米国株

エヌビディア(NVDA)の株価・見通し・決算情報

エヌビディア(NVIDIA)とは

エヌビディア 株価 見通し
エヌビディア(NVIDIA)は、高速で画像処理や演算処理をおこなうGPUという半導体を提供している企業です。
エヌビディアの事業は、ゲームやビジュアライズ、データセンター、自動運転などを展開しています。
自動運転や仮想通貨関連で話題になることの多いエヌビディアですが、現在の業績をみると、売上の半分を占めているのはゲーム事業です。
エヌビディア 事業

提供している製品は以下の通りです。

GeForce
…PC向けのグラフィックプロセッサ
Quadro
…業務向けソフトウェアの高速処理をおこないます
Tesla
…データセンター向けのプラットフォーム
Tegra
…モバイル向けのプラットフォーム

エヌビディアは、コンピュータの画像処理や演算処理の高速化に必要なGPU関連の製品を数多く提供しています。
エヌビディア

コンピュータの演算処理をおこなうプロセッサには、CPUとGPUの2種類があります。
CPUもGPUもパソコンを機能させるために必要な計算処理をおこなうという点では同じです。
CPUはコンピューター全体の計算処理ができるのに対して、GPUは3Dグラフィックスなどの計算処理しかできません。
しかし、GPUはCPUの10倍~100倍以上の計算速度の能力があります。
実は最新のゲームはインテルのCPUの性能で捌くことができないため、エヌビディアかAMDのGPUを使うしかありません。
下の図の通り、さらにGPUの性能は伸びています。
パソコンを機能させるために、CPUもGPUも必要ですが、今後GPUの活躍の幅の方が広がっていくことが予想されます。
GPUパフォーマンス


現在、GPUはゲーム業界にはなくてはならない技術となっています。
インテルのCPUでは、最新のゲームはなめらかに動作しません。
任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」にもGPUは搭載されています。
上の動画を見ても分かる通り、最近のゲームは3Dというより実写ですね。
エヌビディア

エヌビディアのGPUは高速で演算処理できるので、自動運転やAI、ディープラーニングにも活用されています。
自動運転では、ベンツやBMW、テスラ、トヨタ、ホンダ、アウディ、ダイムラーなどと提携しています。
エヌビディア

エヌビディアは急成長している企業ですが、下の図の通り高い利益率を計上しています。
営業利益率は33%となっており、高い利益率を計上しながら成長しています。
エヌビディア

現在のエヌビディアの業績は、圧倒的にゲーム事業であげています。
“自動運転”や”仮想通貨”関連で話題になることの多いエヌビディアですが、業績をみる限りまだまだですね。
ビットコイン価格が低いうちは、仮想通貨関連の製品がエヌビディアの主力製品に育つ可能性は低そうです。

直近の決算

2019年5月16日(木)の引け後、エヌビディアが2020年第1四半期の決算を発表しました。

売上高
…22億20百万ドル(前年同期比30.8%減)
純利益
…3億94百万ドル(前年同期比68.3%減)
EPS
…0.88ドル

市場予想は、売上高22億ドル EPS 0.79ドルだったので、予想を上回る内容でした。
ゲーム向けGPUの販売は39%減でしたが、CEOはゲーム向けGPUについて自信を示しています。
決算を受けて、株価は時間外で一時急騰しましたが、現在は時間外で+1.6%程度で推移しています。
エヌビディア 米国株 決算

直近の株価

直近1年間の株価チャートをS&P500と比較しました(2019年5月16日終値)。
エヌビディア株価…-35.3%
S&P500指数…+5.7%
エヌビディア 米国株 株価チャート
(青色:エヌビディアの株価赤色:S&P500)

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2018年1月期)。

ゲーミング事業
…55億13百万ドル
プロフェッショナル・ビジュアライゼイション事業
…9億34百万ドル
データセンター事業
…19億32百万ドル
自動車事業
…5億58百万ドル
OEM&IP事業
…7億77百万ドル

エヌビディア(NVIDIA) 決算

製品別売上高

製品別の売上高はこちらです(2018年通期)。

GPU
…81億37百万ドル
Tegra Processor
…15億34百万ドル
その他製品
…43百万ドル

エヌビディア(NVIDIA) 決算

地域別の売上高

地域別の売上高はこちらです(2018年通期)。

台湾
…29億91百万ドル
その他アジア太平洋地域
…20億66百万ドル
中国
…18億96百万ドル
米国
…12億74百万ドル
欧州
…7億68百万ドル
その他アメリカ地域
…7億19百万ドル

エヌビディア(NVIDIA) 決算

決算

エヌビディア(NVIDIA) 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

・エヌビディアは、画像処理や演算処理をおこなうGPUを提供しています
・現在の業績では、半分以上がゲーム関連の製品で占められています
・GPUの処理能力を使って、自動運転や仮想通貨関連の製品も提供している

エヌビディア(NVIDIA)は、高速で画像処理や演算処理をおこなうGPUという半導体を提供している企業です。
自動運転の開発をしている自動車会社は、どの会社もエヌビディアのGPUを使っています。
自動運転では、ベンツやBMW、テスラ、トヨタ、ホンダ、アウディ、ダイムラーなどと提携しています。
どの企業が自動運転でトップになったとしても、エヌビディアの活躍の場が広がりそうですね。

関連資料

エヌビディア:『公式HP』
エヌビディア:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2019年第4四半期の決算

2019年2月14日(木)の引け後、エヌビディアが2019年第4四半期の決算を発表しました。

・売上高
…22億5百万ドル(前年同期比24.3%減)
・純利益
…5億67百万ドル(前年同期比49.3%減)
・EPS
…0.80ドル

市場予想は、売上高23億20百万ドル、EPS 0.91ドルだったので、まちまちの内容でした。
もともと売上高の見通しを下方修正している中で、そこそこの内容の数字を発表したので株価は時間外で+7.8%程度で推移しています。
エヌビディア 決算

2019年第3四半期の決算(2018/11/16 更新)

エヌビディアは引け後に、第3四半期の決算を発表しました。
・売上高 31億8,100万ドル(前年同期比20.7%増)
・純利益 12億3,000万ドル(前年同期比46.8%増)
・EPS 1.84ドル

市場予想は 売上高32億40百万ドル EPS1.71ドルだったので、まちまちでした。
次回の決算の見通しが、売上高も利益も予想を下回る内容だったので、株価は-18%と急落しています。

今回の決算で嫌気されたのは、次回の決算の見通しです。
エヌビディアは、次回の決算の売上高を27億ドル±2%と発表しています。
※要は26億4,600万ドル~27億5,400万ドル
市場予想を下回る内容となり、利益率も下がる見通しです。
エヌビディア 見通し

2019年第2四半期の決算(2018/08/17 更新)

エヌビディアは引け後、第2四半期の決算を発表しました。
・売上高31億2,300万ドル(前年同期比40.0%増)
・純利益11億100万ドル(前年同期比88.9%増)
・EPS 1.94ドル

市場予想は売上高31億ドル EPS 1.66ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
データセンター向けなどが好調でしたが、仮想通貨向けのGPUの見通しを引き下げたため、株価は時間外で-4%と急落しています。
4144
今回の決算が不調だったのは、仮想通貨向けGPUの販売が急減したからです。
仮想通貨向けGPUの数字が計上されているのは、下の図の赤で囲った部分です。
4145

2019年第1四半期の決算(2018/05/11 更新)

エヌビディアが引け後に第1四半期の決算を発表しました。
・売上高32億700万ドル(前期比65.6%増)
・純利益(前期比2.5倍)
・EPS2.05ドル

市場予想は売上高29億ドル、EPS1.45ドルだったので、予想を上回る内容でした。
しかし決算発表の中で、仮想通貨のマイニング向けの売上高の予想が急減していました。
そのことが嫌気されて、株価はアフターマーケットで下落しています。
エヌビディア(NVIDIA)