米国株

キャタピラー(Caterpillar)の株価・見通し・決算情報

キャタピラー(Caterpilar)

キャタピラー 株価 見通し
キャタピラー
(Caterpillar)は、建設機械や鉱業機械の分野で世界最大の企業です。
油圧ショベルやブルドーザー、トラック、ロード・ローラーなどの開発・製造を手がけています。

キャタピラーの建設機械は、とにかくパワーが強いので建設現場からの評価が高いです。
米国を代表する建機メーカーとして知られており、北米シェアは1925年の創業からずっとトップシェアを維持しています。

キャタピラーは、中国の売上高比率が高いことで有名です。
そのため、市場はキャタピラー株を”中国関連銘柄”とみられています。
米中貿易問題で悪いニュースがあると、キャタピラーの株価が下がることがよくありますね。

キャタピラーは、1886年にベンジャミン・ホルト氏がコンバインを製造した頃にまでさかのぼります。
第1次世界大戦や第2次世界大戦も米国に資金援助をして、軍隊用のブルドーザーを製造したことで知られています。
そして進駐先で飛行場や道路をつくり、アメリカの勝利に貢献しました。
1950年に海外進出をしており、1970年には米国外の売上の方が米国内を上回るようになりました。
現在でも、米国の製造業を代表するブランドとして確固たる地位を築いています。

キャタピラーのライバルは、日本のコマツです。
コマツは基本的に在庫をもたせずに自社で保管する体制をとっているので、コマツの方がディーラーを厳しく管理する傾向があります。

直近の決算

2020年7月31日(金)の寄付き前、キャタピラーが2020年第2四半期の決算を発表しました。

売上高
…99億97百万ドル(前年同期比30.7%減)
純利益
…4億58百万ドル(前年同期比71.7%減)
EPS
…1.03ドル

市場予想では、売上高93億80百万ドル EPS 0.64だったので、予想を上回る内容でした。
業績予想は発表していないままでした。
決算を受けて、株価は -2.82%で引けました。
キャタピラー 米国株 決算 業績

直近の株価

直近1年間の株価はこちらです(2020年8月21日)。
キャタピラー株価:+16.8%
S&P500指数:+15.8%
キャタピラー 米国株 株価チャート

直近5年間の株価はこちらです(2020年8月21日)。
キャタピラー株価:+83.3%
S&P500指数:+71.8%
キャタピラー 米国株 株価チャート

事業別売上高

キャタピラー(Caterpillar)の事業別売上高はこちらです(2019年12月期)。

機械・エネルギー・交通
(Sales of Machinery, Energy & Transportation)
…507億55百万ドル(前年同期比2.1%減)
金融商品の売上高
(Revenues of Financial Products)
…30億45百万ドル(前年同期比5.0%増)

サービス別売上高

キャタピラー(Caterpillar)のサービス別売上高はこちらです(2019年12月期)。
※本社相殺分はグラフに考慮せず。

建設業
(Construction Industries)
…225億56百万ドル(前年同期比2.4%減)
資源事業
(Resource Industries)
…98億13百万ドル(前年同期比0.8%減)
エネルギー&交通
(Energy & Transportation)
…184億85百万ドル(前年同期比1.8%減)
その他事業
(All Other operating segment)
…1億27百万ドル(前年同期比17.5%減)
金融商品の売上高
(Financial Products Revenues)
…30億45百万ドル(前年同期比5.0%増)

地域別売上高

キャタピラー(Caterpillar)の地域別売上高はこちらです(2019年12月期)。

北アメリカ
(North America)
…257億85百万ドル(前年同期比0.6%増)
ラテンアメリカ
(Latin America)
…47億10百万ドル(前年同期比0.3%増)
欧州・中東・アフリカ
(EAME)
…112億23百万ドル(前年同期比5.9%減)
アジア太平洋
(Asia/Pacific)
…120億82百万ドル(前年同期比3.2%減)

米国の売上高比

キャタピラー(Caterpillar)の米国売上高比はこちらです(2019年12月期)。

米国
(Inside United States)
…228億06百万ドル(前年同期比0.5%増)
米国以外
(Outside United States)
…309億94百万ドル(前年同期比3.2%減)

決算

直近のキャタピラー(Caterpillar)の決算はこちらです(2019年12月期)。

売上高
…538億ドル(前年同期比1.7%減)
純利益
…60億93百万ドル(前年同期比0.9%減)
営業利益率
…15.4%
EPS
…10.74ドル
BPS
…27.18ドル
営業キャッシュフロー
…69億12百万ドル
フリーキャッシュフロー
…42億43百万ドル

売上高・純利益

キャタピラー(Caterpillar)の業績はこちらです。
(青色:売上高/赤色:純利益)
キャタピラー 米国株 キャッシュフロー

営業利益率

キャタピラー(Caterpillar)の営業利益率は、15.4%です(2019年12月期)。
キャタピラー 米国株 営業利益率 決算

EPS(1株あたりの利益)

キャタピラー(Caterpillar)のEPS(1株あたりの利益)はこちらです。
キャタピラー 米国株 EPS 決算

BPS(1株あたりの純資産)

キャタピラー(Caterpillar)のBPS(1株あたりの純資産)はこちらです。
キャタピラー 米国株 BPS 決算

営業キャッシュフロー・フリーキャッシュフロー

キャタピラー(Caterpillar)のキャッシュフローはこちらです。
(青色:営業CF/赤色:フリーCF)
キャタピラー 米国株 キャッシュフロー 決算

配当

キャタピラー(Caterpillar)の1株あたりの配当はこちらです。
キャタピラー 米国株 配当

配当性向

キャタピラー(Caterpillar)の配当性向はこちらです。
配当性向は、純利益の中から、配当金をどのくらい払っているかを%(パーセンテージ)で表したものです。
キャタピラー 米国株 配当性向

今回のまとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

・キャタピラーは、建機の分野で世界最大の企業
・北米シェアは1925年の創業時からずっとトップ
・ライバルはコマツ
・キャタピラーの機械は、パワーが強いため現場ウケが良い

キャタピラー(Caterpillar)は、建設機械や鉱業機械の分野で世界最大の企業です。
米国内よりも米国外の売上高の割合の方が大きい。
中国関連銘柄なので、米中貿易関連で悪いニュースがでると株価が大きく下がることがあります。

過去の決算

2020年第1四半期の決算

2020年4月28日(火)の寄付き前、キャタピラーが2020年第1四半期の決算を発表しました。

売上高
…106億35百万ドル(前年同期比21.0%減)
純利益
…10億92百万ドル(前年同期比41.9%減)
EPS
…1.60ドル

市場予想では、売上高109億20百万ドル EPS 1.69ドルだったので、予想を下回る内容でした。
コロナウイルスの影響で、キャタピラーの建機への需要が弱まっています。
決算を受けて、株価は+0.23%で引けています。
キャタピラー 米国株 決算

2019年第4四半期の決算

2020年1月31日(金)の寄付き前、キャタピラーが2019年第4四半期の決算を発表しました。

売上高
…131億44百万ドル(前年同期比8.4%減)
純利益
…10億98百万ドル(前年同期比4.8%増)
EPS
…2.63ドル

市場予想では、売上高134億10百万ドル EPS 2.37ドルだったので、まちまちでした。
中国景気の低迷や新型コロナウイルスの影響で、通期の利益見通しを下方修正しました。
決算を受けて、株価は-2.97%で引けました。
キャタピラー 米国株 2019年第4四半期 決算

2019年第2四半期の決算

2019年7月24日(水)の寄付き前、キャタピラーが2019年第2四半期の決算を発表しました。

売上高
…144億32百万ドル(前年同期比3.0%増)
純利益
…16億20百万ドル(前年同期比5.1%減)
EPS
…2.83ドル

市場予想は、売上高144億40百万ドル EPS 3.12ドルだったので、予想を下回る内容でした。
“中国の需要減”+”リストラ費用”のダブルパンチですね。
決算を受けて、株価は-4.48%と大きく下落しました。
キャタピラー 米国株 決算

2019年第1四半期の決算

2019年4月24日(水)の寄付き前、キャタピラーが2019年第1四半期の決算を発表しました。

売上高
…134億66百万ドル(前年同期比4.7%増)
純利益
…18億81百万ドル(前年同期比13.0%増)
EPS
…2.94ドル

市場予想は、売上高134億60百万ドル EPS 2.86ドルだったので、予想を上回る内容でした。
北米は好調でしたが、アジア太平洋地域は不調でした。
決算を受けて、株価は-3.03%と大きく下落しました。
キャタピラー 米国株 決算

備考

関連資料

キャタピラー:『公式HP』
キャタピラー:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、米国株についての情報を提供しています。