米国株

アクセンチュア(ACN)の株価・見通し・決算情報

アクセンチュア(Accenture)とは


アクセンチュア(Accenture)は、世界120カ国以上で事業を展開している総合コンサルティング企業です。
米国を代表する「Fortune Global 500」の4分の3を超える企業を顧客としています。
世界の大企業に深く入り込んで、継続的にコンサルティング収益をあげていますね。
アクセンチュアは経営コンサルのイメージが強いですが、ITシステムの構築や運用で大きな実績があります。
現在はIBMがITシステムの最大手ですが、数年のうちにアクセンチュアが最大手になるかもしれませんね。
「ストラテジー」や「コンサルティング」、「デジタル」、「テクノロジー」、「オペレーションズ」の5つの領域で幅広く事業を展開しています。
アクセンチュアは、顧客企業のITシステムの導入・構築に強みをもっています。


アクセンチュアは、他のコンサル企業と比較するとITシステムに圧倒的な強みがあります。
一般的なコンサル企業は、顧客から請け負った案件を外注することが多いです。
しかし、アクセンチュアは外注せずに自社で請け負います。

アクセンチュアには約43万人の従業員がいます。
実は43万人の従業員のうち、インド人が約15万人です。
人件費の低いインドの技術者をうまく活用して、システム構築などの業務も自社で構築しています。
自社で上流から下流まで顧客のニーズにワンストックで対応しています。
外注せずに自社でおこなうことで、高い利益率を維持していることは、アクセンチュアの強みですね。

現在、アクセンチュアは『デジタル』や『クラウド』、『セキュリティ』に力を入れています。アクセンチュアは、上の3つの領域を「the New」と名付けて、巨額の投資をおこなっています。
アクセンチュア
アクセンチュアは、日本でもコンサルティング業務をおこなっています。
ファーストリテイリング(ユニクロ)やカルビー、第一生命保険、エーザイのような企業でもコンサルをおこなっています。
アクセンチュアは顧客の言いなりになるコンサル会社ではありません。
ハッキリとガンガン突き付けてくるアクセンチュアのスタイルは、日本に馴染まない部分はあると思います。
しかし、日本でもうまく事業展開しているようですね。

アクセンチュアの最大のリスクは、提供しているITシステムがコモディティー化することです。
そのため、常に高い付加価値の付くサービスを提供する必要があります。
現在は「the New」の取り組みがうまくいってますが、投資する対象を間違えると事業が傾く可能性もありますね。

直近の株価チャート(2018/09/18 更新)

アクセンチュアの業績は堅調なので、全体的に安定的に株価は推移しています。
アクセンチュア 株価チャート
(直近6カ月間のアクセンチュアの株価チャート)

直近6カ月間の株価チャートとS&P500を比較しました。
アクセンチュアが+6.5%S&P500が+6.5%となっています。
アクセンチュア 株価チャート
(直近6カ月間の株価チャート)
青がアクセンチュアの株価赤がS&P500指数

直近の決算(2018/09/28 更新)

昨晩の寄付き前、アクセンチュアは第4四半期の決算を発表しました。
・売上高106億4,224万ドル(前年同期比10.4%増)
・純利益10億2,952万ドル(前年同期比10.4%増)
・EPS 1.58ドル
でした。
市場予想は…
・売上高100億10百万ドル
・EPS1.56ドル
だったので、市場予想を上回る内容でした。
しかし、2019年通期のEPS予想が市場予想を下回ったため、好材料とはなりませんでした。
第4四半期の決算を受けて、株価は1.69%下落しました。
アクセンチュア 決算

事業


事業別の売上高をみると…
・コンサルティング(Consulting) 187億54百万ドル
・アウトソーシング(Outsorcing) 160億96百万ドル
・払い戻し(Reimbursements) 19億15百万ドル
となっています。

アクセンチュア 決算

業務別の売上高

製品別の売上高をみると…
・通信・メディア・ハイテク(Communications, Media & Technology) 68億85百万ドル
・金融サービス(Financial Services) 73億94百万ドル
・公共サービス・医療健康(Health & Public Service) 61億78百万ドル
・製品(Products) 95億ドル
・リソース(Resources) 48億47百万ドル
・その他(Other) 46百万ドル
・払い戻し(Reimbursements) 19億15百万ドル
となっています。

アクセンチュア 事業別売上高

地域別の売上高

地域別の売上高をみると…
・北アメリカ(North America) 172億55百万ドル
・ヨーロッパ(Europe) 125億56百万ドル
・成長マーケット国(Growth Markets) 69億55百万ドル
となっています。

アクセンチュア 地域別売上高

決算(通期)

直近の業績をみると、安定して利益を計上していますね。
アクセンチュアの人件費は高いですが、業務に付加価値をつけて高い利益率を維持しています。

アクセンチュア 決算

関連資料

アクセンチュア「公式HP」
アクセンチュア「Annual Report」
アクセンチュア「有価証券報告書」

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ