投資信託

ひふみプラスの運用は上手いの?共通KPIを比較しよう!

ひふみプラスのパフォーマンスを比較

ひふみプラス
ひふみプラス』や『ひふみ投信』を運用しているレオス・キャピタルが『投資信託の共通KPI』を発表しました。
共通KPI』は、投資信託を共通の基準で比較できる指標です。
この『共通KPI』を比較することで、過去にひふみ投信を購入した人がどのくらい儲けたのか(損をさせたのか)ということが分かります。
今回は、ひふみ投信と他の金融機関の投資信託のパフォーマンスを比較してみました。

ひふみプラスのパフォーマンス

ひふみプラス
まずは、ひふみ投信の共通KPIをみてみましょう。
下の図の通り、ひふみ投信に投資した投資家のうち、91%が運用損益でプラスになっています(2018年3月末)。
ひふみ投信を購入した人の運用パフォーマンスをみると…
『-10%以上0%未満』…9%
『0%以上+10%未満』…39%
『+10%以上+30%未満』…32%
『+30%以上+50%未満』…13%
『+50%以上』…7%
…となっています。
下の図の赤枠の中が、2018年3月時点でひふみ投信を保有している顧客が利益になっている割合です。
赤枠に入っている91%で運用益がでていることになります。
ひふみ投信 共通KPI
ひふみ投信の『コスト・リターン』と『リスク・リターン』はこちらです。
ひふみ投信 共通KPI
ひふみ投信の運用実績は他の投信と比較すると圧倒的ですね。
プロに任せて安心のひふみ投信

銀行29行のパフォーマンス

2018年6月、金融庁は国内銀行29行の投資信託の共通KPIについて数字を公表しました。
下の図は国内の金融機関29行の共通KPIです(対象は預り残高上位20銘柄の投資信託)。
国内の金融機関29行の投信パフォーマンスをみると…
『-50%未満』…0.9%
『-50%以上-30%未満』…1.0%
『-30%以上-10%未満』…9%
『-10%以上0%未満』…35%
『0%以上+10%未満』…21%
『+10%以上+30%未満』…19%
『+30%以上+50%未満』…9%
『+50%以上』…6%
…となっています。
下の図の赤枠の中が、国内の銀行29行で投信を保有している顧客が利益になっている割合です。
赤枠に入っている54%で運用益がでていることになります。
そのため、数字だけみると半分近い顧客が損していることになりますね。
国内29行のKPI
国内の銀行29行の『コスト・リターン』と『リスク・リターン』はこちらです。
国内29行のKPI

ネット証券4社のパフォーマンス

2018年8月、SBI証券やカブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券の4社は投資信託の共通KPIを発表しました。
下の図はネット証券4車の共通KPIです(対象は証券会社ごとに若干違います)。
投信パフォーマンスをみると…
『-50%未満』…0.7%
『-50%以上-30%未満』…0.7%
『-30%以上-10%未満』…4.6%
『-10%以上0%未満』…30.1%
『0%以上+10%未満』…31.2%
『+10%以上+30%未満』…22.9%
『+30%以上+50%未満』…5.9%
『+50%以上』…3.8%
…となっています。
下の図の赤枠の中が、ネット証券で投信を保有している顧客が利益になっている割合です。
赤枠に入っている63.8%で運用益がでていることになります。
ネット証券 KPI

今回のまとめ

今回は “ひふみ投信”と“国内29行”、“ネット証券4社”の共通KPIを比較しました。
共通KPIはいずれも2018年3月時点の運用損益です。
ひふみ投信のパフォーマンスをみると、ほとんどの人が利益をあげていることになりますね。

ひふみ投信…91%
国内29行…54%
ネット証券4社…63.8%

2018年6月、金融庁が“国内29行の共通KPI”を発表した際は、結構大きなニュースになりました。
日経新聞では「銀行で投信を購入している人の約半数が損している」と大きく報道されました。
今回の共通KPIは、あくまでも2018年3月末時点での顧客保有商品の損益状況を抽出しています。
そのため、”利益が出て売却した顧客の数字が入っていない”ことも一応頭の片隅に入れておいてください。
ただ、どちらにしろひふみ投信のパフォーマンスは際立っていますね。
プロに任せて安心のひふみ投信

ひふみ関連の記事

ひふみプラス
ひふみプラスの解説!パフォーマンスや実績とはひふみプラス(ひふみ投信)は、レオスキャピタルワークスが運営している投資信託です。最近、投資信託業界ではひふみ系投信の躍進ぶりが目立ちます。本当にひふみプラスが良いか調べてみました。...
ひふみプラス
ひふみプラスの運用は昔と大違い!?ひふみプラス、ひふみ投信、ひふみ年金は、日本を代表するアクティブファンドです。実は、最近ではポートフォリオの内容が大きく変わってきています。...
ひふみプラス
ひふみプラスの運用報告(2018年9月8日更新)ひふみプラス(ひふみ投信)の運用レポートが更新しました。8月の運用をみると、TOPIXを上回るパフォーマンスでした。ちなみに『ひふみ投信』と『ひふみプラス』、『ひふみ年金』はいずれも同じ銘柄に投資しています。...

関連資料

金融庁『投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIを用いた分析』
レオスキャピタル『投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIの公表について』
カブドットコム証券『投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIのお知らせ』
レオスキャピタル『公式HP』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ