特集

ワンタップバイCFDの解説!CFDとは何?コストは?

ワンタップバイ(One Tap BUY)にCFDが登場!

ワンタップバイCFD
ワンタップバイ(One Tap BUY)が、9月8日からCFD取引を開始しました。
あまりCFD取引は一般的でないため、聞いたことのない人もいると思います。
今回はCFDを知らない人に向けて、『ワンタップCFD』の解説記事を書きました。

「まずはワンタップバイ自体について知りたい」という人は下の記事をチェックしてください。

あわせて読みたい
3554
ワンタップバイの解説!メリット・デメリットをまとめましたワンタップバイ(One Tap BUY)は、『3タップで株の売買ができる』証券取引アプリです。日本株の取引ができる『One Tap BUY 日本株』や米国株の取引ができる『One Tap BUY 米国株』が有名ですね。...

ワンタップバイCFDとは

ワンタップバイCFD
ワンタップバイCFD
を説明する前に、CFD取引の説明をします。
CFD取引はあまり一般的でないため、投資に詳しい人以外は知らない人も多そうですね。

CFD(Contract For Difference)とは、差金決済取引とよばれており、売買の差額部分だけを決済する取引のことです。
差額部分だけの取引なので、利益が出たら利益分のみ受取り、損失が出たら損失分のみ支払う形の取引です。
そのため、一般の取引のように株を保有するということがありません。
あくまでも建玉をもつということになります。

建玉とは、取引後に反対売買されないまま残っている未決済分のことです。
保有している建玉は、反対売買により決済して、損益を確定させることになります。
買い建てしている建玉は売る必要があり、売り建てしている建玉は買って決済させる必要があります。
そして、決済して初めて利益or損失が決定します。

あまりCFD取引は普及していませんが、コストも低いため個人投資家でCFD取引している人は多いんじゃないかと思います。

ワンタップバイCFD
ワンタップバイのCFD取引では、10倍のレバレッジをきかせて取引することができます。
レバレッジとは、”てこ”の意味です。
10倍のレバレッジとは、10万円のお金を入れると、100万円分の建玉をたてることができるという意味です。
そのため、手元にお金がなくても大きなお金を動かすことができます。

「手元にお金がなくても大きなお金を動かすことができる」と聞くと、何か怖い話のような気がしますが、ロスカットも設定されているので大きな損がですぎない設計になっています。

ロスカットとは、強制決済のことです。
ワンタップバイでは、ロスカット基準を必要証拠金の80%を下回った場合としています。
よく分からないと思うので、ひとつずつ説明していきます。

例えば、ワンタップバイCFDに100万円の証拠金を入れた場合を考えてみましょう。
ワンタップバイCFDでは、必要証拠金の80%を下回った場合ロスカットされます。
そのため、100万円の証拠金の場合、建玉が20万円の含み損となった場合、ロスカット(強制決済)されることになるので、追加で入金しない限りは強制決済されることになります。

もう1度、ワンタップバイCFDに100万円の証拠金を入れた場合を考えてみましょう。
証拠金が100万円なので20万円含み損をかかえると、ロスカットの対象となります。
必要証拠金が100万円あるので、1,000万円分の建玉をたてることができます。
もし1,000万円分の建玉をたてた場合、20万円の含み損でロスカットの対象となってしまいます。
ロスカットの対象となった場合は、追加で入金するか強制決済するかしなくてはいけません。
そのため、建玉はギリギリまでたてないで、余裕をもってたてる人が多いですね。

ちなみに証拠金維持率は以下の計算式です。
証拠金維持率=(受入証拠金-評価損益)÷必要証拠金×100
上の計算式で80%割り込むと、ロスカットがおこなわれます。

ロスカットが入ると面倒ですが、投資家を保護するための機能でもあるので頭に入れておくようにしましょう。

ワンタップバイCFDの特徴

1万円から取引

ワンタップバイCFDでは、1万円の証拠金を預ければ取引を開始できます。
そのため、1万円から取引ができます。

ほぼ24時間取引できる

ワンタップバイCFD
ワンタップバイのCFDは、ほぼ24時間取引することができます。
・月曜日~金曜日 8:00~翌6:00(通常)
・月曜日~金曜日 7:00~翌5:00(サマータイム)

とにかく簡単にCFD取引ができる

ワンタップバイCFDワンタップバイCFD
ワンタップバイでは、カンタンな操作でCFD取引をすることができます。
しかし、今までのワンタップバイの取引よりもリスクが大きくなっていることは注意しましょう。

取扱銘柄

ワンタップバイCFD
ワンタップバイCFDでは、2種類のみの取扱となります。

日本225

日経225先物を原資産とするCFDです。
一般的な日経225のCFDで、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)に上場しています。

米国500

米国 E-mini S&P500 を原資産とするCFDです。
CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)に上場しています。

手数料は?

ワンタップバイCFDの取引手数料は無料となっています。
しかし、スプレッドが0.2%なので、実質0.2%のコストがかかっています。
さらに『米国500』の取引の場合、損益の計算はドル建てでおこなわれます。
決済後の確定損益を日本円へ交換するための為替手数料(1ドルあたり0.35円)が別途かかります。

取引の方法

ワンタップバイに口座をもっていない人は、「米国株」や「日本株」、「積み株」、「One Tap BUY 10倍CFD」のいずれからのアプリから、口座開設をしてください。
大体口座開設に10日~2週間程度かかります。
その後で「One Tap BUY 10倍CFD」のアプリから申込み後、審査が完了したら取引可能となります。

すでにワンタップバイで口座をもっている人は、「One Tap BUY 10倍CFD」のアプリをダウンロードして、ログインして申し込んでください。
審査が完了したら取引が可能です。

ワンタップバイCFDの使い方は以下の通りです。
ワンタップバイCFD

今回のまとめ

ワンタップバイは、初心者向きの投資サービスのイメージが強いです。
そのワンタップバイにCFDが導入されたと聞いたときは、ちょっと驚きました。

ただ、ワンタップバイを利用しているユーザーは若い人が多いので、すぐにCFDの使い方もマスターすると思います。
手元にお金がなくても大きなお金を動かすことができるCFD取引は、ワンタップユーザーにも合うかもしれませんね。

ワンタップバイの他の記事

あわせて読みたい
3554
ワンタップバイの解説!メリット・デメリットをまとめましたワンタップバイ(One Tap BUY)は、『3タップで株の売買ができる』証券取引アプリです。日本株の取引ができる『One Tap BUY 日本株』や米国株の取引ができる『One Tap BUY 米国株』が有名ですね。...
あわせて読みたい
3537
One Tap BUY(ワンタップバイ)で購入できる日本株30銘柄ワンタップバイ(One Tap BUY)は、「3タップで株の売買ができる」証券取引アプリです。1,000円から株取引ができることもあり、若い世代を中心に人気となっています。...
あわせて読みたい
3554
ワンタップバイで購入できる米国株30銘柄ワンタップバイ(One Tap BUY)は、3タップで株の売買ができる証券取引アプリです。ワンタップバイの米国株(アメリカ株)の銘柄を一覧にしました。1000円から株取引できるので、若い世代を中心に人気となっています。...
あわせて読みたい
3554
ワンタップバイの手数料は高い?低い?今回の記事では、「ワンタップバイの手数料が高いか?低いか?」についてまとめました。ワンタップバイは少額の取引だと手数料が低いですが、高額の取引になればなるほど割高の手数料になります。...
あわせて読みたい
3554
ワンタップバイの積み株とは積み株は、ワンタップバイが提供している積立投資サービスです。 自分で設定したスケジュール通り、定期的に積立してくれます。手数料や配当金、注意事項があるので、チェックしてください。...

投資アプリの記事

あわせて読みたい
finbee 12
フィンビー(finbee)の解説!無料で使える貯金アプリ!フィンビー(finbee)の紹介記事です。フィンビーは、ネストエッグが提供している自動貯金ができるアプリです。Zaimと連携でき、つみたて貯金やおつり貯金ができます。マネフォワードの提供しているしらたまのライバルです。...
あわせて読みたい
ウェルスナビ(Wealth Navi)の解説!実績や手数料、注意事項は?ウェルスナビ(WealthNavi)は、日本で最も預かり資産の大きいロボアドバイザーです。ウェルスナビの実績、手数料、キャンペーン、評価、アプリについて記事にしました。これから取引する人は、注意事項をよくチェックしてください。...
あわせて読みたい
3524
マイトレード(my Trade)の解説!機能は?注意点は?マイトレードは、株の取引記録や資産状況の把握などを支援してくれる資産管理アプリです。証券会社の取引記録を自動で取得してくれるので、ひと目で資産の状況が把握できるようになります。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ