投資信託

投資信託の主役は運用会社

投資信託の主役は運用会社


投資信託を購入する際に1番目が向きがちなのは、投資信託を販売している野村證券やSBI証券などの販売会社です。
しかし、1番大切なのは『運用会社』です。

投資信託は、以下の3つの会社が関係しています。

運用する会社…投資信託をつくっています
(例).野村アセット・マネジメント、三菱UFJ国際投信
販売する会社…証券会社などの投資信託を売っている
(例).野村證券、SBI証券
管理する会社…運用会社の指図を受けて、売買をおこなっている
(例).三菱UFJ信託、みずほ信託銀行

野村證券やSBI証券は投資信託を仲介しているだけです。
下の図の通り、販売会社はただ単に右から左に流していることに過ぎません。
投資信託の仕組み
投資信託協会(投資信託の仕組み)より引用

投資信託を購入するときは『販売している会社(販売会社)』ではなく、『運用会社』に注目すべきです。

例えば、自動車を購入するときにも「どの販売店で購入するか」ではなく、「どのメーカーのどの車種を購入するか」で決めると思います。
投資信託も同じです。
他のモノを購入するときと同じように考えましょう。

投資信託を購入するときは「どの証券会社で購入するか」ではなく、「どの運用会社か」をチェックするのではなく、「どの運用チームか」をチェックするようにしましょう。

投資信託の運用会社ランキング

投資信託の運用会社の純資産総額のランキング結果は以下の通りです(2018年9月末)。
トップの野村アセット・マネジメントは31.7兆円にもなります。
2位の会社に倍近く差をつけているので、ダントツの規模ですね。
証券会社系の運用会社がランキングの上位を占めています。

順位 運用会社 純資産総額
1位 野村アセット 31兆7,921億17百万円
2位 大和証券投資信託委託 16兆6,766億88百万円
3位 日興アセット 15兆3,803億22百万円
4位 三菱UFJ国際投信 10兆6,990億47百万円
5位 アセットマネジメントOne 8兆9,781億45百万円
6位 三井住友トラストアセット 3兆8,724億81百万円
7位 三井住友アセット 3兆3,248億74百万円
8位 フィデリティ投信 2兆7.418億83百万円
9位 ニッセイアセット 2兆1,936億21百万円
10位 大和住銀投信投資顧問 2兆1,719億9百万円

勢いがあるのは独立系

00152
投資信託で販売を伸ばしているのは、独立系の運用会社です。
レオス・キャピタルの運用している『ひふみプラス』の純資産総額は6,164億68百万円です(2018/10/17)。
投資信託の純資産総額ランキングでは、14位にランクインしています(2018/10/17)。
独立系の運用会社は、”商品力”で顧客を集めなければならないのでキチンとした投資信託を提供しています。
これからも独立系の運用会社の快進撃が続きそうです。

ひふみプラス
ひふみプラスの解説!投資信託の内容、評判、投資しても大丈夫?ひふみプラスの解説記事です。ひふみプラスは、株式に投資している投資信託です。ひふみプラスとひふみ投信、ひふみ年金は運用対象が同じです。ひふみプラスの評判、商品内容、今後の見通しについて解説しました。 ...

下の記事でもまとめましたが、独立系の運用会社は顧客をキチンと儲けさせている点に好感がもてます。

投資信託は儲かるの?金融機関ランキング(KPI)金融庁の共通KPIを利用して、金融機関別にどのくらい顧客が儲かっているのか比較してみました。コモンズ投信とひふみ投信などを運営しているレオスキャピタルとセゾン投信が好成績でした。...

投資信託の運用会社の一覧

運用会社は大手銀行や証券会社の系列系の企業が多いです。
最近では、系列に属さない独立系の運用会社の方が勢いがあります。
投資信託を購入する際は、運用会社をチェックするだけでなく、運用チームも必ずチェックしてください。

運用会社には、日系だけでなく外資系も多いです。
・野村アセットマネジメント
・大和証券投資信託委託株式会社
・日興アセットマネジメント
・三菱UFJ国際投信
・アセットマネジメントOne
・三井住友アセットマネジメント
・三井住友トラスト・アセットマネジメント
・フィデリティ投信
・ニッセイアセットマネジメント
・大和住銀投信投資顧問
・ブラックロックジャパン
・ゴールドマンサックスアセットマネジメント
・ピクテ投信投資顧問
・アムンディアセットマネジメント
・東京海上アセットマネジメント
・岡三アセットマネジメント
・JPモルガンアセットマネジメント
・レオスキャピタルワークス
・UBSアセットマネジメント
・レッグメイソンアセットマネジメント
・アライアンスバーンスタイン
・しんきんアセットマネジメント
・BNYメロンアセットマネジメントジャパン
など多数…

関連資料

投資信託協会『投資信託の仕組み』
投資信託協会『投資信託会社別資産増減状況』

投資信託の関連記事

ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド・シリーズは、今年設定された投資信託の中でも、かなりお金を集めています。
『元本確保型の投資信託』というワードが、顧客の胸に響いているようですね。

ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10
ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10(プライムOne2018-10)の解説!特徴や注意事項は?『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09(プライムOne2018-10)』がアセットマネジメントOneの公式HPにアップされました。特徴やメリット、リスク、注意事項などを記事にしました。...

eMAXIS Slim シリーズは、手数料が低い人気のインデックスファンドシリーズです。

eMAXIS Slim
eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)の解説!メリットとデメリットは?eMAXIS Slim(イーマクシススリム)は、業界最低水準の運用コストのインデックス・ファンドシリーズです。目論見書や報告書をペーパーレス化するなどして、運用コストを徹底的に減らしたインデックスファンドシリーズです。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ