投資信託

ひふみプラスとひふみ投信、どっちが良いの?ひふみプラスはどこで購入すべき?

ひふみプラスとひふみ投信、どっちが良いの?

ひふみプラス
投資信託の中で、最近大きなお金を集めているのが『ひふみプラス』です。
『ひふみプラス』は、純資産総額が6,195億円にもなっています。
しかし、ひふみプラスとよく似た名前のひふみ投信ひふみ年金という投資信託を見かけて、違いに疑問に思った人も多いと思います。
この記事では、ひふみプラスとひふみ投信のちがいを分かりやすく徹底比較していきます。
注意事項が1つだけあるので、そちらも必ず確認してください。

パフォーマンスは同じ

まず、結論からお伝えします。
『ひふみプラス』と『ひふみ投信』、『ひふみ年金』の3つのどれを購入しても、パフォーマンスはほとんど同じです。
下の図の通り、『ひふみプラス』と『ひふみ投信』、『ひふみ年金』のチャートは、ほぼ一致しています。
重なっているので1本のチャートに見えますが、3本のチャートが重なっています。
ひふみプラス 比較チャート
Yahoo!ファイナンスを利用
(青:ひふみプラス赤:ひふみ投信緑:ひふみ年金)

パフォーマンスは3つともほぼ同じです。
同じパフォーマンスになるのは、そもそも投資対象が一緒だからです。
『ひふみプラス』と『ひふみ投信』、『ひふみ年金』は3つとも『ひふみ投信マザーファンド』に投資しています。
そのため、組み入れ銘柄や投資手法はまったく一緒です。
パフォーマンスに差がないのは、当たり前の話ですね。

ひふみプラスとひふみ投信を比較した表がこちらです。

商品名 ひふみ投信 ひふみプラス
購入方法 運用会社(レオス・キャピタル)から直接購入 証券会社や銀行を通じて購入
購入手数料 なし 3.24%が上限
信託報酬 年 1.0584%
保有期間に応じて信託報酬を一部還元
・保有期間5~10年
⇒年 0.8584%
・保有期間10年~
⇒年 0.6584%
年 1.0584%
純資産総額に応じて信託報酬率を逓減
・500億円を超える部分
⇒年 0.9504%
・1,000億円を超える部分
⇒年 0.8424%
NISA 利用できる 金融機関による

ひふみプラスとひふみ投信のちがいは、信託報酬と購入時のコストだけです。
信託報酬を比べると、長期保有するならひふみ投信の方が若干条件が良さそうですね。
ただ、信託報酬もそこまで大きな差はありません。

注意事項

1つだけ注意しないといけないのは、ひふみプラスは金融機関によって最大3.24%の手数料がかかることです。
ひふみ投信には、購入時手数料がかかりません。

本音を言うと、購入時手数料さえかからなければひふみプラスとひふみ投信はそこまで差がないと思います。
ひふみ投信を購入するときは手数料がかからないので良いですが、ひふみプラスを購入する際は、必ず手数料をチェックしましょう。

ひふみプラスを購入する際に手数料がかかる金融機関

ひふみプラスを購入する際に手数料がかかる金融機関はこちらです。
中には購入時手数料が3%かかる金融機関もあるので、注意が必要です。

百五証券(1.62%)
百五銀行(1.62%)
秋田銀行(2.16%)
イオン銀行(2.16%)
沖縄銀行(2.16%)
群馬銀行(2.16%)
荘内銀行(2.16%)
常陽銀行(2.16%)
東邦銀行(2.16%)
北越銀行(2.16%)
北海道銀行(2.16%)
横浜銀行(2.16%)
エース証券(2.16%)
浜銀TT証券(2.16%)
ほくほくTT証券(2.16%)
青森銀行(窓口:2.16%、ネット:1.512%)
岩手銀行(窓口:2.16%、ネット:1.08%)
大分銀行(窓口:1.62%、ネット:1.134%)
関西アーバン銀行(窓口:2.16%、ネット:なし)
熊本銀行(窓口:2.16%、ネット:1.944%)
七十七銀行(窓口:3.24%、ネット:2.268%)
親和銀行(窓口:2.16%、ネット:1.944%)
スルガ銀行(窓口:3.24%、ネット:なし)
栃木銀行(窓口:2.16%、ネット:1.728%)
鳥取銀行(窓口:2.16%、ネット:1.728%)
南都銀行(窓口:2.16%、ネット:1.728%)
福岡銀行(窓口:2.16%、ネット:1.944%)
北陸銀行(窓口:2.16%、ネット:1.728%)
大垣共立銀行(5千万円:1.62%、5千万円以上1億円未満:1.08%、1億円以上:0.54%)
京都銀行(1千万円未満:2.16%、1千万円以上5,千万円未満:1.62%、5千万円以上:1.08%)
佐賀銀行(1億円未満:2.16%、1億円以上:1.08%)
但馬銀行(1億円未満:3.24%、1億円以上1.08%)
千葉興業銀行(1億円未満:2.16%、1億円以上5億円未満:1.62%、5億円以上1.08%)

ひふみプラスを購入する際に手数料がかからない金融機関

・静岡銀行
・ジャパンネット銀行
・ソニー銀行
・八十二銀行
・エイチ・エス証券
・SBI証券(ネット)
・岡三オンライン証券
・カブドットコム証券
・GMOクリック証券
・東海東京証券
・フィデリティ証券
・松井証券
・マネックス証券
・ライブスター証券
・楽天証券

※FFG証券、野村證券、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行はつみたてNISA専用となっています。

今回のまとめ

『ひふみプラス』と『ひふみ投信』、『ひふみ年金』のパフォーマンスに差はほとんどありません。
信託報酬にちがいはありますが、そんなに大きな差ではありません。
そのため、商品自体で特におすすめはありません。

1番大きいのは「ひふみプラスの購入時に手数料を支払わないといけないか、支払わなくてもいいか」という点です。
高い手数料を支払わないといけないなら、レオスキャピタルで口座を開設してひふみ投信を直接購入した方が良いと思います。
レオスのひふみ投信

ひふみプラス関連の記事

あわせて読みたい
ひふみプラス
ひふみプラス VS 日経平均!勝つのはどっち?ひふみプラスやひふみ投信と日経平均のパフォーマンスを比較しました。ひふみプラスのキャッチコピー『守りながら増やす運用』がなかなか実現できていないようです。...
あわせて読みたい
ひふみプラス
ひふみプラスの運用は昔と大違い!?ひふみプラス、ひふみ投信、ひふみ年金は、日本を代表するアクティブファンドです。実は、最近ではポートフォリオの内容が大きく変わってきています。...
あわせて読みたい
ひふみプラス
ひふみプラスのセミナーに参加しよう『ひふみ投信』や『ひふみプラス』を運用しているレオス・キャピタルワークスは、全国各地で様々なセミナーを開催しています。長期投資に定評のあるレオス・キャピタルワークスの相場の見通しは参考になると思います。...
あわせて読みたい
ひふみプラス
ひふみプラスは大丈夫か?今回は、ひふみプラスに対して不安に感じていることをまとめました。ひふみプラスの1番のリスクは“お金が集まりすぎて、運用方法を変化させている”ことだと思います。要注意ですね。 ...
あわせて読みたい
ひふみプラス
ひふみプラスの解説!本当に良いの?ひふみプラス(ひふみ投信)は、レオスキャピタルワークスが運営している投資信託です。最近、投資信託業界ではひふみ系投信の躍進ぶりが目立ちます。本当にひふみプラスが良いか調べてみました。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ