グーグルペイの何がすごいのか?

グーグルペイの何がすごいのか?

グーグル(アルファベット)は、世界中で『グーグルペイ』というモバイル決済サービスを展開しています。
もともとグーグルは「アンドロイドペイ」や「グーグルウォレット」などの様々な決済サービスを提供してきましたが、『グーグルペイ』に一本化されています。
今回は、今後の成長が期待される『グーグルペイ』を紹介します。

私は、今後の決済システムは『モバイル決済』が一般的になると思います。
おそらく、モバイル決済は「グーグルペイ」「アップルペイ」の2強体制になると考えています。
現在では、様々な企業がモバイル決済を提供していますが、ほとんどは駆逐されていくでしょうね。
さらにデジタル決済の流れも加速的にすすむと思います。
あと5年くらいすれば、クレジットカードを利用する人は全然いなくなる可能性もありそうです
002527

グーグルペイとは

『グーグルペイ』は、グーグルが提供しているモバイルの決済サービスです。
アンドロイドのスマートフォンで利用することができます。

グーグルプレイ(Google Play)からアプリをダウンロードすれば、簡単に始めることができます。
登録している電子マネーやクレジットカードがある人は、とりあえず始めてみても良いと思いますよ。

店舗での使い方も簡単です。
①まず、スマートフォンを読み取り端末にかざします。
②「シャリーン!」という音が聞こえたら精算完了です。
簡単ですね。

Suica、nanaco、楽天Edy、WAONに対応

グーグルペイでは、『Suica』『nanaco』『楽天Edy』『WAON』の4つの電子マネーが利用できます。
複数の電子マネーが一覧で表示されます。
そのため、複数の電子マネーをいちいち立ち上げる必要がないことは大きな利点ですね。

002523

クレジットカードに対応

クレジットカードでの支払いもグーグルペイで利用できます。
今後は、カードを持たずにクレジットカードでの買い物を楽しめますね。
002524

ポイントに対応

ポイントカードもひとつにまとめることができます。
現在では、Tポイントカードとdポイントカードに対応しています。
002525

様々な店舗で対応

グーグルペイは、上記4つの電子マネーに対応するお店で利用することができます。
例えば、下の図の店舗でも利用できます。
002521002522

グーグルペイの良いトコロ

グーグルペイの最も良いトコロは『セキュリティ』だと思います。

グーグルペイは、クレジットカードよりもセキュリティ面が強いです。
1番良いのは、「スキミング」のおそれがないことですね。
スキミングとは、クレジットカードから磁気データを盗み出して偽造カードを作り、ATM等から現金を引き出すという犯罪です。
クレジットカードの犯罪のほとんどは、スキミングによるものです。
グーグルペイには、カードが存在しないのでスキミングのおそれもありません。

さらにグーグルペイは、遠隔ロックをすることができます
もしスマホをなくしても別の端末からスマホの位置情報を確認できます。
そして、遠隔操作で画面ロックや端末のデータも消去できます。
既存の決済手段の中では、1番リスクの少ない方法なのは間違いないですね。

VS アップルペイ

『グーグルペイ』の最大のライバルは、『アップルペイ』です。
日本はiPhoneユーザーが多いので、日本では『アップルペイ』に勝てないかもしれませんね。
アップルペイでは、『Suica(スイカ)』『QUICPay(クイックペイ)』『iD(アイディ)』の3つの電子マネーに対応しています。
グーグルペイは、『Suica』『nanaco』『楽天Edy』『WAON』に対応しています。
楽天がグーグルペイに対応していることは、グーグルペイにとっての強みですね。
002526

今後の電子決済ウォーズ

私は、今後世界中でスマホ決済が一般的になると思います。
グーグルペイは、スマホ決済がすすむ中で、最も有利なところに位置しています。
日本はiOSの普及率が高いので苦戦するかもしれませんが、世界的には『グーグルペイ』がスマホ決済を握っていく可能性は高いと思います

今後は、アップルとグーグル以外の電子決済は駆逐されるでしょうね
アップルorグーグルの経済圏のどちらかに組み込まれていくと考えています。