日本株

吉野家ホールディングス(9861)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介

吉野家ホールディングス(9861)とは


吉野家ホールディングスは、牛丼チェーン「吉野家」を展開する外食チェーンです。
「うまい・やすい・はやい」をコンセプトとした牛丼を提供している「吉野家」が有名です。

吉野家以外にも、セルフ式讃岐うどん「はなまる」、鮨のテイクアウト店「京樽」、ステーキレストラン「アークミール」などの有名ブランドを提供しています。
吉野家は海外でも展開しており、牛丼(ビーフボウル)やチキンボウル、牛肉と鶏肉を合わせたコンボ商品などを提供しています。
001501

株主優待は何?

権利確定日は、2月末と8月末になります。
次の権利付き最終日は、2018年8月28日(火)になります。
2018年8月28日(火)の15時までに株を買えば、優待がもらえます。
※2月末分は5月上旬、8月末分は11月中旬です。

特典:株主優待券

001510
優待内容は、株主優待割引券になります。
年2回の優待になります。

100株以上1,000株未満

株主優待券(300円券) 10枚

1,000株以上2,000株未満

株主優待券(300円券) 20枚

2,000株以上

株主優待券(300円券) 40枚

配当はどうなっているの?

配当利回りは0.98%です(2018/05/08 終値)。
1株配当金額(会社予想)は20.00円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、20万3,300円必要です(2018/05/08 終値)。
株価 2,033円(2018/05/08 終値)。
単位株数 100株

会社の事業は?

事業別の売上高をみると、吉野家 963億1百万円、はなまる 236億19百万円、アークミール 229億47百万円、京樽 255億26百万円、海外 166億6百万円、その他 36億21百万円となっています。

001505

吉野家事業


吉野家は、牛丼チェーン「吉野家」を展開しています。
牛丼だけでなく、最近では「豚丼」を復活したり、「吉呑み」店舗が好調のようですね。
直近の決算をみると、売上高972億81百万円(前期比1.8%増)、営業利益38億35百万円(前期比25.6%増)となりました。
最近では、「豚丼」を復活したり、「吉呑み」店舗が好調のようですね。
吉野家は、全部で1,207店舗運営されています。

はなまる事業


全国ではなまるうどんは、432店舗運営されています。
はなまるうどんは、セルフ式の讃岐うどんのチェーン店です。
直近の決算をみると、売上高238億80百万円(前期比11.0%増)、営業利益9億37百万円(前期比19.0%減)となりました。
はなまるうどんでは、季節限定の商品を投入することで顧客に飽きがこないようにしています。

アークミール事業


アークミールは、ステーキチェーンの「ステーキのどん」や「フォルクス」、しゃぶしゃぶの「どん亭」、カジュアルイタリアンの「ドン・イタリアーノ」を提供しています。
直近の決算をみると、売上高229億79百万円(前期比5.7%減)、営業利益1億35百万円(前期比47.3%減)となりました。
アークミールは、全部で184店舗を展開しています。

京樽事業

001509
京樽は、鮨を中心としたフード事業を展開しています。
「京樽」や「すし三崎港」、「関山」、「海鮮三崎港」、「すし三崎丸」等のブランドを提供しています。
直近の決算をみると、売上高256億82百万円(前期比2.8%増)、営業利益72百万円(前期比74.9%減)となりました。
京樽は、全部で329店舗を展開しています。

海外事業

001507001508
吉野家は、米国や中国、香港、台湾、シンガポール、フィリピン、インドネシア、タイ、カンボジア、マレーシアに出店しています。
米国は第1号店を1975年、台湾1987年、香港1991年、シンガポール1997年に出店しており、積極的に海外展開をすすめています。
ちなみに、世界各国での吉野家の牛丼の調理方法はすべて同じです。
直近の決算をみると、売上高166億6百万円(前期比5.2%減)、営業利益9億13百万円(前期比63.9%増)となりました。
海外では、全部で733店舗を展開しています。

会社の業績は大丈夫?

直近の業績をみると、売上高1,886億23百万円(前期比1.6%増)、営業利益18億65百万円(前期比15.6%増)、経常利益27億50百万円(前期比17.3%増)、当期純利益12億48百万円(前期比49.1%増)となりました。

業績の推移

1株あたりの利益

有価証券報告書(第60期)

001500

大株主は?

001506

従業員の状況

グループ全体で従業員は4,251名在籍しています。
吉野家単体でみると、従業員数329名、平均年齢48.2歳、平均勤続年数19.6歳、平均年間給与735万1千円となっています。
001502
001503
001504

会社の資料

株式会社 吉野家ホールディングス「第60期 有価証券報告書」より引用
株式会社 吉野家ホールディングス「公式HP」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへ