米国株

スリーエム(3M)の株価・見通し・決算情報

スリーエム(3M)とは

スリーエム 株価 見通し
スリーエム(3M)は、5万点を超える幅広い商品を提供している化学系のメーカーです。
社名の3Mは、”Minnesota Mining Manufacturing”の略です。
直訳すると、”ミネソタ”の”鉱業”の”製造業”会社という意味になります。
その名の通り、鉱業を祖業としています。
しかし、現在では様々な商品で世界トップシェアをもっているコングロマリット企業となりました。


スリーエムは、様々な事業を展開しています。
ポストイット”のイメージが強いですが、幅広い分野に進出しています。

インダストリアル事業
…接着剤やマスキングテープを提供
セーフティ&グラフィックス事業
…道路標識の反射シートや水拭き用モップなどを提供
ヘルスケア事業
…医療から食品関連までのヘルスケア製品
エレクトロニクス&エネルギー
…コネクタや電線の接続部、ケーブルのチューブなどを提供
コンシューマー
…ふせんの”ポストイット”やスコッチテープなどを提供


スリーエムは、5万種類を超える製品を提供しています。
特定の製品に依存せず、様々な製品を提供する多角化した経営をおこなっています。
スリーエム(3M)

日本の消費者にも馴染みのある製品もいくつか提供しています。

ポストイット…ふせん
スコッチブライト…キッチン用スポンジ
スコッチ…カッターやデザインテープ
ネクスケア…耳栓やばんそうこう
フィルタレット…空気戦場用のフィルター
コマンド…ファスナーやフック
スリーエム(3M)


スリーエムには、”15%ルール”という独自のルールがあります。
15%ルールとは、「勤務時間の15%は、会社からあたえられた仕事以外に使っても良い」という制度です。
この15%ルールがあったおかげで、”ポストイット”の開発にも成功しました。
スリーエムの社員は、勤務時間の15%の範囲内で”自分の好きな仕事に挑戦することができます”。

直近の決算(2018/10/24 更新)

昨晩の寄付き前、スリーエムが第3四半期の決算を発表しました。

売上高 81億5,200万ドル(前年同期比0.2%減)
純利益 15億4,300万ドル(前年同期比8.0%増)
EPS 2.58ドル

市場予想は 売上高83億90百万ドル EPS 2.7ドルだったので、予想を下回る内容でした。
今回の決算を受けて、株価は-4.38%と下落しています。
通期のEPS見通しを下方修正したことも嫌気されているようです。
3M

直近の株価(2018/12/19 更新)

直近6カ月間のスリーエムの株価チャートです。
スリーエム 株価チャート
(直近6カ月間のスリーエムの株価チャート)

直近6カ月間のパフォーマンスをS&P500と比較しました。
スリーエムの株価:-0.9%
S&P500指数:-7.3%
スリーエム 株価比較チャート
(青色:スリーエムの株価赤色:S&P500)

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2017年通期)。

インダストリアル
…109億11百万ドル
セーフティ&グラフィックス
…61億48百万ドル
ヘルスケア
…58億13百万ドル
エレクトロニクス&エネルギー
…51億59百万ドル
コンシューマー
…45億89百万ドル

スリーエム(3M) 決算

インダストリアル


インダストリアル(Industrial)事業では、ボルト留めに代わる強い接着剤や車両塗装用のマスキングテープ等を提供しています。
スリーエム(3M)

セーフティ&グラフィックス


セーフティ&グラフィックス(Safety and Graphics)事業では、道路標識に貼られている反射シートや飲食店などに利用されている使い捨てタイプの水拭き用フラットモップ等を提供しています。
スリーエム(3M)

ヘルスケア


ヘルスケア(Health Care)事業では、聴診器や歯科用接着剤や歯科矯正用のブラケットなどヘルスケア関連は、医療から食品関連までを提供しています。

カテーテルやチューブを固定するテープを提供している『テガダーム』や、聴診器等を提供している『リットマン』等のブランドをもっています。
スリーエム(3M)

エレクトロニクス&エネルギー


エレクトロニクス&エネルギー(Electronics and Energy)事業では、光ファイバー同士を正確に接続するためのコネクタや電線の接続部やケーブルなどのチューブ製品など、新しい技術を用いた製品を提供しています。
スリーエム(3M)

コンシューマー


コンシューマー(Consumer)事業では、強い粘着ふせんのポストイットやテープの上から文字を書くことができるスコッチテープやラベルシールなど、一般消費者向けの製品を提供しています。

スリーエム(3M)

地域別の売上高

地域別の売上高はこちらです(2017年通期)。

米国
…123億72百万ドル
アジア太平洋
…98億9百万ドル
欧州,中東,アフリカ
…64億56百万ドル
ラテンアメリカ,カナダ
…30億33百万ドル
※Other Unallocated はグラフに考慮せず

スリーエム 地域別売上高

決算

スリーエム(3M) 決算

今回のまとめ


今回の記事のポイントは、こちらです。

スリーエムは、5万点を超える商品を提供している企業
日本だとポストイットのイメージが強い
米中貿易問題の影響で、業績が振れる

スリーエムは、様々な商品を提供しているコングロマリット企業です。
”ポスト・イット”のイメージが強いですが、スコッチテープや接着剤などを提供しています。
スリーエムは中国の売上も大きいため、中国関連銘柄です。

関連資料

スリーエム:『公式HP』
スリーエム:『Annual Report』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。

過去の決算

2018年第2四半期の決算(2018/07/25 更新)

昨晩の寄り前、スリーエム(MMM)が第2四半期の決算を発表しました。

売上高 83億90百万ドル(前年同期比7.4%増)
純利益 18億5,700万ドル(前年同期比17.3%増)
EPS 2.59ドル

市場予想は、売上高83億70百万ドル EPS2.58ドルでした。
通期の利益見通しを引き下げたので、一時株価は下落しましたが、結局株価は戻り+0.93%で引けています。
3291スリーエム(3M) 決算

2018年第1四半期の決算(2018/04/25 更新)

スリーエムが、寄り前に第1四半期の決算を発表しました。

売上高 82億7,800万ドル(前期比7.7%増)
純利益 6億200万ドル(前期比54.5%減)
EPS 2.50ドル

EPSは予想と一致しましたが、今後の見通しを下げたため株価が大きく下落しました。
結局、株価は-6.79%で引けています。
スリーエム(3M) 決算