米国株

フォード(F)の株価・見通し・決算情報

フォード・モーター(Ford Motor)とは

フォード 株価 見通し
フォード・モーター(Ford Motor)は、世界第6位の販売台数を誇る米国の自動車メーカーです。
ゼネラル・モーターズ(GM)やクライスラー(現 フィアット・クライスラー・オートモービルズ)と並ぶ米国の3大自動車メーカー(ビッグスリー)の1社です。


フォードブランドだけでなく、リンカーンマスタングなども展開しています。
実は、フォードは数多くのブランドをもっていました。
しかし、2000年代にはいると経営不振となったため、「ジャガー」や「ランドローバー」、「マツダ」などのブランドを手放しています。
2016年には日本から撤退しています。
ブランドも地域も絞って、”選択と集中”を徹底しています。


フォードといえば、”自動車王ヘンリー・フォード”ですね。
ヘンリー・フォードは、フォード・モーターの創業者です。
実は、フォード氏はフォード社を設立するまでに、2度も自動車会社を倒産させており、かなりの苦労人です。

フォード T型
1903年にフォード・モーターが設立された当時、自動車は高価で庶民の手に届く代物ではありませんでした。
高価だった自動車を”庶民でも買えるものにした”のは、フォード氏です。

フォードは、自動車の生産体制を徹底的に合理化しました。
まず、生産する自動車をシンプルな構造の”T型フォード”のみにします。
そして、ベルトコンベアーに自動車をのせ、各場所に配置された従業員に延々と同じ作業をさせます。
そうすることで、自動車の製造時間を短縮し、大量生産が可能になりました。
フォードは、ベルトコンベアによる生産方式を食肉加工工場を見て、思いついたそうです。
こうして価格の下がった自動車は、庶民の手が届く製品となり、主要な移動手段となりました。


よく誤解している人がいますが、フォードは自動車を発明したわけではありません
フォードの功績は、お金持ちしか持つことをできなかった自動車を大量生産によって、大衆の手に届く値段まで下げたことです。
ちなみに、ガソリン車を発明したのはドイツ人のゴットリープ・ダイムラー氏もしくはドイツ人のカール・ベンツといわれています。
ガソリン車の発明はドイツの手でおこなわれ、大量生産はアメリカのフォードによっておこなわれたことになります。


2017年度の自動車メーカーの販売台数のランキングは以下の通りです。
フォード・モーターは世界第6位でした(2017年通期)。
販売台数は『MOBY』の『自動車メーカー販売台数ランキング(世界シェア2017-18年最新版)』の記事から引用しました。

順位 企業名 販売台数
第1位 フォルクスワーゲン 1,074.2万台
第2位 ルノー・日産・三菱連合 1,060.8万台
第3位 トヨタ自動車 1,038.6万台
第4位 GM 960万台
第5位 現代・起亜 725.1万台
第6位 フォード 660.7万台
第7位 ホンダ 518.8万台
第8位 フィアット・クライスラー 474万台
第9位 PSA 363.2万台
第10位 ダイムラー 327.4万台

ランキングをみると、フォードの立ち位置はちょっと微妙ですね。
どこかの企業との連携を発表するかもしれませんね。

直近の決算

2019年7月24日(水)の引け後、フォードが2019年第2四半期の決算を発表しました。

売上高
…388億53百万ドル(前年同期比0.2%減)
純利益
…1億48百万ドル(前年同期比86.1%減)
EPS
…0.32ドル

市場予想は、売上高350億70百万ドル EPS 0.31ドルだったので、予想を上回る内容でした。
グローバル販売台数は9%減となりました。
欧州や南米のリストラ費用がかさみ、大きな減益決算でした。
決算を受けて、株価は時間外で-5.8%で推移しています。
フォード 米国株 決算

直近の株価

直近1年間の株価チャートをS&P500と比較しました(2019年7月24日終値)。
フォード株価:-1.8%
S&P500指数:+5.6%
フォード 米国株 株価チャート
(青色:フォードの株価赤色:S&P500)

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

自動車
…1,456億53百万ドル
金融サービス
…111億13百万ドル
その他
…10百万ドル

フォード 決算

地域別の売上高

地域別の売上高はこちらです(2017年通期)。

米国 938億44百万ドル
英国 96億19百万ドル
カナダ 105億80百万ドル
ドイツ 72億65百万ドル
その他 354億68百万ドル

フォード 決算

決算

フォード 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

フォードは、”自動車王ヘンリー・フォード”が創業した企業
ブランドと地域を絞って事業展開している
フォードは、庶民にも手が届く自動車を開発した初の企業
2000年代に入り、経営不振のためジャガーやランドローバーは手放す

フォード・モーターは、世界第6位の自動車会社です。
数多くのブランドや地域で事業展開していましたが、ここ数年間で地域もブランドもしぼって集中的に展開するようになりました。
昔のような勢いはありませんが、”フォード”や”ジャガー”、”ランドローバー”などのブランド力は健在です。

関連資料

フォードモーター:『公式HP』
フォードモーター:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、米国株についての情報を提供しています。

過去の決算

2019年第1四半期の決算

2019年4月25日(木)の引け後、フォードは2019年第1四半期の決算を発表しました。

売上高
…403億42百万ドル(前年同期比3.9%減)
純利益
…11億46百万ドル(前年同期比34.0%減)
EPS
…0.44ドル

市場予想は、売上高370億80百万ドル EPS 0.27ドルだったので、予想を上回る内容でした。
決算を受けて、株価は時間外で+7.0%程度で推移しています。
フォード 米国株 決算

2018年第4四半期の決算

2019年1月23日(水)の引け後、フォード・モーターは2018年第4四半期の決算を発表しました。

売上高
…418億ドル(前年同期比1.2%増)
純損失
…1億ドルの赤字(前年同期は25億ドルの赤字)
EPS
…0.30ドル

市場予想は 売上高370億10百万ドル EPS 0.32ドルだったので、まちまちの内容でした。
決算を受けて、株価は時間外で特に動いていません。
フォード 決算

2018年第3四半期の決算(2018/10/26 更新)

フォード・モーターは引け後、第3四半期の決算を発表しました。

売上高 376億6,600万ドル(前年同期比3.3%増)
純利益 9億9,100万ドル(前年同期比37.0%減)
EPS 0.29ドル

市場予想は 売上高333億ドル EPS 0.28ドルだったので、予想を上回る内容でした。
北米でのピックアップトラックやSUVの販売が好調でした。
一方、中国の販売台数が5割落ち込んでいることが気になりますね。
フォード 決算