米国株

ビザ(V)の株価・見通し・決算情報

ビザ(Visa)

ビザ(Visa)は、クレジットカードなどの電子決済サービスを提供している世界最大の企業です。
世界最大の決済ネットワークをもっており、世界200ヵ国以上の国と地域で5,400万以上の商店と契約を結んでいます(2018年通期)。
大手クレジットカード会社の大半が、VISAと提携しています。

ビザは、決済ネットワークを提供しています。
あくまで決済ネットワークを提供しているだけで、クレジットカード自体を発行する等はしていません。
具体的には、クレジットカードの発行元に決済ネットワークと決済処理システムを提供しているだけです。
そして利用状況に応じて、決済手数料収入とライセンスフィーをとっています。
ネットワークを提供しているだけなので、高い利益率を毎年のように計上しています。

強固なビジネスモデル

VISAの強みは、”決済システムを提供するだけで、金融リスクを負っていない”ことです。

例えば、楽天のVISAカードのケースを考えてみましょう。
まず、VISAは楽天に自社の決済ネットワークを提供しています。
楽天はVISAの決済システムで取引がおこなわれるたびに、VISAに決済手数料を支払わないといけません。
カードの利用者が代金を支払わなかった場合、責任を負うのは楽天にです。
そのため、ビザは楽天にリスクを負わせたまま、安心して稼げるビジネスモデルとなっています。

ビザの業績(決算)

ビザ(VISA)は、右肩上がりのキレイな決算を発表しています。
クレジットカード決済で、世界最大のシェアを有しているので業績が安定しています。
直近の決算をみても、営業利益率が67.0%とかなり高いです(2019年9月期)。
ビザ 米国株 決算 業績

クレジットカード会社の業績比較

現在、世界的に有名な国際ブランドは下記の3つです。
ビザとマスターカードはクレジットカードの発行をしておらず、決済処理システムのみ提供しています。
アメックスも決済システムを提供していますが、カード発行も自社でおこなっています。
それぞれ特徴があるので、軽くおさえておいたほうが良さそうですね。
ビザ 米国株 マスターカード アメックス

クレジットカード会社の業績比較はこちらです。
3社とも高い利益率を計上しています。
ビザとマスターカードは決済システムを提供しているだけです。
アメックスはクレジットカードの運営もおこなっているので、利益率は低いですね。
ビザ マスターカード アメックス 決算

ビザが1番になった理由

ビザ(VISA)の歴史は、1958年にバンク・オブ・アメリカが『Bank Americard』を発行したときにスタートしています。
1950年には、世界初のクレジットカード会社”ダイナーズクラブ”がすでに設立されています。
そのため、ビザ(VISA)がクレジットカード業界に参入したのは、かなり後発になります。

ビザ 株価 見通し
ビザが最大手のクレジットカード会社になった1番大きな理由は、”安心感”と”決済処理技術”です。
ビザには”バンク・オブ・アメリカ”という大手銀行が後ろ盾になっていたので、ユーザーは安心してサービスを利用することができました。
当時のバンク・オブ・アメリカは、決済技術のシステム化に力を入れていました。
そのため、決済の処理スピードが他社よりも非常に速かったです。
”安心感”と”利便性”が優れていたため、ビザは後発ながらも業界トップの地位までのぼりつめました。

直近の決算

2020年7月28日(火)の引け後、ビザが2020年第3四半期の決算を発表しました。

売上高
…48億37百万ドル(前年同期比17.2%減)
純利益
…23億73百万ドル(前年同期比23.5%減)
EPS
…1.06ドル

市場予想では、売上高48億20百万ドル EPS 1.03ドルだったので、まちまちでした。
決算を受けて、株価は時間外で△1.9%程度で推移しています。
ビザ 米国株 決算 四半期

直近の株価

直近1年間の株価チャートはこちらです(2020年4月27日終値)。
ビザの株価:+5.4%
S&P500指数:-3.5%
ビザ 米国株 株価チャート

直近5年間の株価チャートはこちらです(2020年4月27日終値)。
ビザの株価:+161.2%
S&P500指数:+34.6%
ビザ 米国株 株価チャート

サービス別の売上高

サービス別の売上高はこちらです(2019年9月期)。

サービス
(Service revenues)

…97億ドル(前年同期比8.8%増)
データ処理
(Data processing revenues)

…103億33百万ドル(前年同期比14.5%増)
国際取引
(International transaction revenues)

…78億4百万ドル(前年同期比8.2%増)
その他
(Other revenues)

…13億13百万ドル(前年同期比39.1%増)
インセンティブ
(Client incentives)

…△61億73百万ドル
※Client Incentivesは、円グラフに考慮せず

※サービス売上高は、決済手数料収入
※データ処理は、決済やメンテナンス、サポートに関わる事業
※国際取引事業は、国境をまたぐ決済や為替手数料サービス
ビザ 米国株 決算 売上高

地域別の売上高

地域別の売上高はこちらです(2019年9月期)。

米国(U.S.)
…102億79百万ドル
国際(International)
…126億98百万ドル

ビザ 決算 売上高

決算

ビザ(VISA)の決算(業績)はこちらです(2019年9月期)。

売上高
…229億77百万ドル
純利益
…123億75百万ドル
営業利益率
…67.0%
EPS
…5.32ドル
BPS
…13.26ドル
営業キャッシュフロー
…127億84百万ドル
フリーキャッシュフロー
…120億28百万ドル

売上高・当期利益

ビザ(VISA)は、右肩上がりのキレイな決算を発表してきました。
日本でもキャッシュレス化がすすんでおり、ビザの経営に大きな追い風が吹いています。
(紺色:売上高/赤色:純利益)
ビザ 決算 売上高 純利益

営業利益率

ビザ(VISA)の営業利益率は、67.0%と非常に高いです(2019年9月期)。
クレジットカードで高いシェアをもっているので、経営基盤は万全ですね。
ビザ 米国株 営業利益率

EPS(1株あたりの利益)

ビザ(VISA)のEPS(1株あたりの利益)はこちらです。
直近10年間で、EPSは5倍以上になっています。
ビザ 米国株 1株あたりの利益 EPS

BPS(1株あたりの純資産)

ビザ(VISA)のBPS(1株あたりの純資産)はこちらです。
ビザ 決算 BPS 1株あたりの純資産

営業キャッシュフロー・フリーキャッシュフロー

ビザ(VISA)のキャッシュフローはこちらです。
クレジットカードは、毎年継続的に安定したキャッシュを生んでくれるドル箱ですね。
(青色:営業CF/赤色:フリーCF)
ビザ 米国株 キャッシュフロー CF

1株あたり配当

ビザ(VISA)の1株あたりの配当はこちらです。
順調に増加傾向で、過去10年間で7倍以上となっています。
ビザ 決算 1株あたりの配当 配当金

配当性向

ビザ(VISA)の配当性向はこちらです。
配当性向は、純利益の中から、配当金をどのくらい払っているかを%(パーセンテージ)で表したものです。
ビザ 米国株 配当性向

今回のまとめ

今回の記事のポイントは、こちらです。

・ビザは、電子決済サービスを提供している世界最大の企業
・決済システムを提供するだけで、金融リスクは負っていない
・鉄壁のビジネスモデルが高い利益率を計上している
・カード会社の大半は、ビザと提携している

ビザ(VISA)は、クレジットカードなどの電子決済サービスを提供している世界最大の企業です。
強みは、”決済システムを提供するだけで、金融リスクを負っていない”ことです。
ビザは提携企業にリスクを負わせたまま、安心して稼げるビジネスモデルを構築しています。

過去の決算

2020年第2四半期の決算

2020年4月30日(木)の引け後、ビザが2020年第2四半期の決算を発表しました。

売上高
…58億54百万ドル(前年同期比6.6%増)
純利益
…30億84百万ドル(前年同期比3.6%増)
EPS
…1.39ドル

市場予想では、売上高57億50百万ドル EPS 1.35ドルだったので、予想を上回る内容でした。
ビザは、コロナウイルスの影響を受けて、通年の業績予想を撤回しています。
決算を受けて、株価は時間外で -0.7%程度で推移しています。
ビザ 米国株 決算

2020年第1四半期の決算

2020年1月30日(木)の引け後、ビザが2020年第1四半期の決算を発表しました。

売上高
…60億54百万ドル(前年同期比10.0%増)
純利益
…32億72百万ドル(前年同期比9.9%増)
EPS
…1.46ドル

市場予想では、売上高60億80百万ドル EPS 1.46ドルだったので、まちまちでした。
決算を受けて、株価は時間外で-3.0%程度で推移しています。
ビザ 米国株 決算

2019年第4四半期の決算

2019年10月24日(木)の引け後、ビザが2019年第4四半期の決算を発表しました。

売上高
…61億37百万ドル(前年同期比12.9%増)
純利益
…30億25百万ドル(前年同期比6.3%増)
EPS
…1.47ドル

市場予想では、売上高60億80百万ドル EPS 1.43ドルだったので、予想を上回る内容でした。
決算を受けて、株価は時間外で+0.4%程度で推移しています。
ビザ 米国株 決算

2019年第2四半期の決算

2019年4月24日(水)の引け後、ビザが2019年第2四半期の決算を発表しました。

売上高
…54億94百万ドル(前年同期比8.3%増)
純利益
…29億77百万ドル(前年同期比14.3%増)
EPS
…1.31ドル

市場予想は、売上高54億60百万ドル EPS 1.24ドルだったので、予想を上回る内容でした。
消費額をみると、米国経済は堅調のようですね。
決算を受けても、株価は時間外でほぼ変わらずで推移しています。
ビザ 米国株 決算

2019年第1四半期の決算

2019年1月30日(水)の引け後、ビザは2019年第1四半期の決算を発表しました。

売上高
…55億6百万ドル(前年同期比13.2%増)
純利益
…29億77百万ドル(前年同期比18.0%増)
EPS
…1.30ドル

市場予想は、売上高54億10百万ドル EPS 1.25ドルだったので、まちまちの内容でした。
決算の内容を受けて、株価は時間外で-1.6%程度で推移しています。
ビザ 決算

備考

関連資料

ビザ:『公式HP』
ビザ:『Annual Report』
ビザ:『Morningstar』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、米国株についての情報を提供しています。