投資信託

コモンズ投信の運用は上手いの?共通KPIを比較

コモンズ投信のパフォーマンスを比較

コモンズ投信
コモンズ30ファンド』と『ザ・2020ビジョン』の2つのファンドを運用しているコモンズ投信が『投資信託の共通KPI』を発表しました。
『共通KPI』は、投資信託を共通の基準で比較できる指標です。
この『共通KPI』を比較することで、過去にコモンズ投信で投資信託を購入した人がどのくらい儲かっているのか(損をしているのか)ということが分かります。
今回は、コモンズ投信とひふみ投信、銀行29行、ネット証券4社のKPIを比較してみました。

KPIを徹底比較

コモンズ投信の共通KPI

2018年9月28日、コモンズ投信は『投資信託の共通KPI』を発表しました。
下の図の通り、2018年3月末時点の投信残高に対するトータルリターンでは、97.7%の顧客が運用損益でプラスとなっています。
コモンズ投信 共通KPI
2018年3月末時点で、コモンズ投信で投資信託を保有している97.7%の顧客が運用益となっています。
97.7%なので、ほぼすべての顧客がプラスと判断しても良いですね。

ひふみ投信の共通KPI

ひふみ投信も共通KPIを発表しています。
下の図の通り、2018年3月末時点の投信残高に対するトータルリターンでは、91%の顧客が運用損益でプラスとなっています。
ひふみ投信 共通KPI
2018年3月末時点で、ひふみ投信で投資信託を保有している91%の顧客が運用益となっています。
ひふみ投信の共通KPIもかなり優秀ですね。

ネット証券4社の共通KPI

2018年8月、SBI証券やカブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券の4社は投資信託の共通KPIを発表しました。
下の図の通り、2018年3月末時点の投信残高に対するトータルリターンでは、63.8%の顧客が運用損益でプラスとなっています。
ネット証券 KPI
2018年3月末時点でネット証券で投資信託を保有している54%の顧客が運用益となっていることになります。

銀行29行の共通KPI

2018年6月、金融庁は国内銀行29行の共通KPIを発表しました。
下の図の通り、2018年3月末時点の投信残高に対するトータルリターンでは、54%の顧客が運用損益でプラスとなっています。
国内29行のKPI
2018年3月末時点で、国内銀行29行で投資信託を保有している54%の顧客が運用益となっています。
逆にいうと、46%の顧客で運用損がでていることになります。

コモンズ投信とは

コモンズ投信を知らない人のためにコモンズ投信の解説をしておきます。
実はコモンズ投信は、『コモンズ30ファンド』と『ザ・2020ビジョン』の2つのファンドしか運用していません。

コモンズ30ファンド

『コモンズ30ファンド』は“30年”、“30社”、“対話”を特徴とする投資信託です。
投資先は真のグローバル企業を中心に約30銘柄を厳選しています。
下の図の通り、ひとつずつの銘柄比率が高いので組入銘柄によって基準価額が大きく振れる可能性がありますね。
コモンズ30ファンド

ザ・2020ビジョン

『ザ・2020ビジョン』は、この先の日本に起こる変化をしっかり見通したいという思いを込めた投資信託です。
投資対象は大型から小型株まであり、時価総額で区切ってはいません。
株式への投資は、信託財産の50%超を基本としています。
ザ・2020ビジョン

今回のまとめ


今回は ”コモンズ投信”と“ひふみ投信”、“国内29行”、“ネット証券4社”の共通KPIを比較しました。
共通KPIはいずれも2018年3月時点の運用損益です。
コモンズ投信のパフォーマンスをみると、ほとんどの人が利益をあげていることになりますね。

コモンズ投信…97.7%
ひふみ投信…91%
国内29行…54%
ネット証券4社…63.8%

今回の共通KPIは、あくまでも2018年3月末時点での顧客保有商品の損益状況を抽出しています。
そのため、利益が出て売却した顧客の数字が入っていないということも頭の片隅に入れておいてください。
ひふみ投信の共通KPIも高いですが、コモンズ投信の共通KPIは圧倒的ですね。

ひふみプラス
ひふみプラスの解説!投資信託の内容、評判、投資しても大丈夫?ひふみプラスの解説記事です。ひふみプラスは、株式に投資している投資信託です。ひふみプラスとひふみ投信、ひふみ年金は運用対象が同じです。ひふみプラスの評判、商品内容、今後の見通しについて解説しました。 ...

関連資料

コモンズ投信『投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIの公表』
金融庁『投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIを用いた分析』
レオスキャピタル『投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIの公表について』
カブドットコム証券『投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIのお知らせ』
レオスキャピタル『公式HP』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ