投資信託

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの解説!メリットデメリット、注意事項!

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの解説!

セゾン投信
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
は、セゾン投信が運用している投資信託です。
純資産総額が1,640億79百万円(2018年10月17日)あります。
2007年に運用をスタートしてからお金を順調に集めていますね。
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界中の株や債券に分散投資をしている投資信託です。
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
セゾン投信『月次運用レポート』より引用

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、初心者向けの投資信託だと思います。
「あんまり細かいことを考えたくない」人や「とにかく長期投資がしたい」人に向いている投資信託ですね。

大きく分けると、特徴は3つです。

国際分散投資
…世界中に分散投資をしています。
②株式と債券へ投資
…株式と債券へ50%ずつ投資をしています。
③低コスト
…購入時手数料が無料です。

このファンド1本で世界中の株や債券に分散投資をすることができます。
コストを抑えつつ分散投資をおこなうことで、今まで安定したリターンを計上してきました。

今回はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのメリットやデメリット、実績、内容について解説します。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは


セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドは、世界中に分散投資が可能なインデックス投信です。
バンガードが運用する8本の投資信託を組み合わせて運用しています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの詳細はこちらです。

商品名 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
購入時手数料 なし
信託報酬 年0.60%±0.02%
信託財産留保額 0.1%
換金代金 6営業日目
設定日 2007年3月15日
信託期間 無期限
決算日 毎年12月10日
委託会社 セゾン投信
受託会社 野村信託銀行

直近のレポートをみると…
ちょうど株式50%、債券50%の割合でポートフォリオを構築しています。
地域別にみると、米国の比率が半分を超えていますね
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

資産別の商品構成をみると…
米国株式 28.1%
・欧州株式 10.2%
・日本株式 4.1%
・日本を除くアジア株 1.9%
・新興国株式 5.7%
・米国系債券 24.8%
・ユーロ系債券 18.6%
・日本系債券 5.8%
・短期金融資産 0.9%

商品を地域別にみると…
米国 52.9%
・欧州 28.8%
・日本 9.9%
・日本を除くアジア 1.9%
・新興国 5.7%

メリット

購入時手数料が無料

セゾン投信で提供している投資信託は、購入時の手数料がいりません。
対面の証券会社では購入時手数料を3%近くとる商品もあるので、良心的ですね。

積立投資が可能

セゾン投信の商品は、積立投資をすることができます。
積立投資をすると、元本割れをする可能性が低くなるので、セゾン投信でも推奨しているようです。
積立投資
セゾン投信「なぜ長期投資?」

デメリット

解約時に0.1%の手数料

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを解約する際に、0.1%の信託財産留保額がコストとして引かれます。
信託財産留保額は、解約するときに支払うペナルティー料金のようなものです。
投信を解約すると、株や債券の一部を売って現金化する必要があります。
その際にかかるコストを解約した人に支払ってもらうという手数料です。

大儲けはできない

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで大儲けすることはできません。
ポートフォリオをみると、株50%債券50%の比率となっています。
株の比率が50%と抑えられているため、基準価額の大きな上昇は見込めません。
債券が50%の比率を占めているため、基準価額が大きく下落する可能性も低そうです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの実績

現在の基準価額と純資産総額です(2018年10月17日)。

商品名 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
基準価額 14,282円
純資産総額 1,640億79百万円

基準価額の騰落率です。

6カ月 1年 3年 5年
+7.68% +4.84% +5.21% +7.21%

主要な投資信託とパフォーマンスを比較してみました。

商品名 1年 3年 5年
セゾン・バンガード・グローバルバランス +4.84% +5.21% +7.21%
フィデリティ・USハイイールド +3.64% +5.38% +7.97%
フィデリティ・USリートB(無) +1.41% +5.09% +11.01%
ひふみプラス +15.80% +19.55% +20.02%
ピクテ・グローバル・インカム -2.24% +2.95% +4.78%
ダイワUS-REIT-B +2.92% +3.74% +10.62%
グローバルソブリンOP毎月 -2.16% -1.30% +2.73%

セゾン投信とは


セゾン投信は、2006年に設立された運用会社です。
運用商品は、以下の2つだけです。

『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』
『セゾン資産形成の達人ファンド』

セゾン投信の運用資産は2,000億円突破しており、顧客の口座開設件数も13万件を超えています(2017年末)。

セゾン投信で投資信託を運用している顧客の大半は利益になっています。
2018年9月、セゾン投信は「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI(2018年3月末基準)」を発表しました。
「KPI」とは『投資信託を購入した投資家の何割が得or損したのか可視化できる指標』です。
この指標をみると、その金融機関で投資信託を購入した投資家の損益が分かりやすく判断できます。

セゾン投信のKPIは84.9%となっています。
この数字は“セゾン投信で投資信託を保有している84.9%の顧客が利益となっている”ということです。
セゾン投信 共通KPI
セゾン投信の”KPI 84.9%”という数値は、かなり良いです。
金融機関ごとのKPIの数値は下の記事でまとめました。

投資信託は儲かるの?金融機関ランキング(KPI)金融庁の共通KPIを利用して、金融機関別にどのくらい顧客が儲かっているのか比較してみました。コモンズ投信とひふみ投信などを運営しているレオスキャピタルとセゾン投信が好成績でした。...

セゾン投信よりも数値が良いのは、コモンズ投信とレオスキャピタル(ひふみ投信)の2社だけです。

ひふみプラス
ひふみプラスの解説!投資信託の内容、評判、投資しても大丈夫?ひふみプラスの解説記事です。ひふみプラスは、株式に投資している投資信託です。ひふみプラスとひふみ投信、ひふみ年金は運用対象が同じです。ひふみプラスの評判、商品内容、今後の見通しについて解説しました。 ...

セゾン投信は、全国で様々なセミナーを開催しています。
開催場所は、東京や大阪の大都市圏だけではありません。
地方でも開催しているのでぜひチェックしてみてください。
セゾン投信:「開催スケジュール」

どの金融機関で購入できるか

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、以下の金融機関で購入できます。
下記のいずれの金融機関でも購入時手数料がかかりません。

セゾン投信の公式HPです。
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』
足利銀行の公式HPです。
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』
熊本銀行の公式HPです。
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』
親和銀行の公式HPです。
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』
福岡銀行の公式HPです。
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』
横浜銀行の公式HPです。
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』
楽天証券の公式HPです。
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』
tsumiki証券の公式HPです。
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』

セゾン投信のツイッターはこちらです。

投資信託の関連記事

ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド・シリーズは、今年設定された投資信託の中でも、かなりお金を集めています。
『元本確保型の投資信託』というワードが、顧客の胸に響いているようですね。

ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10
ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10(プライムOne2018-10)の解説!特徴や注意事項は?『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09(プライムOne2018-10)』がアセットマネジメントOneの公式HPにアップされました。特徴やメリット、リスク、注意事項などを記事にしました。...

eMAXIS Slim シリーズは、手数料が低い人気のインデックスファンドシリーズです。

eMAXIS Slim
eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)の解説!メリットとデメリットは?eMAXIS Slim(イーマクシススリム)は、業界最低水準の運用コストのインデックス・ファンドシリーズです。目論見書や報告書をペーパーレス化するなどして、運用コストを徹底的に減らしたインデックスファンドシリーズです。...

ひふみプラスは、日本で1番勢いのある日本株のアクティブファンドです。

ひふみプラス
ひふみプラスの解説!投資信託の内容、評判、投資しても大丈夫?ひふみプラスの解説記事です。ひふみプラスは、株式に投資している投資信託です。ひふみプラスとひふみ投信、ひふみ年金は運用対象が同じです。ひふみプラスの評判、商品内容、今後の見通しについて解説しました。 ...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ