米国株

【ツイッター(TWTR)】の株価・決算情報・銘柄紹介

ツイッター(TWTR)ってどんな会社?


ツイッター(TWTR)は、ユーザーを3億人以上かかえる140文字のコミュニケーションSNSです。
わからない人は、電子メールとブログが一体になったサービスくらいのイメージで良いと思います。
大手SNSの中でも、拡散力が強く有名人や政治家などがこぞって利用しているサービスです。
Twitterはもともと「Obvious」という会社で始まった新規事業です。
創業者は、現CEOのジャック・ドーシー氏、ノア・グラス氏、エヴァン・ウィリアムズ氏、ビズ・ストーン氏です。

直近の決算(2018/04/26 更新)

ツイッター(Twitter) 株価
(昨晩の株価チャート)

昨晩の寄り付き前、ツイッターは第1四半期の決算を発表しました。
売上高6億6,487万ドル(前年同期比21.3%増)、純利益6,099万ドル(前年同期は6,155万ドルの赤字)、EPS 0.16ドルでした。
ツイッター(Twitter) 決算
ツイッター(Twitter) 決算

月間のアクティブユーザー数です。
ツイッターには3億36百万人しかユーザーがいません。
フェイスブックが20億人を超えているのにくらべるとさびしい限りです。
ツイッター(Twitter)

広告収入(Advertising Revenue)だけでなく、データ販売(Data Licensing & Other Revenue)でも売上をあげています。
ツイッター(Twitter)

広告収入(Advertising Revenue)についての地域別の売上高はこちらになります。
ツイッター(Twitter)

やっと利益が出る体制が整ってきました。
依然として収益面は弱いです。
ツイッター(Twitter)

決算の発表時、会社側は下期の見通しは強い成長を見込んでいないとコメントしました。
経営陣の弱気なコメントを受けて株価は-2.36%下落しました。

直近の株価(2018/07/25 更新)

直近6カ月間のツイッター株の推移です。
ツイッター(Twitter) 株価
(直近3カ月間のツイッターの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをダウ平均とS&P500を比較しました。
ツイッターが+90.30%ダウ平均が−5.1%、S&P500が−1.1%となっています。
ツイッター(Twitter) 株価
(直近6カ月間の株価チャート)
※青がツイッター株、赤がダウ平均、緑がS&P500

事業

[/youtube]
事業別の売上高をみると…
・広告サービス事業(Advertising services) 24億43百万ドル
・データ・ライセンス事業(Data licensing and other) 3億33百万ドル
となっています(2017年通期)。
広告事業の収益の取り方はタイムライン上に表示される広告からの収入です。
データ・ライセンス事業は、企業がTwitterのデータを事業活用する際に徴収できる事業です。

ツイッター(Twitter) 決算

地域別売上高

地域別の売上高をみると…
・米国(United States) 14億1,361万4千ドル
・日本(Japan) 3億4,374万1千ドル
・その他(Rest of World) 6億8,594万4千ドル

地域別売上高をみると、やはり米国が最大の売上高を計上しています。
Twitterは、日本で特別人気なのがわかります。

2

月間アクティブユーザー数

ツイッターで1番重要な指標はアクティブユーザー数です。
世界全体のアクティブユーザー数がこちらです。
ツイッターは日本では人気ですね。
しかし、世界全体でみると断然フェイスブックの方が人気です。
フェイスブックの月間アクティブユーザー数が20億人を超えていますが、ツイッターは3億36百万人しかいません。
ツイッター(Twitter)

ツイッターの戦略


ツイッターが直近で力を入れているのは、動画です。
誰かが発信した情報を、気軽に見ることができることがツイッターの最大の特徴です。
多くの人の関心をひく動画を流すことができれば、サイトに人が集まるだけでなく、ツイッターの拡散力で、情報が広がり利用者がさらに増える効果が期待できます。

とにかく動画に力を入れており、動画広告も増やしています。
日本でも新しい動画広告「インストリーム動画広告」を10月に開始しています。
提携先の優良な動画コンテンツの再生直前に6秒の企業広告を挿入する仕組みです。
YouTubeを利用している人はおなじみですね。

ツイッターの歴史


ここ数年は、ジャック・ドーシー氏がCEOに復帰して順調に会社経営をしていますが、その前は結構ゴタゴタしていました。
ツイッターはエヴァン・ウィリアムズ、ジャック・ドーシー、ノア・グラス、ビズ・ストーンの4人が創業者です。
それぞれが権力争いや追放など、昼ドラ並みのドロドロ感ある歴史をもっています。
ツイッター創業物語 金と権力、友情、そして裏切り」という良書があり、詳しく書かれています。
フェイスブックやスナップチャットに遅れを取っている現状も、そのへんの歴史が関係していると思いますね。

過去の出来事

ツイッターがアカウントを締結!株価は急落(2018/07/10 更新)

ツイッター(Twitter) 株価
(直近5日間の株価チャート)

昨晩、ツイッターの株価が-5.38%と急落しました。
ダウ平均が+1.31%、S&P500が+0.88%だったので、大きなアンダーパフォーマンスでした。

株価が急落した理由は、ツイッターが多くの偽アカウントを凍結させたからです。
ルールの緩いイメージのあったツイッターですが、情報管理を厳しくしています。
次回の決算では、月間アクティブユーザー数が大きく減少するかもしれませんね。

あわせて読みたい
ツイッター(Twitter)
ツイッターが急落!何があった?昨晩、ツイッターの株価が-5.38%と急落しました。ツイッターの株価が急落した理由は、『ツイッターが偽情報等を減らすために直近2ヶ月間で7,000万を超える数のアカウントを凍結した』からです。 ...

ツイッター急落、破滅へのカウントダウン開始か(2018/03/28 更新)

ツイッター(Twitter) 株価
(直近5日間の株価チャート)
ツイッター株:赤S&P500:青

昨晩、ツイッターの株価が-12.03%と急落しました。
ダウ平均が-1.43%、S&P500が-1.73%だったので、大きなマイナスパフォーマンスでした。

ツイッター株が急落した理由は、シトロン・リサーチがツイッターの売り推奨のレポートを発表したからです。
シトロンリサーチは、ツイッターのデータライセンス事業が法的なリスクになると指摘しています。
フェイスブックのユーザー情報流出問題が、ツイッターに飛び火した格好になりました。

シトロンリサーチは、空売りで利益をとってきたヘッジファンドです。
2016年にはサイバーダインについての売り推奨のレポートを発表したことで、日本でも有名になりました。
新しい規制が導入されれば、ツイッターにとっては大きなダメージになるかもしれませんね。

過去の決算

2018年第2四半期の決算(2018/07/28 更新)

ツイッター(Twitter) 株価
(直近5日間の株価チャート)

ツイッターが、昨晩の寄り前に第2四半期の決算を発表しました。
売上高7億1,054万ドル(前年同期比23.8%増)、純利益1億11万ドル(前年同期は1億1,648万ドルの赤字)、EPS 0.17ドルでした。
第3四半期の月間アクティブユーザー数(MAU)がさらに減少するとの見通しを発表してたため、株価は-20.54%と急落しました。

決算(通期)

ツイッターの赤字もだいぶ埋まってきましたね。
ユーザー数を増やして収益機会を増やす必要があります。
直近の決算ではユーザー数が鈍化していることが気になります。
決算で注目されるのは、決算の数字よりもアクティブ・ユーザー数です。

ツイッター(Twitter) 決算

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の日本株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へ