米国株

ブルーオーシャンを漂う米国株3選!

ブルーオーシャンを漂う米国株3選!

107
私は投資する銘柄を探すときに、”その会社がいかに楽にお金を稼いでいるか”ということを重要視しています。
ネットフリックスやギャップのようなレッドオーシャン(血の海)で戦っている企業はいつ負けるかハラハラするので、長期の投資対象にはしていません。
今回は、ライバルが少なく寡占市場で楽して稼ぐビジネスモデルを確立している米国企業をピックアップしてみました。

ブラックロック(BLK)

1
(直近6カ月間のブラックロックの株価チャート)
ブラックロックは、世界最大の資産運用会社です。
運用業界は、「ブラックロック」と「バンガード」と「ステート・ストリート」の3社だけの寡占業界です。
2017年通期の決算をみると、売上高124億91百万ドル、営業利益52億72百万ドル、純利益49億70百万ドルです。
運用している資産に対する手数料が利益になるため、運用資産が大きい方が有利になります。
直近の決算では、運用資産は6兆3,169億ドルとなっています。
ブラックロックの運用資産は17%増加するなど、順調に運用資産も増えています。

ブラックロックの銘柄紹介はこちらです。

あわせて読みたい
3648
【ブラックロック(BLK)】の株価・決算情報・銘柄紹介ブラックロック(BLK)は、資産運用やアドバイザリー業務を提供している世界最大の会社です。運用業界は、「ブラックロック」や「バンガード」、「ステート・ストリート」の3社だけの寡占状態なので利益率が高いですね。...

ムーディーズ(MCO)

2
(直近6カ月間のムーディーズの株価チャート)
ムーディーズは、世界の3大格付会社の1つです。
格付業界は、「ムーディーズ」と「S&P」と「フィッチ」の3社だけの寡占業界です。
2017年通期の決算をみると、売上高42億4百万ドル、営業利益18億9百万ドル、純利益10億1百万ドルです。
格付ビジネスは参入障壁が非常に高いため、業績は安泰で利益率も高いですね。
サブプライムローンの格付を不当に高く設定していた問題は、2016年に米当局と和解しているので経営に不安材料もないです。

ムーディーズの銘柄紹介はこちらです。

あわせて読みたい
3650
【ムーディーズ(MCO)】の株価・決算情報・銘柄紹介ムーディーズは、世界市場で約4割のシェアを有する世界第2位の格付会社です。S&Pとフィッチとともに並ぶ世界の3大格付会社の1つです。格付けビジネスは営業利益率の高いビジネスとして有名です。...

ビザ(V)

3
(直近6カ月間のビザの株価チャート)
ビザは、クレジットカードの電子決済サービスの世界最大手の会社です。
クレジットカードの大手の会社といえば、「ビザ」と「マスターカード」と「アメックス」の3社くらいしか思い当たりませんね。
ビザの強みは、決済システムを提供しているだけで金融リスクを提携先に押し付けていることです。
そのためカードで貸し倒れが起きてもビザがダメージを負うことはありません。
安心して稼げるビジネスモデルになっているため、利益率が非常に高いです。

ビザの銘柄紹介はこちらです。

あわせて読みたい
3656
【ビザ(V)】の株価・決算情報・銘柄紹介ビザ(V)はクレジットカードをはじめとする電子決済サービスの世界最大手の会社です。ビザは、カードの発行元の金融機関に決済ネットワークと決済処理システムを提供して、利用状況に応じて決済手数料収入とライセンスフィーをとっています。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へ