スプランクが急落!何があった?

スプランクが急落!

002673
(直近5日間のスプランク株の推移)

昨晩、スプランクの株価が-7.02%となり、急落しました。
ダウ平均が+0.49%、S&P500が+0.19%、ナスダックが-0.26%に対して、大きなマイナス・パフォーマンスでした。

株価が急落した大きな理由は、“レッドハットの株価が急落した連想売り”だと考えています。
レッドハットは、オープンソースでソフトウェアを提供している企業です。
実はおとといの引け後に、レッドハットが決算を発表しました。
発表された数字自体は悪くなかったですが、今四半期のガイダンス(業績の見通し)を引き下げる内容でした
その悪い決算を受けて、昨晩のレッドハットの株価は-14.23%も急落しています。

そのレッドハットの決算を受けて、クラウド上でソフトウェア等を提供している企業の株が軒並み下落しています
下落幅が大きかったのは、スプランク(-7.02%)やドロップボックス(-5.52%)、アドビシステムズ(-2.09%)、セールスフォース(-2.08%)などですね。
上記の企業はいずれも、ソフトウェアをサブスクリプションモデル(定額課金)で提供している企業ばかりです。

特に時価総額の小さいスプランク(153億ドル)やドロップボックス(135億ドル)が大きく売られました。
対照的に時価総額の大きいアドビ・システムズ(1,199億ドル)やセールス・フォース(1,003億ドル)は、下落幅も大したことありませんね。
ただ、どの企業もレッドハットの決算の影響を受けているようです

今後のスプランクは

002674
(直近6カ月間のスプランクの株価チャート)

スプランクもドロップボックスにしても、現在のビジネスモデル自体に大きな問題が起きているわけではありません。
昨晩の急落についてはそんなに心配しなくて良いのではないかと考えています。

スプランクは時価総額が低く、赤字を垂れ流しているので、“レッドハットの連想売り”のターゲットにされても仕方のない面はありますね。
直近6カ月間の株価をみても上昇しているので、レッドハットの決算を理由に“利益確定”されたというのが本音でしょうね。

splunk 01
スプランク(SPLK)の銘柄紹介

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ