投資信託

アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(限定追加型・繰上償還条項付)の解説!特徴や注意事項は?

アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(限定追加型・繰上償還条項付)が登場!

アムンディ・次世代医療
アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(限定追加型・繰上償還条項付)』の募集開始が発表されました。
『アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(限定追加型・繰上償還条項付)』は、次世代医療の銘柄に的を絞ったテーマ型投資信託です。
取扱う金融機関は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券のみとなっています。

商品の特徴

商品の詳細はこちらです。
5年間保有すると、コストは購入時手数料+信託報酬(5年間)=12.042%となります。
コストは比較的高い投資信託ですね。

商品名 アムンディ・次世代テクノロジー・ファンド
(限定追加型・繰上償還条項付)
購入時手数料 3.24%
信託財産留保額 なし
換金時手数料 なし
信託報酬 年率1.7604%
購入単位 1口以上1口単位
換金代金 換金申込日から起算して5営業日目
申込期間 当初申込期間
2018年9月12日~2018年10月4日
継続申込期間
2018年10月5日~2018年10月12日
信託期間 2023年9月25日まで
決算日 年1回決算、原則として毎年9月25日

次世代医療に投資するテーマ型投信

次世代医療機器ゲノム免疫療法などはこれから大きく成長するテーマだと思います。
医療現場では、特に人手不足が問題となっており、遠隔診断や治療も必要とされています。
アムンディ次世代医療
次世代医療機器としては、インテュイティブサージカルのような企業の業績が伸びていくと思います。
インテュイティブサージカルの提供している手術ロボット『ガリレオ』は世界中で販売を伸ばしています。

インテュイティブサージカル
インテュイティブサージカル(ISRG)をおすすめする理由インテュイティブサージカル(Intuitive Surgical)をおすすめする理由をまとめました。インテュイティブサージカル(ISRG)は、「ダヴィンチ」という世界で最も普及している手術用ロボットを提供している企業です。...

今後は遺伝子を解析してから治療に入る『オーダーメイド型の治療法』が普及していくと思います。
遺伝子を解析するイルミナのような企業も要注目です。

イルミナ(Illumina)
イルミナ(ILMN)の株価・見通し・決算情報イルミナ(ILMN)の紹介記事です。イルミナ(Illumina)の株価や見通し、決算、配当について記事にしました。DNAのゲノムを解析するシーケンサーの最大手の企業です。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

限定追加型での募集

今回の商品の信託期間は約5年(2018年10月5日から2023年9月25日まで)です。
募集期間と継続の申込期間が特集になっているので、注意してください。

・当初申込期間
2018年9月12日~2018年10月4日
・継続申込期間
2018年10月5日~2018年10月12日

繰上償還条項付の商品

今回の商品には、繰上償還条項が付いています。
そのため、分配金込み基準価額が一定水準(12,000円)以上となった場合、繰上償還します。
カンタンに説明すると、一定水準(12,000円くらい)に基準価額が達すると、満期前に現金で償還される可能性があるということです。
アムンディ次世代医療

アムンディ・次世代医療テクノロジーのポートフォリオ

『アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(限定追加型・繰上償還条項付)』のモデルポートフォリオです。
下の図の通り、大半が米国の医療関連銘柄への投資となります。
アムンディ次世代医療
上位10銘柄は以下の通りです。
医療関連の大企業の銘柄に投資する投資信託という認識で良いと思います。
アムンディ次世代医療

運用会社

運用はCPRアセットマネジメントに委託するようです。
アムンディ傘下の運用会社で、フランスに本拠地があります。

CPRアセットマネジメントは、過去に下記の投資信託の運用実績があります。

ダイワ/アムンディ食糧増産関連ファンド
(基準価額 11,743円・2018.09/12 時点)
アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド
(基準価額 10,292円・2018/09/12 時点)
アムンディ・りそなグローバル・ブランド・ファンド
(基準価額 11,658円・2018/09/12 時点)

今回のまとめ

パンダ
今回の『アムンディ・次世代医療テクノロジー・ファンド(限定追加型・繰上償還条項付)』は、次世代医療の銘柄に的を絞ったテーマ型投資信託です。
今後、次世代医療市場はどんどん拡大していくと予想されるので、長期的な資金の置き場としては良いですね。
ただ、5年間でコスト(手数料+信託報酬)が12.042%かかるのは、ちょっと手数料が高いと思います。
そのため、自分で銘柄を選んで投できる人は、自分で投資した方が良いと思います。
自分で銘柄を選べない人向けの投資信託ですね。

直近募集になった新投資信託

『ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド』
ブラックロックは、コーポレートガバナンス(企業統治)の優れた日本企業の株式に投資する投資信託を設定しました。
当初申込期間は、2018年9月~9月14日。

『フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド』
フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンドは、世界の小型株式を投資対象としている投資信託です。
当初申込期間は、2018年9月10日~9月28日。

『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09』
『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07』は、ゴールドマン・サックス社債に投資して、元本確保を目指す投資信託です。
当初申込期間は、2018年9月3日~9月27日。

『NW世界投資適格社債ファンド1809』
NW世界投資適格社債ファンド1809は、世界の投資適格債を投資対象としている投資信託です。
当初申込期間は、2018年9月3日~9月21日。

『ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンド』
ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンドは、基準価額があらかじめ決められた水準を下回らない『ストップライン』という仕組みを付けた投資信託です。
当初申込期間は、2018年8月6日~8月16日。

『野村ワールドボンド・ファンド』
野村ワールドボンド・ファンドは、日本を含む先進国の国債や政府保証債、地方債などを投資対象としている投資信託です。
当初申込期間は、2018年8月6日~8月16日。

『野村日本最高益新企業ファンド』
『野村日本最高益更新企業ファンド(愛称:自己ベスト)』は、最高益を達成する企業に投資するというテーマ型の投資信託です。
当初申込期間は、2018年7月9日~7月23日。

『JPMザ・ジャパン・ベストアイディア』
『JPMザ・ジャパン・ベストアイディア』は、JPMザ・ジャパンをベースにしつつ、「ベストアイディア」という考え方をプラスした投資信託です。

『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07』
『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07』は、ゴールドマン・サックス社債に投資して、元本確保を目指す投資信託です。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ