投資信託

ひふみプラス VS さわかみファンド

ひふみプラス VS さわかみファンド

00153
独立系の投資信託といえば、『ひふみプラス』や『さわかみファンド』、『鎌倉投信』、『セゾン投信』など、様々な商品があります。

今回は、特に純資産総額の大きい『ひふみプラス』(純資産額 6,074億円)『さわかみファンド』(純資産総額 3,164億円)を比較してみました。

独立系の投資信託の公式HPをみると、“日本を変えたい”とか“社会に役立つ投資を!”のような熱い文章が目立ちます。
個人的には、そういう熱い想いとかは少し苦手です(笑)。

私は、投資家にとって1番うれしいのは“運用が上手いこと”だと考えています。
冷静に「運用のパフォーマンスはどうなのか」、過去の実績をみていきましょう。

パフォーマンス比較


全体的にひふみプラスの運用パフォーマンスは、かなり良いですね。
さわかみファンドも決して運用が下手なわけではないです。
パフォーマンスをみると、さわかみファンドと日経平均は、そう大差ないですね。

2017年のパフォーマンス

1月4日 12月29日 騰落率
日経平均 19,594円 22,764円 +16.2%
ひふみプラス 29,692円 42,235円 +42.2%
さわかみファンド 22,460円 27,445円 +22.2%

2016年のパフォーマンス

1月4日 12月30日 騰落率
日経平均 18,450円 19,114円 +3.6%
ひふみプラス 27,880円 29,169円 +4.62%
さわかみファンド 21,194円 21,947円 +3.6%

2015年のパフォーマンス

1月5日 12月30日 騰落率
日経平均 17,408円 19,033円 +9.3%
ひふみプラス 23,113円 27,880円 +20.6%
さわかみファンド 20,212円 21,657円 +7.1%

2014年のパフォーマンス

1月5日 12月30日 騰落率
日経平均  15,908円 17,450円 +9.69%
ひふみプラス 20,099円 22,875円 +13.8%
さわかみファンド 17,925円 20,258円 +13.0%

2013年のパフォーマンス

1月4日 12月30日 騰落率
日経平均  10,688円 16,291円 +52.4%
ひふみプラス 12,256円 19,992円 +63.1%
さわかみファンド 12,003円 18,070円 +50.5%

今回のまとめ

002542
直近5年間のパフォーマンスをみると、“さわかみファンドがひふみプラスの運用パフォーマンスを上回った時は1度もありませんでした”
私は最近、“アクティブ系ファンドはひふみプラスの一択”でも良いのかなと感じています。
さわかみファンドも創業者の澤上篤人氏が運用の第一線から退いて、運用の腕も落ちたのかもしれませんね。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへ