米国株

アクセンチュア(ACN)の株価・見通し・決算情報

アクセンチュア(Accenture)とは

アクセンチュア 株価 見通し
アクセンチュア(Accenture)は、世界120ヶ国以上で事業を展開している総合コンサルティング企業です。
米国を代表する『Fortune Global 500』の4分の3を超える企業を顧客としています。
世界的な大企業に深く入り込んで、安定した収益をあげている企業です。

アクセンチュアは、以下の5つの領域で事業を展開しています。
1. ストラテジー
2. コンサルティング
3. デジタル
4. テクノロジー
5. オペレーションズ


アクセンチュアはコンサルティング企業のイメージが強いと思います。
実は、アクセンチュアが得意としているものは”コンサルティング”よりも”ITシステムの構築や運用”です。
現在はIBMがITシステムの世界最大手の企業です。
しかし、今後数年のうちにアクセンチュアが世界最大手のITシステム企業に成長する可能性があります。

アクセンチュアは、他のコンサルティング企業と比較すると、”ITシステム構築・運用”について圧倒的な強みがあります。
普通のコンサルティング企業は、顧客から請け負ったシステム案件を外注しています。
しかし、アクセンチュアは外注せずに”自社”で請け負います。
そのため、コンサルの上流から下流までワンストックで対応できます。
外注せずに自社でおこなうことで、高い利益を計上することができています。


アクセンチュアには、約43万人の従業員がいます。
実は43万人の従業員のうち、インド人が約15万人を占めています。
人件費の低いインドの技術者をうまく活用することで、システム構築などの業務も自社でおこなうことができているようです。


アクセンチュアは、日本でもコンサルティング業務をおこなっています。
ファーストリテイリングやカルビー、第一生命、エーザイのような大企業で着実に実績を積み上げています。
アクセンチュアは、顧客の言いなりになるコンサルティング企業ではありません。
ガンガン突き付けてくるアクセンチュアのスタイルは、日本に馴染まない部分はあると思います(偏見かなぁ…)。
しかし、日本で上手く事業展開できているようですね。

現在、アクセンチュアは以下の3つの分野に注力しています。

1. デジタル
2. クラウド
3. セキュリティ

アクセンチュアは、上の3つの分野を『the New』と名付けて、巨額の投資をおこなっています。
アクセンチュア

アクセンチュアの最大のリスクは、提供しているITシステムがコモディティー化することです。
そのため、常に高い付加価値の付くサービスを提供する必要があります。
現在は「the New」の取り組みがうまくいってます。
しかし、投資する対象を間違えると事業が傾く可能性もありますね。

直近の決算

2019年9月26日(木)の寄付き前、アクセンチュアが2019年第4四半期の決算を発表しました。

売上高
…110億5,565万ドル(前年同期比5.3%増)
純利益
…11億3,042万ドル(前年同期比9.8%増)
EPS
…1.74ドル

市場予想は、売上高110億80百万ドル EPS 1.71ドルだったので、まちまちでした。
ドル高や米中貿易の影響で発表した弱気の業績見通しが嫌気されています。
アクセンチュア 米国株 決算

直近の株価

直近1年間の株価とS&P500指数を比較しました(2019年10月1日終値)。
・アクセンチュア株価:+9.5%
・S&P500指数:+0.6%
アクセンチュア 米国株 株価チャート
(青色:アクセンチュア株価赤色:S&P500)

事業


事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

コンサルティング(Consulting) 187億54百万ドル
アウトソーシング(Outsorcing) 160億96百万ドル
払い戻し(Reimbursements) 19億15百万ドル

アクセンチュア 決算

業務別の売上高

製品別の売上高はこちらです(2017年通期)。

通信・メディア・ハイテク(Communications, Media & Technology) 68億85百万ドル
金融サービス(Financial Services) 73億94百万ドル
公共サービス・医療健康(Health & Public Service) 61億78百万ドル
製品(Products) 95億ドル
リソース(Resources) 48億47百万ドル
その他(Other) 46百万ドル
払い戻し(Reimbursements) 19億15百万ドル

アクセンチュア 事業別売上高

地域別の売上高

地域別の売上高はこちらです(2017年通期)。

北アメリカ(North America) 172億55百万ドル
ヨーロッパ(Europe) 125億56百万ドル
成長マーケット国(Growth Markets) 69億55百万ドル

アクセンチュア 地域別売上高

決算(通期)

直近の業績をみると、安定して利益を計上していますね。
アクセンチュアの人件費は高いですが、業務に付加価値をつけて高い利益率を維持しています。

アクセンチュア 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

・”Fortune Global 500″の4分の3以上の企業が顧客
・他のコンサルとちがって、ITシステムに強み
・デジタル、クラウド、セキュリティに注力する戦略をとっている
・業績も株価も安定している企業

アクセンチュアは、世界120ヶ国以上でコンサルてぃんぐ業務をおこなっています。
コンサルティングのイメージが強いですが、得意なモノは”IT”です。
特にITシステムの導入・運用は上手で、安定的な収益を稼いでいます。
業績が安定しているので、株価も安定して推移しているイメージがある企業のひとつです。

関連資料

アクセンチュア:『公式HP』
アクセンチュア:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、米国株についての情報を提供しています。

過去の決算

2019年第3四半期の決算

2019年6月27日(木)の寄付き前、アクセンチュアが2019年第3四半期の決算を発表しました。

売上高
…110億9,968万ドル(前年同期比3.8%増)
純利益
…12億4,951万ドル(前年同期比19.8%増)
EPS
…1.93ドル

アクセンチュア 米国株 決算

2019年第2四半期の決算

2019年3月28日(木)の寄付き前、アクセンチュアが2019年第2四半期の決算を発表しました。

売上高
…104億5,412万ドル(前年同期比5.5%増)
純利益
…11億2,444万ドル(前年同期比30.2%増)
EPS
…1.73ドル

市場予想は、売上高103億ドル EPS 1.57ドルだったので、予想を上回る内容でした。
好調な決算を受けて、株価は+5.20%で引けました。
アクセンチュア 決算

2019年第1四半期

2018年12月20日(木)の寄付き前、アクセンチュアは2019年第1四半期の決算を発表しました。

売上高 106億554万ドル(前年同期比7.3%増)
純利益 12億7,472万ドル(前年同期比13.4%増)
EPS 1.96ドル

市場予想は 売上高105億20百万ドル EPS 1.86ドルだったので、予想を上回る内容でした。
為替レートが約4%の売上減少になる可能性が嫌気されています。
決算を受けて、株価は-4.94%と大きく下落しました。
アクセンチュア 決算

2018年第4四半期の決算(2018/09/28 更新)

昨晩の寄付き前、アクセンチュアは第4四半期の決算を発表しました。

売上高 106億4,224万ドル(前年同期比10.4%増)
純利益 10億2,952万ドル(前年同期比10.4%増)
EPS 1.58ドル

市場予想は 売上高100億10百万ドル、EPS1.56ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
しかし、2019年通期のEPS予想が市場予想を下回ったため、好材料とはなりませんでした。
第4四半期の決算を受けて、株価は1.69%下落しました。
アクセンチュア 決算