米国株

ムーディーズ(Moody’s)の株価・見通し・決算情報

ムーディーズ(Moody’s)とは

ムーディーズ 株価 見通し
ムーディーズ(Moody’s)は、世界市場で約4割のシェアを有する世界第2位の格付会社です。
格付会社とは、企業からお金をもらってその企業を調査して、債券や金融商品に信用格付をおこなう企業のことです。
ムーディーズは、S&Pフィッチに並ぶ世界の3大格付会社の1社に位置づけられています。


格付ビジネスは、完璧な寡占業界です。
世界第1位のスタンダード&プアーズ(S&P)と第2位のムーディーズと第3位のフィッチを合わせると世界シェアの9割以上を占めています。
格付ビジネスは参入障壁が高いので、なかなか新規参入する企業はあらわれません。
そのため、格付会社は利益率を高く維持しています。

世界的には、格付ビジネスの公平性を問題視する声もあります。
例えば、ムーディーズがトヨタ自動車を格付する場合を考えてみましょう。
格付される側(トヨタ)が、格付する側(ムーディーズ)に報酬(手数料)を支払うことになります。
格付する側(ムーディーズ)にとっては、稼がせてくれる相手(トヨタ)に厳しい格付は付けにくいですね。
そのため、格付けする側(ムーディーズ)が格付けされる側(トヨタ)側に手心を加える可能性があります。


特に格付けビジネスが問題視されたのが、2008年の金融危機時です。
ムーディーズは、金融危機が起こる直前にサブプライムローンが組み込まれている住宅ローンの格付けをAaa格としていました。
米国議会は「金融危機の一端は格付会社が担った」とムーディーズ等の格付会社を批判しました。
この金融危機の際には、世間から猛烈な袋叩きに合いました。
その後、ムーディーズは2017年1月に米司法省とお金を支払うことで和解に至っています。

格付け会社って信用していいの?

私は株についてはアナリストをまったく信頼していません。
しかし、債券についてはいちいち調べるのも面倒なので、格付に頼ることが多いです。

金融危機の際に、ムーディーズやS&P等の格付会社がサブプライムローンに対して甘い格付を連発したことが問題になりました。
ムーディーズは、金融危機が起こる直前にサブプライムローンが組み込まれている住宅ローンの格付けをAaa格(最高格)としていました。

2011年アメリカの金融危機調査委員会(FCIC)は、ムーディーズやS&Pなどの格付け会社が存在していなければ金融危機は起きていなかったと結論付けています。
格付け会社がサブプライム債を格付けする際に、自社の営業を優先させて甘く格付けした可能性はかなり高いですね。
そして、これからも同じことは何度も起きると思います。

ただ、格付け会社を正しく機能させる新しい方法は、思いつかないですね。
わたしは、ムーディーズやS&Pのような格付けを「絶対的なものと見ないで、参考程度」くらいのイメージで見ています。

格付会社によって、格付記号の定義はちがいます。
分かりにくいので、まとめてみました。
ムーディーズの「Aaa~Baa3」格付は、一般的に「投資適格」とされています。
S&Pの「AAA~BBB⁻」格付は、一般的に「投資適格」とされています。

S&P ムーディーズ Fitch R&I 日本格付研究所
AAA Aaa AAA AAA AAA
AA⁺ Aa1 AA⁺ AA⁺ AA⁺
AA Aa2 AA AA AA
AA⁻ Aa3 AA⁻ AA⁻ AA⁻
A⁺ A1 A⁺ A⁺ A⁺
A A2 A A A
A⁻ A3 A⁻ A⁻ A⁻
BBB⁺ Baa1 BBB⁺ BBB⁺ BBB⁺
BBB Baa2 BBB BBB BBB
BBB⁻ Baa3 BBB⁻ BBB⁻ BBB⁻
BB⁺ Ba1 BB⁺ BB⁺ BB⁺
BB Ba2 BB BB BB
BB⁻ Ba3 BB⁻ BB⁻ BB⁻
B⁺ B1 B⁺ B⁺ B⁺
 B B2 B B B
B⁻ B3 B⁻ B⁻ B⁻
CCC⁺ Caa1 CCC⁺ CCC⁺ CCC
CCC Caa2 CCC CCC CC
CCC⁻ Caa3 CCC⁻ CCC⁻ C
CC Ca CC CC D
C C C C
D DDD D
DD
D

直近の決算(2018/10/27 更新)

昨晩の寄付き前、ムーディーズが第3四半期の決算を発表しました。

売上高 10億8,080万ドル(前年同期比1.7%増)
純利益 3億1,020万ドル(前年同期比2.2%減)
EPS 1.69ドル

市場予想は、売上高 11億20百万ドル EPS 1.78ドルだったので、予想を下回る内容でした。
決算を受けて、株価は-8.67%と急落しています。
Moody's 決算

直近の株価(2018/12/17 更新)

直近6カ月間のムーディーズの株価チャートです。
ムーディーズ 株価チャート
(直近6カ月間のムーディーズの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
ムーディーズの株価:-19.28%
S&P500指数:-6.27%
ムーディーズ 株価比較チャート
(青色:ムーディーズの株価赤色:S&P500)

事業

事業内容は「Moody’s Investors Service(MIS)」、「Moody’s Analytics(MA)」で構成されています。
投資家向け資料が公式HPに載っていましたので、ご紹介します。
ムーディーズ(Moody's) 事業

セグメント別の売上高構成比はこちらです。

ムーディーズ(Moody's) 

Moody’s Investors Service(MIS)

ムーディーズ・インベスターズ・サービス事業(MIS)は、売上高の65%を占めているメイン事業です。
MISでは、国債や金融機関、企業などを格付して、格付手数料収入を得ています。
格付け事業は定期的におこなわれるため、安定した事業展開をしています。
ムーディーズの格付は金融市場でかなり重視されるので、社会的に責任重大な事業でもあります。

ムーディーズ(Moody's)

Moody’s Analytics(MA)

ムーディーズ・アナリティクス(MA)は、売上高の35%を占めている事業です。
MAでは、企業の信用分析や信用リスクを測定するソフトウェアなどを提供しています。
2017年8月に、オランダの「ビューロ・ヴァン・ダイク社」を買収したことで、投資分析に磨きをかけています。

ムーディーズ(Moody's)

地域別の売上高

地域別の売上高構成比はこちらです。
ムーディーズ(Moody's)

ムーディーズ(Moody's) 決算

決算

ムーディーズ(Moody's) 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

ムーディーズは、世界第2位の格付会社
格付業界は、S&Pとムーディーズとフィッチの寡占市場
金融危機の際、格付ビジネスは問題視された
寡占市場なので、高い利益率を計上している

ムーディーズ(Moody’s)は、世界第2位の格付会社です。
格付業界は、世界的大手3社による寡占市場です。
そのため、毎年高い利益率を計上している。
金融危機の際、格付会社はかなり批判されましたが、現在ではおさまっているので気にする必要はないと思います。

関連資料

ムーディーズ:『公式HP』
ムーディーズ:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2018年第1四半期の決算(2018/04/28 更新)

ムーディーズが第1四半期の決算を発表しました。

売上高 11億2,670万ドル(市場予想110億ドル)
純利益 3億7,290万ドル
EPS 2.02ドル(市場予想1.8ドル)

内容をみると、売上高もEPSも市場予想を上回る内容です。
ムーディーズ(Moody's) 決算