米国株

バンクオブアメリカ(BAC)の株価・見通し・決算情報

バンク・オブ・アメリカ(BAC)とは


バンク・オブ・アメリカ(BAC)は、アメリカを代表する商業銀行です。
1998年、ネーションズバンクはバンク・オブ・アメリカを買収しました。
その際に、ブランド名としてバンク・オブ・アメリカの方が浸透していたので、買収されたバンク・オブ・アメリカの名前を名乗ることに決めています。
合理的なアメリカの銀行らしいですね。

2008年9月、バンクオブアメリカは、政府からの強い要請もあり、経営危機に瀕していたメリルリンチの買収を発表します。
もともとバンク・オブ・アメリカは、当初リーマン・ブラザーズの買収を考えていました。
しかし2008年3月のベア・スターンズのケースと異なり米国政府の支援を受けられないことが明確になると、リーマン・ブラザーズからメリルリンチの買収に鞍替えしました。
このメリルリンチの買収が『世紀の大失敗』で、バンク・オブ・アメリカの経営自体が危機的な状況になります。
そのため、バフェットの経営するバークシャー・ハサウェイに50億ドルの出資をしてもらい、助けてもらう羽目に陥りました。

直近の決算(2018/10/16更新)

株価の比較チャート
(直近5日間の株価チャート)
※青色:バンク・オブ・アメリカ、赤色:S&P500

昨晩の寄付き前、バンク・オブ・アメリカが第3四半期の決算を発表しました。
・売上高227億77百万ドル(前年同期比4.3%増)
・純利益71億67百万ドル(前年同期比32.1%増)
・EPS 0.66ドル
…でした。
市場予想は 売上高227億ドル EPS 0.62ドルだったので、予想を上回る内容でした。
バンク・オブ・アメリカ 決算

ただし、中身をみると好材料と悪材料が混ざっているようですね。
・投資銀行部門の手数料が前年同期比18%減
・トレーディング収入3%減
・利ザヤが2.42%
・固定費が削減して利益が増加
結局、株価は-1.90%で引けています。
株価が下がるほどの内容ではなかったと思いますが、全体に押されたようですね。

直近の株価(2018/10/07 更新)

直近6カ月間のバンク・オブ・アメリカ株の推移です。
株価チャート
(直近6カ月間のバンク・オブ・アメリカの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
バンク・オブ・アメリカ株価:+1.2%、S&P500:+11.0%
株価の比較チャート
(直近6カ月間の株価チャート)
※青色:バンク・オブ・アメリカ、赤色:S&P500

事業


事業は…
・利息収入(Net interest income)
・利息収入以外(Noninterest income)
となっています(2017年通期)。

1

利息収入以外(Noninterest income)の業務別売上高はこちらです。
・カード収入(Card income) 59億2百万ドル
・サービス料(Service charges) 78億18百万ドル
・投資および仲介サービス(Investment and brokerage services) 132億81百万ドル
・投資銀行収入(Investment banking income) 60億11百万ドル
・トレーディング収入(Trading account profits) 72億77百万ドル
・住宅ローン収入(Mortgage banking income) 2億24百万ドル
・証券の売却益(Gains on sales of debt securities) 2億55百万ドル
・その他(Other income) 19億17百万ドル
となっています。

2

決算

バンク・オブ・アメリカの業績をみると、直近ようやく回復してきています。
金融危機の際に、メリルリンチを買収した後遺症に苦しみましたがやっと立ち直ってきました。
今後はアメリカの金利引き上げの影響もあり、利鞘の拡大で本業の収益改善が期待できます。

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America) 決算

過去の決算

2018年第2四半期の決算(2018/07/17更新)

昨晩、バンク・オブ・アメリカ(BAC)は第2四半期の決算を発表しました。
売上高226億900万ドル(前期比1.0%減)、純利益67億8,400万ドル(前期比32.9%増)、EPS0.63ドルでした。
市場予想は売上高222億70百万ドル EPS 0.57ドルだったので、市場予想を上回る内容でした。
この決算を受けて、株価は+4.31%で引けています。

2018年第1四半期の決算(2018/04/17 更新)

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America) 株価
(直近3ヶ月間の株価チャート)

昨晩の寄り付き前、バンク・オブ・アメリカは第1四半期の決算を発表しました。
売上高231億2,500万ドル(3.9%増)、純利益69億1,800万ドル(29.6%増)、EPS 0.62ドルとなりました。
純利益は過去最高となっており、昨年末の法人税の減税が大きく業績に寄与しています。
もともと決算期待が高かったので、株価は特に動いていません。
バンク・オブ・アメリカ(Bank of America) 決算

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ