セレクション

米国最強の外食銘柄3社をピックアップ!

米国株 外食
今回の記事では、”優れたビジネスモデルを構築している米国の外食企業”を3銘柄ピックアップしました。
下の3銘柄は、いずれも独自のビジネスモデルを構築しています。

今回の記事では、米国を代表する外食銘柄を解説しています。
「米国の外食銘柄に投資したい!」という方は、ぜひチェックしてください。

米国最強の外食銘柄とは

米国と日本を代表する外食企業の時価総額を比較しました。
マクドナルドとスターバックスの時価総額は、圧倒的ですね。
日本の外食企業と比較すると、比べものにならないことが分かります。

~米国を代表する外食企業の時価総額~

マクドナルド
…1,357億26百万ドル(2019/01/02 終値)
14兆7,941億円(109円換算)

スターバックス
…797億95百万ドル(2019/01/02 終値)
8兆6,976億円(109円換算)

シェイクシャック
…13億8百万ドル(2019/01/02 終値)
1,425億72百万円(109円換算)

~日本を代表する外食企業の時価総額~

日本マクドナルド
6195億94百万円(2018/12/28 終値)

ゼンショー
3980億44百万円(2018/12/28 終値)

すかいらーく
3419億40百万円(2018/12/28 終値)

米国の外食企業の株価チャートを一覧にしました。
※シェイクシャックは2015年の上場なので、省略しました。
米国 外食企業 株価
(直近5年間の株価チャート)

株価をみると、相場全体を上回るパフォーマンスとなっています。
・Mcdonald’s…+83.8%(青色)
・Starbucks…+65.6%(赤色)
・S&P500…+36.2%(黒)
・日経平均…+25.8%(紫色)

マクドナルド

マクドナルド
マクドナルド(McDonald’s)は、世界最大のハンバーガー・チェーンを展開している企業です。
今回取り上げているのは、米国のマクドナルドです。
日本マクドナルドは米国のマクドナルドにお金を支払うことで、”マクドナルド”ブランドのハンバーガーを提供することができています。
投資するなら、米国のマクドナルドの方がおすすめですね。

マクドナルド 株価 見通し
マクドナルドの株価・見通し・決算情報マクドナルド(MCD)の紹介記事です。マクドナルド(McDonald's)の株価やチャート、決算、配当について記事にしました。日本ではなく、米国のマクドナルドです。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

映画「ファウンダー」をチェック!


マクドナルドの経営は非常に安定しています。
実は、マクドナルドの収益の大部分は”フランチャイズ収入”です。
マクドナルドの経営について細かく知りたい人は、上の動画の『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を観てください。
映画の中でも、”マクドナルドはハンバーガーチェーンではなく、不動産オーナー”という言葉がでてきます。
マクドナルドはフランチャイズを上手に活用することで、安定した経営を実現しています。

自動化に注力


マクドナルドは、自動注文端末機をそなえた新型店舗へ改装をすすめています。
自動注文端末機では、大型のタッチパネルで簡単に注文することができます。
今後、マクドナルドは自動注文端末機を活用することで、従業員を減らしていく方針です。
そのため、将来的にマクドナルドの利益率は大きく改善していくと思います。

スターバックス

スターバックス 株価 見通し
スターバックス(Starbucks)は、世界60ヵ国以上の国と地域でコーヒー店を展開している企業です。
”ただコーヒーを提供するのではなく、自宅でも職場でもない第3の場所(サードプレイス)を提供する”というビジネスモデルは、世界中で真似されています。
ちなみに、かつて日本でも”スターバックス・ジャパン”として上場していましたが、現在では上場廃止となっています。

スターバックス 株価 見通し
スターバックス(Starbucks)の株価・見通し・決算情報スターバックス(SBUX)の紹介記事です。スターバックス(Starbucks)の株価やチャート、決算、配当について記事にしました。スターバックスのサードプレイス論は有名ですね。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

サード・プレイスで世界一に


スターバックスは、自宅でも職場でもない『第3の場所(サード・プレイス)』を提供するというビジネスモデルで世界一のコーヒー・チェーンに成長しました。
ただコーヒーを売るのではなく、”店の雰囲気”や”場所”を提供することに注力したビジネスモデルです。
そのため、スターバックスの店内は無料WiFiを提供するなど、非常に居心地が良い空間になっています。

モバイルオーダーが普及するか


2017年11月、スターバックスは”モバイルオーダー&ペイ”経由の注文が1割に達したと発表しました。
上の動画の通り、家を出る際にアプリでコーヒーを注文しておけば、店舗で待つことなくコーヒーを受け取ることができます。
今後、モバイル経由の注文方式が普及していくかに注目ですね。

シェイクシャック

シェイク・シャック 株価 見通し
シェイク・シャック(Shake Shack)は、グルメバーガーで有名なハンバーガー・チェーンです。
アンガスビーフ100%のグルメバーガーは、日本でも大人気ですね。
シェイク・シャックは、マクドナルドやロッテリアなどのファーストフードとはまったく違う戦略をとっています。
出店ペースも緩やかで、質の落として”ただのファーストフードチェーンにはしたくない”という創業者の想いを感じます。

シェイク・シャック 株価 見通し
シェイク・シャック(SHAK)の株価・見通し・決算情報シェイク・シャック(SHAK)の紹介記事です。シェイクシャック(SHAKE SHACK)の株価や見通し、決算、配当について記事にしました。グルメハンバーガーチェーンとして日本でも有名です。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

質の高いグルメバーガー


シェイクシャックの創業者は、高級レストランの経営者です。
そのため、ひとつひとつのメニューに強いこだわりがあります。
ハンバーガーはホルモン剤を使わないアンガスビーフ、フレッシュアイスは砂糖のみを使用するなど、食材を厳しく選定しています。

今回のまとめ

米国株 外食
今回の記事のポイントはこちらです。

マクドナルドとスターバックスの規模は圧倒的
映画「ファウンダー」を観ると、マクドナルド株がよく分かる
マクドナルドは店舗の”自動化”をすすめ、利益率が高くなりそう
スターバックスは”サード・プレイス”戦略で大きく成長
シェイクシャックは、NY発”グルメバーガー”を提供

今回は”優れたビジネスモデルをもつ”外食銘柄を3社ピックアップしました。
マクドナルドとスターバックス、シェイクシャックは、いずれも今後の成長が期待できます。
映画「ファウンダー」を観ると、マクドナルドがどうして”外食世界一”になったのか分かります。

関連資料

マクドナルド:『公式HP』
マクドナルド:『Annual Report』
スターバックス:『公式HP』
スターバックス:『Annual Report』
シェイクシャック:『公式HP』
シェイクシャック:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。