日本株

ヤーマン(6630)の株価・見通し・株主優待・決算情報

ヤーマン(6630)とは


ヤーマン(6630)は、美顔器や痩身機器などの家庭用美容機器を事業展開している企業です。
上場は2009年ですが、創業は1978年と古く歴史のある美容機器メーカーです。
昔は業務用機器が中心でしたが、家庭用向け製品にシフトしたことで、大きく業績を伸ばしました。
美容分野での特許の多さは有名で、体脂肪測定器もヤーマンの特許をもとに開発されました。


ヤーマンで特に売れているのが、上の動画の「RFボーテ フォトPLUS」です。
電磁波を使って毛穴の汚れを落とせるという機器で、価格は37,000円と高額ですが、大人気で商品で飛ぶように売れています。

株主優待は何?

優待内容は、自社製品になります。
美容や健康に興味がある個人投資家には、人気がありますね。

特典:自社製品

100株以上500株未満

1
13,000円相当の自社商品「ミネラルエアースターターセット」

500株以上

2
46,000円相当の自社商品「H/Cボーテ ピュア水素水スチーマー飲用ボトルセット」

優待の権利はいつ?

権利確定日は、4月末です。
次の権利付き最終日は、2018年4月24日(火)になります。
2018年4月24日(火)の15時までに株を買い付けすれば、優待がもらえます。

配当はどうなっているの?

配当利回りは0.15%です(2018/03/30 終値)。
1株配当金額(会社予想)は3.60円です。

いくらで買えるの?

1単位買うのに、24万1,400円必要です(2018/03/30 終値)。
株価 2,414円(2018/03/30 終値)。
単位株数 100株

会社の事業は?


事業別売上高をみると、通販部門46億63百万円、店販部門69億9百万円、直販部門57億60百万円、海外部門25億12百万円、その他1億26百万円となっています。
販路として事業が分けられているだけで、美容家電の単一セクターです。

5

「通販部門」

売上高46億6,288万円(前年度比2.3%減)、セグメント利益19億6,774万円(前年度比43.9%増)でした。
通販部門では、テレビやカタログ、インターネットを経由して販売をおこなっています。

「店販部門」

売上高69億931万円(前年度比58.3%増)、セグメント利益30億9,151万円(前年度比121.9%増)でした。
店販売部門では、家電量販店や百貨店、バラエティショップへの販売をおこなっています。

「直販部門」

売上高57億5,994万円(前年度比10.1%減)、セグメント利益15億8,800万円(前年度比2.7%増)でした。
直販売部門では、テレビ所ピングや雑誌、新聞、Webを用いて一般消費者への販売をおこなっています。

「海外部門」

売上高25億1,157万円(前年度比235.2%増)、セグメント利益5億8,125万円(前年度比439.5%増)でした。
海外部門では、海外の通信販売業者や卸売業者、一般消費者への販売をおこなっています。

地域別売上高

地域別売上高をみると、日本174億6,223万円、中国23億7,997万円、その他1億2,737万円となっており、ほとんどが日本国内の売上でした。

10

会社の業績は大丈夫?

売上高199億6,958万円(前年度比22.4%増)、営業利益35億327万円(前年度比240.6%増)、経常利益35億3,386万円(前年度比252.6%増)でした。
ヤーマンの美容製品の人気は高く、「RFボーテ」シリーズは大人気ですね。

業績の推移

1株あたりの利益

有価証券報告書(第43期)

3

大株主は?

royal 05

従業員の状況

ヤーマン株式会社単体でみると、従業員172人、平均年齢33.3歳、平均勤続年数5.8年、平均年間給与525万3千円です。
ちなみに、労働組合は結成されていません。
4

会社の資料

ヤーマン「第43期 有価証券報告書」より引用

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ