米国株

JPモルガンチェース(JPM)の株価・見通し・決算情報

JPモルガン(JPM)とは


JPモルガン(JPM)は、2000年に投資銀行のJPモルガン(J.P.Morgan)と商業銀行のJPモルガン・チェース銀行(JPMorgan Chase Bank)が合併して誕生した企業です。
2004年にバンク・ワンを買収しました。
現在のCEOのジェイミー・ダイモン氏は、当時バンク・ワンのCEOでした。
その後、2008年にベア・スターンズやワシントン・ミューチュアルを買収して拡大し続けています。
現在、米国内で時価総額最大の銀行になります。
ちなみにモルガン・スタンレーと元々は同じ会社でしたが、1933年に成立したグラス・スティーガル法により1935年に分離しました。

直近の決算(2018/10/13 更新)

昨晩の寄付き前、JPモルガンが第3四半期の決算を発表しました。
売上高272億60百万ドル(前年同期比6.6%増)、純利益83億80百万ドル(前年同期比24.5%増)、EPS 2.34ドルでした。
市場予想は 売上高275億ドル EPS 2.25ドルだったので、まちまちの決算内容でした。
決算を受けて、株価は-1.09%で引けました。
JPモルガン 決算

直近の株価(2018/10/07 更新)

直近6カ月間のJPモルガン株の推移です。
株価チャート
(直近6カ月間のJPモルガンの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
JPモルガン株価:+3.8%、S&P500:+11.0%となっています。
株価の比較チャート
(直近6カ月間の株価チャート)
※青色:JPモルガン株、赤色:S&P500

事業


事業別売上高をみると…
・利息収入は500億97百万ドル
・利息収入以外は495億27百万ドル
となっています(2017年通期)。

利息収入以外(Noninterest)の数字をみると…
・投資銀行手数料(Investment banking fees)72億48百万ドル
・自己売買(Principal transactions)113億47百万ドル
・貸付やデポジットに関連した手数料(Lending – and deposit – related fees)59億33百万ドル
・資産運用管理の手数料(Aseet mannagement, administration and commissions)153億77百万ドル
・有価証券の利益(Securities gains)-66百万ドル、モーゲージ関係の収入(Mortgage fees and related income)16億16百万ドル
・カード収入(Card income)44億33百万ドル
・その他収入(Other income)36億39百万ドル
となりました(2017年通期)。


JPモルガン(JP Morgan Chase) 決算有価証券の利益(Securities gains)はマイナスのため、考慮していません。

地域別売上高

地域別売上高をみると…
・北アメリカ(North America) 773億99百万ドル
・欧州/中東/アフリカ(Europe/Middle East/Africa) 144億26百万ドル
・アジア/太平洋(Asia/Pacific) 58億5百万ドル
・ラテンアメリカ/カリブ諸国(Latin America/Caribbean) 19億94百万ドル
となりました(2017年通期)。

JPモルガン(JP Morgan Chase) 決算

歴史


JPモルガンの初期の歴史は、モルガン家の歴史です。
モルガン家は、南北戦争では北部に、普仏戦争ではフランスに、資金を調達して大きく儲けました。
その後も、エジソンが代表をつとめるゼネラル・エレクトリック社の設立やUSスチールの設立などを通じて、アメリカに多大な貢献をしました。
ただ独占的な地位に批判が集まり、JPモルガンとモルガンスタンレーに分割されていましました。
ジョン・モルガン氏が死去した際に、ウォール街は半旗を掲揚するなどジョン・モルガン氏の功績に敬意を示しました。

ダイモンCEO

JPモルガン(JP Morgan Chase) ダイモンCEO
JPモルガンのCEOはジェームズ・ダイモン氏です。
2000年に商業銀行のバンク・ワンのCEOになりましたが、2004年にJPモルガンがバンク・ワンを買収したため、JPモルガンのCOOになりました。
その後、2005年にJPモルガンのCEOに着任して現在まで続けています。
毎年高い報酬をもらっていることでも有名です。
データ企業エクイラー(Equilar)が「2017年最も高額報酬を得たCEO」を発表しましたが、JPモルガンのジェームズ・ダイモン氏は2720万ドルで25位でした。
ちなみに1位はチャーター・コミュニケーションズのトーマス・ラトリッジ氏で、9801万ドルでした。

これからのJPモルガン


2017年10月、JPモルガンは「フィン・バイ・チェース」という若者向けのスマホアプリを発表しました。
口座開設や小切手発行だけでなく、お金の使い道を分析する家計簿機能や一定額を貯蓄に回す機能もあります。
出費の感想を絵文字で表すことができるなど、若者世代を取り込む工夫がみえますね。
アメリカの銀行では完全無人の支店もあるくらいなので、急速にデジタル化をすすめており、今後銀行業務はどんどん最新技術に置き換わっていくと思います。

過去の出来事

JPモルガンが株式手数料を無料に!(2018/08/22 更新)


JPモルガンは、来週から無料で株式取引ができるアプリの提供を開始すると発表しました。
JPモルガンのオンラインユーザーは4,700万人いるので、金融業界への影響は大きいです。
このニュースを受けても株価の反応は鈍く、株価は+0.61%で引けています。

JPモルガン(JP Morgan Chase)
JPモルガンが株式手数料を無料に!JPモルガン・チェースは、来週から無料で株式取引ができるアプリの提供を始めると発表しました。米国ではRobinhoodのような無料で株式取引をするツールが人気となっています。...

過去の決算

2018年第2四半期の決算(2018/07/14 更新)

昨晩、JPモルガンは第2四半期の決算を発表しました。
・売上高277億5,300万ドル(前期比7.9%増)
・純利益83億1,600万ドル(前期比18.3%増)
・EPS 2.29ドルでした。
市場予想では、売上高273億60百万ドル EPS2.22ドルだったため、市場予想を上回る良い内容の決算でした。
好決算でしたが、『利益確定』で売られたため、結局-0.46%で引けています。
JPモルガン(JP Morgan Chase) 決算

2018年第1四半期の決算(2018/04/14 更新)

JPモルガン(JP Morgan Chase) 株価
(直近5日間のJPモルガンの株価チャート)

昨晩の寄付き前、JPモルガンは第1四半期の決算を発表しました。
売上高279億700万ドル(前年同期比11.9%増)、純利益87億1,200万ドル(前年同期比35.1%増)、1株あたり利益2.37ドル(予想2.28ドル)でした。
純利益は過去最高でした。
年末に成立した税制改革法のおかげで、業績には大きくプラスでした。
JPモルガン(JP Morgan Chase) 決算

決算(通期)

2018年は3回、政策金利が引きあがる可能性があるので、業績は期待してもいいかもしれませんね。
リーマン・ショック後は、デリバティブで稼ぐことが難しくなったので、新たな収益の柱を模索しています。

JPモルガン(JP Morgan Chase) 決算

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ