融通する融資事業です。
スクエアの最大の強みは、決済システムや店のPOSシステムをおさえているので、事業主の経営状態を把握していることです。
加盟店の経営状態(お金の流れ)を把握しているので、AIを用いてすぐに融資の判断をすることができます。


スクエアは、決済システムだけで稼いでいる会社ではありません。
決済システムを入り口にして、在庫管理や従業員の勤怠管理などの分析ツールを提供し、顧客を囲い込みます。
そして顧客を囲い込んだ後は、クレジットカード手数料(米国では2.75%)を取りつつ、融資などの事業でも稼ぐというビジネスモデルとなっています。
そのため、スクエアがおこなっている事業は、まったく新しい決済と金融システムです。

直近の決算(2018/08/02 更新)

スクエアが引け後に第2四半期の決算を発表しました。
売上高8億1,493万ドル(前年同期比47.8%増)、純損益は590万ドルの赤字(前年同期は1,596万ドルの赤字)、EPS0.13ドルでした。
手数料などを除いた調整後の売上高は3億8,500万ドルでした。
市場予想は、売上高3億67百万ドル(調整後) EPS 0.12ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
しかし、第3四半期のEPSの見通しが市場予想に届かなかったため、株価は時間外で-0.3%程度で推移しています。
スクエア(Square)

直近の株価(2018/10/07 更新)

直近6カ月間のスクエア株の推移です。
スクエア 株価チャート
(直近6カ月間のスクエアの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
スクエア株価:+105.08%、S&P500:+11.04%
株価の比較チャート
(直近6カ月間の株価チャート)
青色:スクエア株価、赤色:S&P500

事業


事業別の売上高をみると…
・トランザクション事業(Transaction-based revenue) 19億2,017万4千ドル
・サブスクリプションとサービス事業(Subscription and services-based revenue) 2億5,266万4千ドル
・ハードウェア事業(Hardware revenue) 4,141万5千ドル
となっています(2017年通期)。
トランザクション事業は、決済関連の事業です。

スクエア(square) 決算

取引事業(Transaction-based revenue)

スクエアは決済が行われるたび、取引事業に売上が計上されます。
売上高の87%を占める主力事業になります。

サブスクリプションとサービス事業(Subscription and services-based revenue)

サブスクリプションとサービス事業には、加入料等の売上の数字が入っています。
売上高の11%を占めています。

ハードウェア事業(Hardware revenue)

ハードウェア等の売上の数字が入っています。
売上高の1.9%を占めています。
スクエアはハードウェアを販売して稼ぐのではなく、取引の手数料で稼いでる会社だということがわかります。

地域別売上高

地域別の売上高をみると…
・米国 売上高21億20百万ドル
・その他 94百万ドル
となっています。
大半がアメリカ国内になりますが、海外展開も積極的にすすめています。

スクエア(square) 決算

ビジネスモデル


スクエアは専用機器をスマホやタブレットに差し込むことで、クレジットカード決済ができる仕組みを提供しています。
スマホやタブレットなどの端末さえあれば、簡単に店のレジにすることができます。

決算書をみるとわかりますが、スクエアは決済端末機の販売で儲けている会社ではありません。
あくまでも専用機器は入口であり、その機器を利用した取引手数料で儲けている会社です。

スクエアはただ取引ができるだけではなく、売上や仕入の管理・会計・融資などの日々のサポート業務のできるサービスも提供しています。
上記端末やサービスを使ってもらっているうちは、継続的に収益が発生する仕組みになっています。

直近の決済額は653億ドル(2017年)まで拡大しています。
スクエアが提供しているサービスの年間決済金額(Gross Payment Volume)はこちらです。
スクエア(square)
こちらが直近の決済高をグラフ化したものです。
順調に拡大しています。
決算が赤字でも、決済額が増加していれば市場関係者にとっては問題ないと思います。

なぜ成長しているのか?


成長している理由は、1言で説明すると「みんなが必要としているサービスだから」ということです。
現在でも中小の小売店でクレジットカードを導入するには厳しい審査があります。
特に個人で美容院やレストランを運営していて、クレジットカードを使えるようにするには、厳しい審査の後に高い手数料も取られるなど散々でした。
そのため現金や小切手を用いて何とかやりくりしていました。

スクエアが登場してからは、顧客から代金の支払いを受けるときにクレジットカードなどの決済手段を利用することができます。
そのため、スクエアは中小の小売店にとっては非常に人気のあるサービスです。
スクエアのサービスを使っている顧客層も「従業員が10人以上」といった取扱金額の比較的大きい店や企業の割合が大きくなっています。
米国では中小企業のビジネスが大体3兆ドル規模だといわれているので、成長余地はまだまだ大きいです

スクエア・キャピタル

スクエア(square)
スクエアは、小口の融資ビジネスも展開しています。
スクエアはクレジットカードの読み取り機器を通じて、そのお店がどのくらい売上があってどのくらい利益が上がっていそうだということが把握することができます。
銀行と違い、毎日のお金の流れを細かく追うことができるので、迅速に融資の判断ができます。
融資の平均額は6000ドル程度なので、銀行にとっては小さすぎるビジネスなのでこれからも乗り出すことも考えにくいです

透明性の高いルール

スクエア(square)
スクエアの料金体系は、上記のようにわかりやすいです。
オフラインでも決済でき、請求書を出すこともできるなど様々なサービスを利用できます

スクエアの将来性


現在のスクエアをみていると、初期のクレジットカードの状況と似ている気がします。
クレジットカードがここまで広がったのも、ユーザーにとって非常に便利だったからです。

1950年にマクナマラ氏がニューヨークのレストランで食事を終えた際に財布を忘れてきたことに気づきました。
その際は夫人に財布を届けてもらって支払いをすますことができましたが、非常にきまずい体験でした。
そこでマクナマラ氏は、ツケで食事ができる「ダイナース」というクラブを設立することにしました。
カードさえあれば、自分の顔を知らない店でも食事をツケにすることができるという画期的なサービスが生まれました。

ダイナースは世界的な企業として今も存続しています。
スクエアのビジネスは、特に中小の小売業者に非常に喜ばれており今後も拡大していく可能性があると思います。
クレジットカードと同じく徐々に大きい規模の事業者いまで広がっていき、クレジットカード以来の決済革命が起きる可能性があるのではないかと思ってます。

決算

決算をみると、売上高は伸びていますが赤字となっています。
とにかく取扱決済額の金額を上げることで、黒字まで持っていく必要があります。
今のペースで事業が拡大していけば、黒字化はすぐそこですね。

スクエア利用者の声

日本でもスクエアを利用している店舗は、かなり増えている印象があります。
高いクレジットカードの手数料を払うことを考えると、合理的な選択ですね。

『天兼さまも使ってます、Square。』

『茶道体験カメリア様も使っています、モバイル決済 Square(スクエア) 。』

『Almond Surfboards さまも使ってます、Square。』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ