投資信託

楽ラップの解説!メリット、デメリットとは!

楽ラップとは

2950
楽ラップ
は、楽天証券が提供している「ロボットアドバイザー」です。
「ロボットアドバイザー」は、いくつかの質問に答えるだけで、その人に合ったポートフォリオを提案してくれます。
楽ラップでは、16問の簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適な投資ポートフォリオを提案してくれます。
その後、入金したら投資銘柄を自動で買付して、楽ラップが運用をしてくれます。
そのため、投資家は投資する金額や運用方針を決めるだけです。
その後は、ロボアドバイザーにすべて運用を任せることになります。
raku19

楽ラップの最大の魅力は、コストが低いことです
例えば、野村證券の『野村ファンドラップ・バリュープログラム』は、『楽ラップ』の2倍以上のコストがかかる可能性があります。
野村のファンドラップでは、組み入れる投資信託によってコストが変わるので一概に手数料を説明できません。
しかし、大体3%を超える手数料がかかるのが一般的のようです。

運用を一任するファンドラップの中で、1番良心的な『楽ラップ』はオススメですね。

楽ラップのパフォーマンス

実際の楽ラップのこれまでのパフォーマンスをマンスリーレポートで振り返ってみましょう(2018年7月31日基準)。
直近6カ月間のパフォーマンスが、すべてのコースでマイナスになっていることが気になります。
下がるときは、しっかりと下がっています。

3カ月間 6カ月間 1年間
保守型(TVTなし) +0.62% -0.60% +1.56%
やや保守(TVTなし) +0.75% -1.17% +3.36%
やや保守(TVTあり) +0.75% -1.17% +3.36%
やや積極(TVTなし) +0.99% -1.44% +5.28%
やや積極(TVTあり) +0.99% -1.44% +5.28%
積極型(TVTなし) +1.30% -1.65% +7.30%
積極型(TVTあり) +1.30% -1.65% +7.30%
かなり積極(TVTなし) +1.61% -1.73% +9.09%
かなり積極(TVTあり) +1.61% -1.73% +9.09%

ちなみにポートフォリオは以下の通りになっています。
保守型のポートフォリオでも株式系資産が23.04%(国内株9.63%+外国株13.41%)組み入れられているので、結構動きます。

保守型(TVTなし)
raku28
国内株9.63%、外国株13.41%、国内債13.38%、外国債51.58%、REIT9.00%、現金等3.00%

やや保守型(TVTなし)
raku29

国内株15.80%、外国株21.42%、国内債10.10%、外国債40.68%、REIT9.00%、現金等3.00%

やや保守型(TVTあり)
raku29

国内株15.80%、外国株21.42%、国内債10.10%、外国債40.68%、REIT9.00%、現金等3.00%

やや積極型(TVTなし)
raku30

国内株21.69%、外国株30.63%、国内債3.94%、外国債33.31%、REIT7.43%、現金等3.00%

やや積極型(TVTあり)
raku30

国内株21.69%、外国株30.63%、国内債3.94%、外国債33.31%、REIT7.43%、現金等3.00%

積極型(TVTなし)
raku31

国内株27.51%、外国株39.63%、国内債3.89%、外国債19.97%、REIT6.00%、現金等3.00%

積極型(TVTあり)
raku31
国内株27.51%、外国株39.63%、国内債3.89%、外国債19.97%、REIT6.00%、現金等3.00%

かなり積極型(TVTなし)
raku33

国内株33.78%、外国株47.92%、国内債0.90%、外国債8.40%、REIT6.00%、現金等3.00%

かなり積極型(TVTあり)
raku33
国内株33.78%、外国株47.92%、国内債0.90%、外国債8.40%、REIT6.00%、現金等3.00%

楽ラップのメリット

カンタンにお任せできるロボアドバイザー

楽ラップは、16問の質問に答えるだけであなたにピッタリの運用コースを提案します。
公式HPの『簡単!運用コース診断』のボタンを押せば、すぐに質問が始まります。
銘柄選びから、その銘柄の売買や管理までをロボットにお任せすることができます。
自分で銘柄を探したり、悩んだりしなくて良いので時間を節約することができますね。

ちなみに私が受けた16問の問いは以下の通りです。

1. あなたの性別を教えてください。
2. あなたの年代を教えてください。
3. 交流会に参加したところ、知り合いが1人もいません。どうしますか?(選択)
4. 少し体の調子が悪いと感じました。どうしますか?(選択)
5. 年始にデパートに行ったら福袋が売られていました。どうしますか?(選択)
6. あなたの使っているスマホの新作が出ました。どうしますか?(選択)
7. 懸賞に参加するとしたら、あなたならどちらを選びますか?(選択)
8. 市況が変化していく中で、長期投資で成功するためにあなたの考えに近いのはどちらですか?(選択)
9. 野菜を買うときに、どのように選びますか?(選択)
10. 初心者での人の性格を見分けることが得意ですか?(選択)
11. 100万円の臨時収入がありました。あなたならどのくらい貯金しますか?(選択)
12. 金融商品に対する投資によって期待する収益の額としてどれが一番近いですか?(選択)
13. 将来のあなたの所得は以下のイメージでどれが一番近いですか?(選択)
14. あなたは現在の仕事に不満があります。どうしますか?(選択)
15. あなたの投資歴を教えてください。(選択)
16. 金融商品に対する投資は総資産のどれくらいの比率が適切だと感じますか?(選択)

正直、「この質問をして、何が聞きたいんだろう」と思うものもありますね。
しかし出来上がったポートフォリオをみると、結構私のニーズ通りの内容でした。

下落ショックに軽減機能

楽ラップには、株式市場の値動きが大きい状況が続いた場合、債券の配分を自動で増やす『TVT機能』が付いています。
『TVT機能』をつけると、リーマンショックのような相場が下がり続けるような局面で、資産へのダメージを軽減することができます。
『TVT』を発動した後は、相場が落ち着いてきたら、徐々に通常の配分に戻すようになっています。
2951

『TVT』には、株式への投資比率を引き下げることで、大きく損失を出すリスクを減らすことができます。
ただし、株式の投資比率を引き下げている時に相場が上昇した場合、その上昇分を享受できないというデメリットもあります。
2952

積立投資にオススメ

『楽ラップ』は、毎月自動で投資できる「積立」が可能です。
収入の一部をコツコツ積み立てたり、投資タイミングを分けるなど、自由に設定ができます。
相場が上下する中で、「ドル・コスト平均法」を用いて投資したい人にはオススメです。
raku20

楽ラップのデメリット

NISAの利用はできない

楽ラップでは、NISAに非対応です。
他のロボアドバイザーでもNISAは使えないので、仕方ないですね。

スマホアプリがない

楽ラップでは、スマホアプリがありません。
ウェルスナビやテオなどのロボットアドバイザーにはアプリがあるので、楽ラップはちょっと不親切ですね。

解約すると換金まで10日かかる

楽ラップを解約すると、翌営業日から換金手続きが始まります。
そして、換金手続きが開始してから10営業日以内に顧客の口座に振り込まれます
通常の金融商品とちがって、スケジュールがかなりゆっくりになります。
そのため、『楽ラップ』は解約してもすぐに現金化できないということは把握しておきましょう。

楽ラップを解約する際に、解約手数料や違約金などはかかりません。
ただ、成功報酬併用型の手数料コースを選択している場合、運用成果により解約時に成功報酬がかかる場合があります。

楽ラップの手数料

大手の対面証券会社のファンドラップは、投資顧問料や手数料、信託報酬などのトータルコストが3%近くにもなるものもあります。
楽ラップの場合は、ロボアドバイザーを使うことで管理手数料などを大きく削減することができています。

楽ラップでは、『固定報酬型』『成功報酬併用型』という2種類の手数料が用意されています。
『固定報酬型』は、毎年決められた手数料がかかるタイプです。
『成功報酬併用型』は損した際は手数料が最小になりますが、利益がでた際は成功報酬をとられるタイプです。
どちらがオススメということもありません。
手数料は、自分で好きな方を選択してください。

固定報酬型

固定報酬型では、「ラップサービスの運営・管理費用」として資産残高に応じた「固定報酬」を毎月引き落とします。
raku24
上の図の固定報酬の内訳(0.702%)は、運用資産の時価評価額によって運用管理手数料率は変わります。
固定報酬は、投資顧問料と運用管理手数料によって構成されています。
投資顧問料年率0.162%と決まっていますが、運用管理手数料は運用資産の時価評価額によって手数料がかわります。
raku25

成功報酬併用型

成功報酬併用型は、資産残高と運用成果に応じた費用でおまかせ運用ができるコースです。
固定報酬は低くなりますが、成功報酬がとられます。
raku26
上野図の固定報酬の内訳(0.594%)は、運用資産の時価評価額によって運用管理手数料は変わります。
固定報酬は、投資顧問料と運用管理手数料によって構成されています。
投資顧問料年率0.054%と決まっていますが、運用管理手数料は運用資産の時価評価額によって手数料がかわります。
raku27

買付時手数料はゼロ円

4207
楽ラップでは、初期コストはゼロ円です。
ロボアドバイザーによる診断やポートフォリオの作成も無料で手続きできます。
そのため、楽ラップをスタートさせるための手数料は完全に無料です

楽ラップの注意事項

解約すると換金まで10日かかる

楽ラップを解約すると、翌営業日から換金手続きが始まります。
そして、換金手続きが開始してから10営業日以内に顧客の口座に振り込まれます
通常の金融商品とちがって、スケジュールがかなりゆっくりになります。

楽ラップを解約する際に、解約手数料や違約金などはかかりません。
ただ、成功報酬併用型の手数料コースを選択している場合、運用成果により解約時に成功報酬がかかる場合があります。

楽ラップの申込方法

楽ラップは、以下の流れで開始できます。
1. 『無料診断』を受けて、運用コースの提案を受けてください。
2.  ロボアドバイザーが提案したコースが気に入れば、『運用コース』を決定してください。
3. 運用コースが決まったら、『お申込み』の手続きをしてください。
raku23

楽ラップの公式HPの「簡単!運用コース診断」ボタンからスタートしてください。
2950

今回のまとめ

私は、ファンドラップの中では『楽ラップ』が1番良心的だと思います。
『楽ラップ』の手数料は、固定報酬型では年0.99%となっています。

例えば、野村證券の『野村ファンドラップ・バリュープログラム』では、『楽ラップ』の2倍以上のコストがかかる可能性があります。
野村のファンドラップでは、組み入れる投資信託によってコストが変わるので一概に手数料を説明できません。
しかし、大体3%を超える手数料がかかるのが一般的のようです。

もしファンドラップに投資しようと考えている人は、対面証券会社のファンドラップに投資するのではなく『楽ラップ』への投資を考えてみましょう。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ