米国株

ウォーレン・バフェットのもっている銘柄は?

ウォーレン・バフェットのもっている銘柄は?

7
世界で1番有名な投資家といえばウォーレン・バフェット氏で間違いないと思います。
バフェット氏が経営しているバークシャー・ハサウェイは保有している銘柄を公表しているので、バフェット氏がどの銘柄をもっているかは報告書を確認すれば分かります。
自分で銘柄を選ぶのに悩んでいる人は、“世界一の投資家”といわれているバフェット氏の真似をするのも立派な投資法だと思います。
今回は、ウォーレン・バフェット氏の保有している銘柄をまとめてみました。
※2017年12月期(通期)の決算を参考にしています。

1位 アップル(AAPL)

001673
(直近3カ月間の株価チャート)

バフェットの保有シェアで1番大きいのは「アップル」です。
“ハイテクには投資しない”ことで知られていたバフェット氏ですが、数年前から方針転換してアップルへの投資をすすめてきました。
直近の決算発表の場で、7,500万株追加で取得したことを明らかにしているので、アップルのことが大好きみたいですね。

あわせて読みたい
3522
【アップル(AAPL)】の株価・決算情報・銘柄紹介アップルは、「iPhone」や「iPod」、「iPad」、「Mac」、「Apple Watch」など革新的な製品を次々に発表している会社です。伝説のカリスマ経営者スティーブ・ジョブズが創業した会社です。...

2位 ウェルズ・ファーゴ(WFC)

001674
(直近3カ月間の株価チャート)

ウェルズ・ファーゴは、米国で最大の店舗網をもつ商業銀行です。
いわゆる投資銀行業務を手掛けていない商業銀行なので、手堅い経営として知られています。
2016年には不正営業(勝手に顧客の口座を動かしていた)が発覚したことでイメージに傷がつきましたが、そこまで本業に響いているわけではないですね。
“しっかりと稼いでくれる会社”に投資することが好きなバフェットらしい銘柄ですね。

あわせて読みたい
3634
【ウェルズファーゴ(WFC)】の株価・決算情報・銘柄紹介ウェルズ・ファーゴ(WFC)は、サンフランシスコを拠点とする全米で最も支店数が多い金融機関です。ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイは、ポートフォリオの主力にウェルズ・ファーゴをすえています。...

3位 クラフト・ハインツ(KHC)

001675
(直近3カ月間の株価チャート)

クラフト・ハインツは、2015年にクラフト社とハインツ社が合併して誕生した食品メーカーです。
日本でもクラフト社のチーズやハインツ社のケチャップは、スーパーマーケットで見かけますね。
2017年2月にバフェットは、ユニリーバとの合併を画策しましたが、ユニリーバ側に断られたことで断念しています。
そのためクラフト・ハインツは、今後新しく買収戦略に動く可能性が高いですね。

あわせて読みたい
3643
【クラフトハインツ(KHC)】の株価・決算情報・銘柄紹介クラフト・ハインツ(KHC)は、2015年にクラフト社とハインツ社が合併して誕生した大手加工食品メーカーです。「クラフト」、「ハインツ」、「カプリ・サン」、「クールエイド」、「オスカー・マイヤーズ」などのブランドを展開しています。...

4位 バンク・オブ・アメリカ(BAC)

001676
(直近3カ月間の株価チャート)

バンク・オブ・アメリカは、米国の商業銀行です。
もともとは優良な銀行ですが、2008年9月にメリルリンチを買収した頃から経営がおかしくなります。
バンク・オブ・アメリカのメリルリンチ買収のことを米国では“世紀の失敗”といわれています。
その経営が悪くなったバンク・オブ・アメリカに救いの手をさしのべたのが、バフェット氏です。
バフェット氏は2011年8月、バンク・オブ・アメリカに対し50億ドルの出資をします。
バンクオブ・アメリカは、その後堅実な経営を続けて、直近の決算では過去最高の純利益を計上しています。

あわせて読みたい
3639
【バンクオブアメリカ(BAC)】の株価・決算情報・銘柄紹介バンク・オブ・アメリカ(BAC)は、アメリカを代表する商業銀行です。日本ではバンカメとも呼ばれています。2008年9月、バンク・オブ・アメリカは、政府からの強い要請もあり、経営危機に瀕していたメリルリンチの買収しています。 ...

5位 コカ・コーラ(KO)

001677
(直近3カ月間の株価チャート)

コカ・コーラは、ノンアルコール飲料の世界最大手の企業です。
そもそもバフェットは、1988年に業績が低迷していたコカ・コーラ社の株を買って大儲けしたことで世界的に有名になりました。
圧倒的なブランド力のあるコカ・コーラに目を付けたことは、最も“バフェットらしい”投資ですね。
コカ・コーラ社は会社再編の真っただ中ですが、私は利益率の高い会社として生まれ変わる可能性が高いと思っているので、今後の成長に期待です。

あわせて読みたい
3645
【コカコーラ(KO)】の株価・決算情報・銘柄紹介コカ・コーラ(KO)は、ノンアルコール飲料の世界最大のメーカーです。投資の世界では、ウォーレン・バフェット氏が長年保有している銘柄としても有名です。 ...

6位 アメリカン・エキスプレス(AXP)

001678
(直近3カ月間の株価チャート)

アメリカン・エキスプレスは、世界的なクレジットカードの企業です。
日本ではアメックスと呼ばれることが多いですね。
5大国際カード・ブランドの中でもアメックスのブランド力は突出していますね。
仮想通貨「リップル」と業務提携を発表しているので、新しい決済技術への種まきも欠かしていませんね。

あわせて読みたい
3649
【アメリカンエキスプレス(AXP)】の株価・決算情報・銘柄紹介アメリカン・エキスプレス(American Express)といえば、クレジットカードにおける5大国際ブランドの一角を占めるクレジットカード会社です。アメックスのステータスの高さは5大国際ブランドの中でも突出しています。...

7位 フィリップス66(PSX)

001679
(直近3カ月間の株価チャート)

フィリップス66は、川下部門に強い石油精製会社です。
「CONOCO」や「76」等のガソリンスタンドのブランドをもっている企業としても有名ですね。
業績は原油価格に引っ張られてしまうため、バフェットの銘柄の中でも比較的よく動く銘柄になります。
日本では知名度が低いですが、米国人なら誰もが知っている企業です。

8位 USバンコープ(USB)

001680
(直近3カ月間の株価チャート)

USバンコープは、伝統的な商業銀行です。
バフェットのもっている金融株といえば、ウェルズ・ファーゴやバンク・オブ・アメリカの名前が挙がりますが、USバンコープは負けず劣らない優良な銘柄です。

9位 ムーディーズ(MCO)

001681
(直近3カ月間の株価チャート)

ムーディーズは、S&Pやフィッチとともに並ぶ世界3大格付会社の1つです。
格付ビジネスは、参入障壁が高くコストもそんなにかからないため、高い利益率のビジネスです。
金融危機時の賠償金について米国政府と和解できたため、今後のビジネスに不安はありません。
“圧倒的なブランド力”があり、“楽して稼げるビジネスモデル”をしっかりと構築しているムーディーズは、私もお気に入りの銘柄です。

あわせて読みたい
3650
【ムーディーズ(MCO)】の株価・決算情報・銘柄紹介ムーディーズは、世界市場で約4割のシェアを有する世界第2位の格付会社です。S&Pとフィッチとともに並ぶ世界の3大格付会社の1つです。格付けビジネスは営業利益率の高いビジネスとして有名です。...

10位 バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK)

001682
(直近3カ月間の株価チャート)

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンは、2007年にバンク・オブ・ニューヨークとメロン・フィナンシャルの合併で誕生した金融機関です。