未分類

インテル(INTC)の株価・見通し・決算情報

インテル(Intel)とは

インテル 株価 見通し
インテル(Intel)
は、パソコンのCPUなどで圧倒的なシェアをもっている半導体メーカーです。
ロバート・ノイス氏や『ムーアの法則』で知られるゴードン・ムーア氏らで設立された企業です。
インテルは、設計から製造、販売まで一貫して自社でおこなっています。
水平分業する企業が多い中で、自社でまかなっているインテルは異色ですね。

マイクロソフトの“Windows”とインテル製のCPUが搭載されたパソコンは、『ウィンテル』として30年以上にわたって世界中のパソコン市場を席捲しました。
ただ、パソコンの次の主戦場となったスマホでは、クアルコム(米国)やアーム(英国)に敗れ、業績は頭打ち状態となっています。


パソコン向け半導体のイメージが強いインテルですが、IoTやデータセンター、フラッシュメモリーを重要な事業と定義しています。
これまでインテルを引っ張ってきたのはパソコン向け半導体です。
今後は、PC以外の事業に注力していくようです。
直近でも、大きなM&Aを積極的に展開しています。

・2015年6月、アルテラを167億ドルで買収
・2017年3月、モービルアイを153億ドルで買収


インテルは、“脱”パソコン関連ビジネスを掲げています。
2017年3月、インテルはイスラエルのモービルアイを153億ドルで買収しました。
モービルアイは、「EyeQ」というADS(先進運転支援システム)用の車載画像認識チップが主力製品になります。
「EyeQ」は日産の“プロパイロット”にも採用されるなど、高い技術力が評価されています。

2018年4月、ブルームバーグは“アップルがMacに搭載する半導体について、自社製の半導体に切り替えることを計画している”と報じました。
アップルなどの世界的なメーカーは、今まで製品の心臓部にあたるチップの設計や製造をインテルなどの企業に外注してきました。
しかし、今後は“差別化をするために、世界的なメーカーは半導体などの心臓部品の内製化”をすすめていくのかもしれません。
インテルのような企業には、長期的に逆風にさらされていくかもしれませんね。
ブルームバーグによると、自社製への切り替えは早ければ2020年に開始するそうです。

直近の決算(2019/01/25 更新)

2019年1月24日(木)の引け後、インテルが2018年第4四半期の決算を発表しました。

売上高
…186億57百万ドル(前年同期比9.4%増)
純利益
…51億95百万ドル(前年同期は6億87百万ドルの赤字)
EPS
…1.28ドル

市場予想は 売上高190億10百万ドル EPS 1.22ドルだったので、まちまちの内容でした。
売上高が市場予想を下回ったことと、発表された業績見通しが予想を下回ったため、株価は時間外で-7.0%と大きく下落しています。
まだ新しいCEOが就任しておらず、空席の状態が約7ヶ月続いています。
インテル 決算

直近の株価(2019/01/25 更新)

直近1年間の株価チャートはこちらです。
インテル 株価チャート
(青色:インテルの株価赤色:S&P500)

事業


事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

クライアントコンピュータ・グループ 340億3百万ドル
データセンタ 190億64百万ドル
Internet of Things(IoT) 31億69百万ドル
不揮発性メモリソリューションズグループ 35億20百万ドル
プログラマブル・ソリューションズ 19億2百万ドル

インテル(Intel) 決算

クライアントコンピュータ

クライアントコンピュータ(Client Computing Group)事業では、パソコンやさまざまな端末のマイクロプロセッサやあらゆる機器などを展開しています。
インテルのコア事業です。
パソコン向け半導体の売上などが計上されています。

データセンター

データセンター(Data Center)事業は、インテルが今後力を入れていくと発表している事業の1つです。
データセンターとは、企業やクラウドを提供している企業などが建設するサーバーを格納する建物のことです。
スマホやクラウドの普及に伴ってデータセンターの受容は拡大していますね。

IoT

いわゆる『Internet of Things』で、インテルが今後力を入れていくことを公言している事業です。
自動運転やスマートシティーの売上が計上されています。

不揮発性メモリソリューションズグループ

不揮発性メモリ(Non-Volatile Memory)とは、電機が流れていなくても記憶しておけるメモリの総称のことをいいます。
NANDフラッシュメモリの売上が計上されています。

プログラマブル・ソリューションズ

プログラマブル・ソリューションズ(Programmable Solutions Group)事業では、通信やデータセンター、軍事、自動車などの幅広い市場向けのプログラマブル半導体を提供しています。
プログラマブルとは、プログラムによって動作を制御できるハードウェアのことをいいます。

地域別の売上高

地域別売上高はこちらです(2017年通期)。

中国(香港含む) 147億96百万ドル
シンガポール 142億85百万ドル
アメリカ 125億43百万ドル
台湾 105億18百万ドル
その他地域 106億19百万ドル

中国とシンガポールと台湾の3ヵ国で売上高は63.2%に達しています。
海外売上高がかなり高いので、為替によって業績は大きく振れてしまいます。

インテル(Intel) 決算

決算

インテル(Intel) 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

・インテルは、PC向け半導体で圧倒的なシェアをもつ
・スマホ向けの半導体では、惨敗
・PC以外の事業に積極的に買収を仕掛けている
・アップルなどは、半導体を内製化しようとしている

インテル(Intel)は、パソコンのCPUなどで圧倒的なシェアをもっている半導体メーカーです。
マイクロソフトと組んだ”ウィンテル連合”で、世界中の半導体市場を席捲することに成功しました。
スマホ市場では上手く適応できませんでしたが、”スマホの次”の市場は取りに行きたいところですね。

関連資料

インテル:『公式HP』
インテル:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2018年の第3四半期の決算(2018/10/26更新)

インテルは引け後、第3四半期の決算を発表しました。
・売上高191億6,300万ドル(前年同期比18.7%増)
・純利益63億9,800万ドル(前年同期比41.7%増)
・EPS 1.40ドル

市場予想は、売上高 181億10百万ドル EPS 1.15ドルだったので、予想を上回る内容でした。
好調な決算を受けて、株価はアフターマーケットで+4.4%程度で推移しています。
インテル 決算
利益率の高いデーターセンターが好調だったのは、かなりの好材料です。
インテルは通期の業績予想も引き上げています。
売上高予想を695億ドル⇒712億ドル
EPS予想を4.10ドル⇒4.52ドル
インテル 決算

2018年第2四半期の決算(2018/07/27更新)

インテルが引け後、第2四半期の決算を発表しました。
・売上高169億62百万ドル(前年同期比14.9%増)
・純利益50億6百万ドル(前年同期比78.3%増)
・EPS 1.04ドル

市場予想は、売上高167億60百万ドル EPS 0.96ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
しかし、データセンター向け事業の売上高が市場予想を下回ったため、時間外で株価は-6%程度で推移しています。
インテルは、最も重要なデータセンター向け事業でつまづいたことになります。
インテル(Intel) 決算

2018年第1四半期の決算(2018/04/27 更新)

インテルが第1四半期の決算を発表しました。
・売上高160億6,600万ドル(前期比8.6%増)
・純利益44億5,400万ドル(前期比50.3%増)
・EPS 0.87ドル

市場予想では売上高150億5,000万ドル、EPS 0.72ドルとなっており、売上もEPSも市場予想を上回りました。
この決算を受けて、アフターマーケットで+4.6%程度で推移しています。
インテル(Intel) 決算

次回の第2四半期の決算と2018年通期の決算の予想を引き上げるなど、会社側は強気の数字を出しています。
インテル(Intel) 決算