ツイッター急落、破滅へのカウントダウン開始か!?

ツイッター急落、破滅へのカウントダウン開始か!?

昨晩、ツイッターの株価が急落しました。
ダウ平均が-1.43%、S&P500が-1.73%に対して、ツイッターの株価は-12.03%というパフォーマンスでした。

直近5日間のS&P500とツイッターの株価の比較チャートがこちらです。
00002

昨晩ツイッターの株価が急落したのは、シトロン・リサーチがツイッターの売り推奨のレポートを出したからです。
シトロンリサーチは、ツイッターがデータライセンス事業の一環としてダイレクトメッセージのデータの販売を行っていることが法的なリスクになると指摘しています。
ツイッターはいくらで販売しているかは明らかにしていませんが、データライセンス事業は直近の決算でも好調でした。

今回のフェイスブックのユーザー情報の流出がツイッターに飛び火した形になっています。
実際、米国の議員たちはツイッターにもユーザー情報の管理について聞く方針を明らかにしているので、ツイッターもフェイスブックと同じく、かなり追及されると思います。

シトロンリサーチは、空売りが得意なアンドルー・レフト氏が率いている投資企業です。
2016年8月にサイバーダインについての売り推奨のレポートを出したことでも有名です。
下の図が、サイバーダインの株価の推移ですが、シトロンリサーチのレポートの影響で株価が大きく下落しています。
00001

シトロンリサーチのレポートは、必ずしも内容が合っていないことがあるので注意は必要です。
ただ、売り推奨を受けた企業の株価は弱くなることが多いので、ツイッターもしばらく値動きが重いと思います。
あまりにもシトロンリサーチのレポートの影響が大きいので、米国でもたびたび問題視されていますね。

確かにアメリカでSNS企業に新しい規制がかかった場合、ツイッターにとっては大きな逆風だと思います。
今回のフェイスブックのユーザー情報流出で、1番ダメージを負うことになるのがツイッターになる可能性が高くなってきました。

Twitter 08
ツイッター(TWTR)の銘柄紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です