米国株

ツイッターが急落!何があった?

ツイッター株が−5.38%の急落!

002851
(直近5日間のツイッター株価チャート)

昨晩、ツイッターの株価が-5.38%と急落しました。
ダウ平均が+1.31%、S&P500が+0.88%、ナスダックが+0.88%だったので、かなり大きなアンダーパフォーマンスでした。

ツイッターの株価が急落した理由は、『ツイッターが偽情報等を減らすために直近2ヶ月間で7,000万を超える数のアカウントを凍結した』からです。
ワシントン・ポスト紙は、ツイッターが5~6月に7,000万を超える数のアカウントを凍結して、7月も同様のペースでアカウント凍結をしていると報じました。

今まで私は、ツイッターにルールの緩いイメージがありました。
最近フェイスブックが個人情報流出問題で炎上しましたね。
厳しく糾弾されているフェイスブックをみて、ツイッターは情報管理を徹底し始めているようですね。

今後はどうなる?

ツイッターが問題のあるアカウントを凍結していることは、長期的にプラスだと思います。
問題のあるアカウントを凍結したことで、業績にマイナスの影響が出ることもほとんどないでしょうね。

002850
(ツイッターの月間アクティブユーザー数)

ただ、次回の決算で発表される月間アクティブユーザー数は減少するかもしれません
直近の月間アクティブユーザー数は3億36百万人です(2018年Q1)。
上記の通り、フェイスブックに比べて伸びは鈍化しています。
今回のアカウント凍結がどのような影響が出るか分かりませんが、次回の決算では月間アクティブユーザー数が下がる可能性もありますね。

002852
(直近1年間のツイッター株価チャート)
ツイッターの株価は直近1年間で大きく上昇しています。
今回の報道をきっかけに、利益確定の売りが膨らんだようですね。
ツイッターの事業自体に問題はないと思います。

問題のあるアカウントを凍結することは、ツイッターにとって長期的にプラスです。
今回の報道は、そんなに気にすることではないと思います。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の米国株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へ