投資信託

ひふみプラスの不調の理由!?危ないのかキッチリ解説!

今回の記事では、初心者向けに『最近ひふみプラスの運用が変化している理由』について解説します。
実は、最近のひふみプラスのポートフォリオと昔のひふみプラスのポートフォリオは、まったく別物です。
今回の記事は、ひふみ系投信を保有している人に向けて記事を書きました。

この記事では『ひふみ系投信』について、以下の内容を解説します。

✔ひふみプラスのポートフォリオが大きく変化していること
✔ひふみプラスをこのまま保有していて良いのか
✔ひふみプラスの今後の見通し

今回の記事は、ひふみ投信を保有している人向けに書きました。
投資信託で資産形成 ひふみ投信

不調の理由は、ひふみのポートフォリオの中身が変わったから!

ひふみプラス
最近のひふみプラスの運用パフォーマンスは不調です。
実は、昔のひふみプラスと今のひふみプラスのポートフォリオはだいぶ変わっています。

特に長年「ひふみプラス」や「ひふみ投信」を保有している人は、投資を開始した当初とはちがうファンドになっていることを認識しておきましょう。

昔のひふみプラスは中小型の銘柄を積極的に組み入れていました。
尖った印象のあった投資信託ですが、現在のひふみプラスはすっかり丸くなりました(笑)。
4204
ひふみプラスは、上の図の通り純資産総額が急増しています。
純資産総額が急増して以来、大型株と外国株への投資をすすめています。
大きくなったひふみプラスは、昔のように小型株で運用することができないようですね。

ひふみプラスやひふみ投信のマザーファンドのポートフォリオの変化を2年ごとにチェックしてみました。
2012年と2018年のポートフォリオを比べると、まったく違う投資信託のようですね。

2018年7月度(直近のレポート)

直近のレポートをみると、純資産総額は大きくなり、銘柄数も多くなっています。
パフォーマンスも日全体と同じようなパフォーマンスをするようになってきました。

純資産総額 銘柄数
7,843.9億円 228銘柄
東証1 東証2 マザーズ ジャスダック 海外株 現金
81.7% 0.7% 2.0% 2.1% 10.4% 3.1%

組み入れ比率の1~10位はこちらです。
直近のレポートをみると、上位10銘柄のうち3銘柄が米国株となっています。

順位 銘柄名 カテゴリ 組入比率
1 アマゾンドットコム 海外株 2.1%
2 コスモス薬品 東証1部 2.0%
3 ビザ 海外株 1.9%
4 マイクロソフト 海外株 1.9%
5 協和エクシオ 東証1部 1.9%
6 光通信 東証1部 1.8%
7 東京センチュリー 東証1部 1.7%
8 ネットワンシステムズ 東証1部 1.6%
9 ガンホー 東証1部 1.5%
10 ショーボンド 東証1部 1.5%

2016年7月度の運用レポート

2016年頃には、ほとんどの日本株は東証1部の銘柄となっています。

純資産総額 銘柄数
1,194.73億円 122銘柄
東証1 東証2 マザーズ ジャスダック 海外株 現金
82.6% 1.5% 5.4% 6.7% 0% 3.8%

組み入れ比率の1~10位はこちらです。
2016年になると、上位10銘柄のうちすべてが東証1部の銘柄となっています。

順位 銘柄名 カテゴリ 組入比率
1 あいHD 東証1部 3.3%
2 ソニー 東証1部 2.7%
3 ダイフク 東証1部 2.1%
4 堀場製作所 東証1部 2.0%
5 SCREEN HD 東証1部 1.9%
6 GMOペイメントゲートウェイ 東証1部 1.9%
7 ニコン 東証1部 1.8%
8 ジェイコム HD 東証1部 1.8%
9 アウトソーシング 東証1部 1.6%
10 トラスコ中山 東証1部 1.5%

2014年7月度の運用レポート

2014年は、組入銘柄が96となっています。
2018年7月度の銘柄数(228)の半分以下の水準です。

純資産総額 銘柄数
282.67億円 96銘柄
東証1 東証2 マザーズ ジャスダック 海外株 現金
76.08% 6.18% 7.98% 9.76% 0%

※マザーファンドの「株式資産」を100としています。
円グラフも現金は考慮していません。

組み入れ比率の1~10位はこちらです。

順位 銘柄名 カテゴリ 組入比率
1 あいHD 東証1部 2.52%
2 共立メンテナンス 東証1部 2.40%
3 エスアールジータカミヤ 東証2部 2.30%
4 リロ HD 東証1部 2.20%
5 ワイヤレスゲート マザーズ 2.05%
6 デンソー 東証1部 2.03%
7 ガリバーインターナショナル 東証1部 2.03%
8 日本瓦斯 東証1部 1.89%
9 トランコム 東証1部 1.88%
10 VTホールディングス ジャスダック 1.83%

2012年7月度の運用レポート

2012年は、組入銘柄数がわずか62銘柄しかありません。
2018年7月度の銘柄数(228)の3分の1以下となっています。

純資産総額 銘柄数
-億円 62銘柄
東証1 東証2 大阪 マザーズ ジャスダック 現金
65.06% 5.37% 5.47% 9.25% 14.85%

※マザーファンドの「株式資産」を100としています。
円グラフも現金は考慮していません。

組み入れ比率の1~10位はこちらです。

順位 銘柄名 カテゴリ 組入比率
1 パーク24 東証1部 2.71%
2 ジェイアイエヌ ジャスダック 2.49%
3 JPホールディングス 東証1部 2.47%
4 ポーラ・オルビスHD 東証1部 2.31%
5 コシダカHD ジャスダック 2.28%
6 東レ 東証1部 2.23%
7 スリー・ディー・マトリックス ジャスダック 2.21%
8 ワイヤレスゲート マザーズ 2.17%
9 三菱ファイナンシャルグループ 東証1部 2.15%
10 日本電産 大阪 2.10%

ひふみプラスは危ないのか?

ひふみプラスのポートフォリオはだいぶ変わっています。
お金が集まりすぎた”ので、運用方法を大きく変化せざる得ないようですね。

下の表のとおり、ポートフォリオの内訳はかなり変わっています。
マザーズやジャスダックの銘柄は、ポートフォリオから外していますね。
そのかわり、東証1部と海外株の比率が高まっています。

中小型の銘柄がポートフォリオから外れています。
そのため、今後は全体に沿った安定的な動きをする可能性が高そうです。
”基準価額が急落して危ない!”ということはないと思います。

2012年7月末 2014年7月末 2016年7月末 2018年7月末
銘柄数 66 96 122 228
純資産総額 ※1 -億円 282.67億円 1,194.73億円 7,843.9億円
東証1部 65.55% 76.08% 82.60% 81.70%
東証2部 6.00% 6.18% 1.50% 0.70%
大阪 5.66% 0% 0% 0%
マザーズ 8.94% 7.98% 5.40% 2.00%
ジャスダック 13.85% 9.76% 6.70% 2.10%
海外株 0% 0% 0% 10.40%
現金等 ※2 ※2 3.80% 3.10%

※1 ひふみプラスは、ひふみ投信マザーファンドを通じて投資しているので、マザーファンドの純資産総額になります。
※2 2014年7月末と2012年7月末はマザーファンドの株式資産を100としているので、少し比率が変動します。

今回のまとめ


今回の記事のポイントは以下の通りです。
投資信託で資産形成 ひふみ投信

✔ひふみ投信のポートフォリオは昔とは別物
✔国内は中小型株を減らして大型株にシフト
✔外国株も1割近く投資している

ひふみプラスは、純資産総額が増えすぎたので大型株にシフトせざる得ない状況ですね。
2017年2月に社長の藤野氏が『カンブリア宮殿』に出演したことで、純資産総額の急増に拍車がかかりました。
今後のひふみプラスは、全体の相場に沿った基準価額の動きをする可能性が高そうです。

ひふみプラス
ひふみプラスの解説!投資信託の内容、評判、投資しても大丈夫?ひふみプラスの解説記事です。ひふみプラスは、株式に投資している投資信託です。ひふみプラスとひふみ投信、ひふみ年金は運用対象が同じです。ひふみプラスの評判、商品内容、今後の見通しについて解説しました。 ...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ