日本株

山崎製パン(2212)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介

山崎製パン(2212)とは


山崎製パンは、1948年に創業された国内製パン業界の最大手の会社です。
グループ傘下にヤマザキビスケットや東ハト、ヴィ・ド・フランス、サンデリカ等の会社をもっています。
菓子パンのイメージが強いですが、和菓子部門をもっています。
yamazaki 10

山崎製パンの主力商品「ダブルソフト」のように、ロングセラーブランドを数多く有しています。
ちなみに「ダブルソフト」は、見た目もソフト、触ってもソフトということで「ダブルソフト」とネーミングされました。
yamazaki 13yamazaki 14yamazaki 15yamazaki 16

株主優待は何?

権利確定日は、12月末です。
次の権利付き最終日は、2018年12月25日(火)になります。
2018年12月25日(火)の15時までに株を買付すれば、優待がもらえます。
※商品発送時期は4月になります。

特典:自社製品の詰め合わせ

1,000株以上

3,000円相当の自社製品

yamazaki 12
〈2017年12月期の優待商品〉
・カステラ(5枚スライス)
・フルーツケーキ(5個入り)
・ショコラケーキ(5個入り)
・パン屋さんが作ったジャム(ストロベリー・マーマレード)
・山崎謹製水ようかん(小豆・小倉・栗・抹茶)

配当はどうなっているの?

配当利回りは0.86%です(2018/04/20 終値)。
1株配当金額(会社予想)は20.00円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、23万3,900円必要です(2018/04/20 終値)。
株価 2,339円(2018/04/20 終値)。
単位株数 100株

会社の事業は?

事業別売上高をみると、食品事業9,821億16百万円(前期比101.3%)、流通事業604億1百万円(前期比97.5%)、その他事業106億46百万円(前期比105.9%)となっています。

yamazaki 04

食品事業の内訳をみると、食パン964億93百万円、菓子パン3,595億71百万円、和菓子709億91百万円、洋菓子1,349億7百万円、調理パン・米飯類1,552億98百万円、製菓・米菓・その他商品類1,648億54百万円となっています。

yamazaki 04

食品事業

食品事業は、山崎製パンやイケダパン、サンキムラヤ、スリーエスフーズ等の会社を通じて、コンビニや販売店に販売しています。
売上高9,821億16百万円(前期比101.3%)、営業利益292億9百万円(前期比85.4%)となっています。

食パン部門

食パン部門は、売上高964億93百万円(前期比102.5%)でした。
食パンは、特に「ロイヤルブレッド」や「超芳醇」、「ダブルソフト」が3大ブランドになります。
商品別の売上高をみると、ロイヤルブレッド190億円(前期比105.9%)、超芳醇109億円(前期比89.1%)、ダブルソフト75億円(前期比101.8%)、ふんわり食パン52億円(92.6%)、低価格帯食パン群181億円(前期比86.7%)、ゴールドシリーズ73億円(前期比227.7%)、サンドイッチ用食パン141億円(120.1%)となっています。
「レーズンゴールド」等のゴールドシリーズが好調ですね。
yamazaki 05

菓子パン部門

菓子パン部門は、売上高3,595億71百万円(前期比100.9%)でした。
商品別の売上高をみると、菓子パン1,822億円(前期比101.0%)、ペストリー484億円(前期比99.8%)、ドーナツ407億円(前期比94.4%)、VEMパン・ハードロール405億円(前期比106.7%)となっています。
菓子パンの内訳をみると、ランチパック・シリーズ356億円(前期比101.0%)、ミニパン315億円(前期比95.8%)、食卓ロール202億円(前期比99.6%)、主力菓子パン949億円(103.2%)となっています。
ランチパックの売上は、意外に大きくないですね。
yamazaki 06

和菓子部門

和菓子部門は、売上高709億91百万円(前期比99.7%)でした。
商品別の売上高をみると、和菓子だけでないですね。
商品別にみると、和生菓子297億円(前期比99.9%)、蒸しパン149億円(前期比97.0%)、焼菓子71億円(前期比98.0%)、中華まん114億円(前期比103.9%)となっています。
yamazaki 08

洋菓子部門

洋菓子部門は、売上高1,349億7百万円(前期比100.7%)でした。
「まるごとバナナ」や「2個入りケーキ」が好調でした。
商品別の売上高をみると、チルドケーキ361億円(前期比103.9%)、シュークリーム124億円(前期比95.3%)、スイスロール182億円(前期比96.9%)、スナックケーキ139億円(103.9%)となっています。
yamazaki 09

調理パン・米飯部門

調理パン・米飯部門は、売上高1,552億98百万円(前期比104.7%)でした。
サンドイッチが好調に推移しており、大手量販店やコンビニとの取引も順調に拡大しています。

製菓・米菓・その他商品類部門

製菓・米菓・その他商品類部門は、売上高1,648億54百万円(前期比99.3%)でした。
不二家の「ルック」などのチョコレートや東ハトの「ポテコ」などのスナック菓子等のブランドを持っています。

流通事業

流通事業では、デイリーヤマザキを通じて、フランチャイズ方式によるコンビニ事業や食品スーパーマーケットを展開しています。
売上高604億1百万円(前期比97.5%)、営業損失8億49百万円(前会計年度は8億52百万円の営業損失)となっています。
店舗数をみると、「デイリーヤマザキ」1,187店、「ニューヤマザキデイリーストア」333店、「ヤマザキデイリーストアー」33店、総店舗数1,553店となりました。

その他事業

その他事業では、物流事業や食品製造設備の設計や損害保険代理業等のさまざまな事業を展開しています。
売上高106億46百万円(前期比105.9%)、営業利益12億55百万円となっています。

会社の業績は大丈夫?

売上高1兆531億64百万円(前期比101.1%)、営業利益300億87百万円(前期比85.6%)、経常利益321億43百万円(前期比87.1%)、当期純利益は不二家の固定資産売却益の計上により251億6百万円(前期比138.1%)となっています。

業績の推移

1株あたりの利益

有価証券報告書(第70期)

yamazaki 01

大株主は?

yamazaki 11

従業員の状況

グループ全体で従業員は約28,000人います。
従業員の状況をみると、従業員19,109人、平均年齢38.2歳、平均勤続年数15.8年、平均年間給与568万294円となっています。
yamazaki 02
yamazaki 03

会社の資料

山崎製パン株式会社「第70期 有価証券報告書」より引用
山崎製パン株式会社「平成29年12月期 決算説明会」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへ