米国株

【シティグループ(C)】の株価・決算情報・銘柄紹介

シティ・グループ(C)ってどんな会社?


シティ・グループ(C)は、1998年にシティコープとトラベラーズ・グループの合併によって誕生した銀行です。
個人と法人向けに世界160カ国以上で金融サービスを提供している米国の大手銀行です。
投資銀行業務、個人向けリテール業務、資金管理などを展開しています。
口座数は世界で2億口座以上ともいわれています。
ただ業界再編で日本での個人業務からは撤退しています。

直近の決算(2018/07/14 更新)

昨晩、シティグループは第2四半期の決算を発表しました。
売上高184億6,900万ドル(前期比1.7%増)、純利益44億9,000万ドル(前期比16.0%増)、EPS 1.62ドルでした。
市場予想は、売上高185億10百万ドル EPS 1.56ドルだったので、まちまちでした。
この決算を受けて、株価は-2.20%で引けています。
2904

直近の株価(2018/07/24 更新)

直近6カ月間のシティグループ株の推移です。
3208
(直近6カ月間のシティグループの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをダウ平均とS&P500を比較しました。
シティグループが−1.14%ダウ平均が−4.55%、S&P500が−1.26%となっています。
3209
(直近6カ月間の株価チャート)
※青がシティグループ株、赤がダウ平均、緑がS&P500

事業


事業は「利息収入(Net interest revenue)」、「利息以外の収入(Total non-interest revenues)」で構成されています。
「利息収入(Net interest revenue)」は、売上高446億87百万ドルで、売上高の62.5%を占めています。
「利息以外の収入(Total non-interest revenues)」は、売上高267億62百万ドルで、売上高の37.5%を占めています。

1

業務別の売上高をみると、個人向け業務・GCB(Global Consumer Baking)は326億97百万ドル、法人向け業務・ICG(Institutinal Client Group)は356億67百万ドル、「本社/その他業務(Corporate)」は30億85百万ドルとなっています。
ちなみに、個人向け業務・GCBは個人向けリテール業務やカード業務、預金業務等になり、法人向け業務・ICGは投資銀行業務やトレード業務、法人向けリテール業務等になります。

2

地域別売上高

地域別の売上高をみると、北米地域(North America)338億98百万ドル、ヨーロッパ、中東及びアフリカ地域(EMEA)106億92百万ドル、ラテンアメリカ地域(Latin America)93億68百万ドル、アジア地域(Asia)144億6百万ドルとなります。
北アメリカは半分しか占めていないため、海外進出がすすんでいます。

4

ライバルの金融機関

ライバルの金融機関の一覧です。

JPモルガンチェース・JP Morgan Chase(JPM) 徹底解説

ゴールドマンサックス・Goldman Sachs (GS) 徹底解説

ウェルズファーゴ・Wells Fargo(WFC) 徹底解説

過去の決算

2018年第1四半期の決算(2018/04/14 更新)

3
(直近5日間のシティ株価チャート)

昨晩の寄付き前、シティは第1四半期の決算を発表しました。
売上高188億7,200万ドル(前年同期比2.8%増)、純利益46億2,000万ドル(前年同期比13.0%増)、1株あたり利益1.68ドル(予想1.61ドル)という内容でした。
実効税率が下がったことが純利益の増加に貢献しました。
1

決算(通期)

シティグループの業績は頭打ち状態ですが、リーマンショックの後遺症から立ち直ったと判断してもいいと思います。
米国の政策金利は今後上昇していくと考えているので、利鞘が大きくなれば業績も回復していくと考えています。

5

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の日本株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へ