米国株

アリババグループ(BABA)の株価・見通し・決算情報

アリババ(Alibaba Group)とは

アリババ 株価 見通し
アリババ・グループ(Alibaba Group)は、中国最大のECサイトを運営しているネット企業です。
複数のECサイトを運営しており、BtoBビジネスやECサイト以外にも様々なサービスを提供しています。

アリババは、数多くのネットサービスを提供しています。

Alibaba.com…世界最大BtoBのECサイト
天猫 Tmal…中国最大BtoCのECサイト
天猫 Tmall Global…BtoC越境ECサイト
YOUKU…中国最大の動画プラットフォーム
アリペイ…中国最大の決済サービス
アリババクラウド…中国最大のクラウドサービス
タオパオマーケットプレイス…CtoCのECサイト

アリババ 事業
アリババドットコムは、買い手企業と売り手企業が出会うBtoBサイトです。
カンタンに説明すると、インターネット上の国際展示会のイメージですね。
アリババとアマゾンは、以下のようにちょっと違います。

・アリババ…”企業や個人をサポートする“ビジネスモデル
・アマゾン…”自分で仕入れて自分で売る“ビジネスモデル

アリババは、中国市場で圧倒的なシェアをもっています。
中国のEC市場が伸びている限り、アリババの経営は安泰ですね。

アリババを創業したのは、ジャック・マー氏です。
ジャック・マー氏は“スマートな経営者”という感じではなく、いわゆる『情熱の男』です。
ソフトバンクの孫社長が5分で20億円の出資を決めたエピソードは、あまりにも有名ですね。
創業してからの3年間は、収益がほぼゼロで推移するなどかなりの苦労人です。
苦労を重ねた末、現在では中国を代表するカリスマ経営者となりました。

ジャック・マー氏に関する本は数多く出版されています。
アリババの経営哲学』には、面白いエピソードもいくつか載っています。
仕事を探していたジャック・マー氏が、従弟につきそってもらいホテルのウェイター採用の面接を受けた際、つきそいだった従弟だけ採用されてしまいました。
理由は、従弟が背が高くハンサムで、ジャック・マー氏が背が低く不細工だから(笑)。
ジャック・マー氏は「容姿が醜くても関係ない。自分を磨き、学び続けることが大切」とコメントしています。
コンプレックスに嘆かずに努力している姿は、カッコいいですね。


中国では“1”が4つ並ぶ11月11日を『独身の日』と呼ばれています。
アリババの「2018年の独身の日」セールの取引総額は2,135億元(日本円で約3兆4,000億円程度)を記録しています。
前年実績比で26.9%増と大きく伸びていますね。
楽天の2017年(1~12月期)の国内EC取扱総額は、3兆3,912億円です。
アリババは『独身の日』1日で、楽天の取扱総額を上回る取引がおこなわれたことになります。


私は、アリババ傘下の「Ele.me(餓了麼)」に注目しています。
「Ele.me」は、中国で大人気の食品デリバリー企業です。
100万軒以上のレストランと提携しており、2億5,000万人以上のユーザーを抱えています。
食品のデリバリーサービスは、中国で大きく成長しています。
テンセントが「Ele.me」の競合会社に出資しているため、これから激しい競争が予想されます。


実は、最近アリババの足元をJD.comが脅かしています。
JD.comの筆頭株主はテンセントです。
中国国内では、アリババ対テンセントの状況が今後も続いていきそうですね。

直近の決算(2018/11/03 更新)

アリババは、寄付き前に第2四半期決算を発表しました。
・売上高 851億48百万元(123億98百万ドル)(前年同期比54.4%増)
・純利益 182億41百万元(26億56百万ドル)(前年同期比5%増)
・EPS 1.40ドル

市場予想は 売上高124億90百万ドル EPS 1.06ドルだったので、まちまちでした。
売上高が市場予想を下回ったことが嫌気されて、アリババの株価は-2.42%と下落しました。
アリババ 決算
売上高が54%増となっていますが、市場予想を下回る水準でした。
ECサイトなどの主力のコア・コマースも56%増となっており、順調に成長しています。
特にクラウドは90%増となっており、急成長しています。

直近の株価(2018/12/07 更新)

直近6カ月間のアリババの株価チャートです。
アリババ 株価チャート
(直近6カ月間のアリババの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
アリババの株価:-23.47%
S&P500指数:-2.54%
アリババ 株価チャート
(青色:アリババの株価赤色:S&P500)

事業別の売上高


事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

中国のコマース事業(小売) 1,141億9百万元
中国のコマース事業(卸売) 56億79百万元
海外のコマース事業(小売) 73億36百万元
海外のコマース事業(卸売) 60億1百万元
その他コマース事業 7億55百万元
クラウド事業 66億63百万元
メディア事業 147億33百万元
新規事業 29億97百万元

アリババ 事業別売上高

主なサービス

アリババは、BtoBサイトやBtoCサイト、CtoCサイト、決済サービス、クラウドサービスなどのネット関係のサービスをすべて展開しています。
アリババ 事業

アリババドットコム

アリババドットコム
アリババ・ドットコムは、アリババグループが1999年に最初に始めた事業です。
中国最大のBtoBプラットフォームサービスです。
BtoB取引とは、企業間取引のことです。
製品を買いたい企業と売りたい企業を結びつけるマッチングサイトのイメージです。

タオバオマーケットプレイス

タオバオマーケットプレイスは、CtoCショッピングサイトです。
CtoC取引とは、消費者間取引のことです。
日本でいうと、ヤフオクのイメージで良いと思います。

天猫 Tmall

天猫 Tmall
天猫 Tmallは、BtoCショッピングサイトです。
中国で最多アクセス数を誇ります。
BtoC取引とは、企業と消費者間の取引のことです。
日本でいうと、アマゾンのイメージで良いと思います。
サイトをみると、ユニクロなどの日本企業のブランドも取り扱っています。

アリババ・クラウド

アリババ・クラウド
アリババ・クラウドは、2009年に設立されたクラウドサービスの企業です。
クラウドサービスでは、中国最大の企業となっています。

決算

アリババ 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

・アリババは、中国最大のECサイトを運営している企業
・アリババとアマゾンのビジネスモデルは少しちがう
・”独身の日”の1日で、楽天の取扱総額を上回る取引をおこなっている
・クラウドサービスが大きく伸びている

アリババ・グループ(Alibaba Group)は、中国最大のECサイトを運営しているネット企業です。
中国のEC市場は順調に成長しているので、その間はアリババの経営も安泰です。
今後、世界に打って出ていく可能性が高いので、海外戦略に要注目ですね。

過去の決算

2018年第1四半期の決算(2018/08/024 更新)

アリババは昨晩の寄り前、第1四半期の決算を発表しました。
・売上高 122億29百万ドル(市場予想118億ドル)
・EPS 1.22ドル(市場予想1.21ドル)
アリババ 決算
大きな減益決算となったのは、アント・フィナンシャル関連で特別損失を計上したためです。
利益率が低下したことが嫌気され、株価は-3.16%で引けました。

2017年第4四半期の決算(2018/02/02 更新)

2月1日寄り前、アリババが2017年10~12月期の決算を発表しました。
・売上高 売上高830億28百万元(前年同期比+56%)
・純利益 240億元(前年同期比+35%)
・EPS 1.63(予想1.65)

依然として売上の88%はネット通販が占めていますが、クラウド事業の売上高が2倍に増えるなど、順調に拡大しています。