米国株

米国株をおすすめしている理由【2018年度版】

米国株 おすすめ 2018
今回の記事では、”米国株への投資に興味がある人”に向けて書いています。
私は、日本株と米国株に長年投資してきました。
日本株を短期で回転させていますが、米国株は一貫して長期投資をおこなっています。
今回は、米国株への長期投資をおすすめするのは以下の理由です。

米国株は日本株より長期投資向け
米国株は株主還元に力を入れている
米国株は世界トップの企業に投資ができる

今回の記事は3分くらいで読める内容となっています。
これから米国株へ投資を考えている人には参考になると思います。

米国株は長期投資がおすすめ

私は、米国株の『長期投資』をおすすめしています。
下の図では、日本株と米国株を比較しています。
1990年1月~2018年11月9日までの株価の比較チャートです。

パフォーマンスは…
日経平均株価 -40%
ダウ平均   +903%
S&P500   +745%

株価指数 比較チャート
青色:日経平均、赤色:ダウ平均、緑色:S&P500を比較しました。

上の図の通り、ITバブルやサブプライムローン、金融危機の震源地は米国ですが、日本の方が株価のダメージが大きいですね。
期間が長くなればなるほど、株価パフォーマンスに差があります。

日本株はアベノミクス相場で大きく上昇しましたが、米国株ほどではないです。
私は「日本企業より米国企業の方が優れている」とは考えてはいません。
しかし、「長期投資では、日本株よりも米国株の方がパフォーマンスが良い」と考えています。

米国株は高配当!

米国は資本主義が徹底しているので、“株主のチカラが非常に強い”です。
株主のチカラが強いため、“株主の意向”で経営者のクビが飛ぶことはザラにあります。
そのため、米国企業は日本企業よりも株主還元策に力を入れています。

日本だと高すぎる配当性向を嫌う投資家が多いです。
※配当性向とは、利益のうち配当金として株主に支払った金額の割合のことです。
しかし、米国では余ったお金は株主に還元することが一般的となっています。
要は「会社は株主のもの」という考え方が、徹底されています。
下の図の通り、年々株主還元に力を入れる企業が増えています。
米国株 連続増配
大和投資信託「ダイワ米国株主還元株ファンド」

米国企業の中には、連続増配を長年続けている企業もたくさんあります。
連続増配とは、配当を毎年のように増やしているということです。
例えば、下の図のようにP&Gは61年連続で増配しています。
日本でも有名な企業が連続で増配をおこなっていますね。

企業名 増配年数
P&G 62年
スリーエム 59年
コカコーラ 56年
ジョンソンエンドジョンソン 55年
ペプシコ 46年
マクドナルド 42年

連続増配を続けることができる企業は、長年業績が安定している企業です。
上の図のように、世界でトップシェアをとっている企業だからできることですね。

世界のトップ企業に投資できる

米国株には、世界トップの企業が数多く存在しています。
下の図の通り、銘柄の入れ替わりはありますが、米国企業が世界の時価総額ランキングでは上位を占めています。
世界 時価総額 ランキング
三井住友トラストアセット「米国成長株式F」

上の図の通り、アマゾンやアップル、グーグル、フェイスブックなどのプラットフォーマーは強いですね。
しかし、上記のような有名企業でなくても米国企業には次の“FAGA”になりそうな企業も数多く存在しています。
私は、以下の4社が次世代のFAGA候補だと考えています。

スクエア
セールスフォース
スプランク
アドビシステムズ

インターブランド社が、ブランド価値をランキング化した『Best Global Brands 2018』を発表しました。
「Best Global Brands 2018」より引用しています。

このランキングは、世界の会社のブランド価値をランキングにしたものです。
つまり会社のブランドに対して、どれだけの金銭的価値があるかを示しています。
下の図の通り、50位以内にランクインしている米国企業は25社あります。

1位 アップル 2位 グーグル
3位 アマゾン 4位 マイクロソフト
5位 コカコーラ 6位 サムソン
7位 トヨタ 8位 メルセデスベンツ
9位 フェイスブック 10位 マクドナルド
11位 インテル 12位 IBM
13位 BMW 14位 ディズニー
15位 シスコ 16位 GE
17位 ナイキ 18位 ルイスヴィトン
19位 オラクル 20位 ホンダ
21位 SAP 22位 ペプシコ
23位 シャネル 24位 アメックス
25位 ZARA 26位 JPモルガン
27位 IKEA 28位 Gillette
29位 UPS 30位 H&M
31位 Pampers 32位 エルメス
33位 Budweiser 34位 アクセンチュア
35位 フォード 36位 ヒュンダイ
37位 ネスカフェ 38位 イーベイ
39位 グッチ 40位 日産自動車
41位 フォルクスワーゲン 42位 アウディ
43位 PHILIPS 44位 ゴールドマンサックス
45位 シティ 46位 HSBC
47位 AXA 48位 LOREAL
49位 Allianz 50位 adidas

今回のまとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

米国株は長期投資がおすすめ
米国株は高配当
米国株は連続増配銘柄も多い
米国株は世界トップの企業が多い

私は、長期投資では米国株をおすすめしています。
米国企業は、昔からプラットフォームをおさえています。
プラットフォームをおさえてしまえば、自分のルールでビジネスを展開できます。
そのため、グーグルやアップル、アマゾンなどのプラットフォーマーは強い競争力があります。
アップルやアマゾンなどの株価は上昇していますが、まだまだ上昇していくと考えています。
もし米国株にアレルギーがなければ、日本株よりも米国株をおすすめします。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ