投資信託

おすすめの投資信託ランキング(米国株)

おすすめの投資信託ランキング(米国株)

米国株 投資信託
今回は米国株おすすめ投資信託をピックアップしました。
米国株の投資信託は証券各社が力を入れている分野なので、かなり多くの投資信託があります。
パフォーマンスをみると、ほとんどのアクティブファンドが米国株のインデックスファンドに負けています。
そのため、米国株は”インデックスファンド”をおすすめしています。

米国株のインデックスファンドには、以下の3種類があります。

1. S&P500のインデックスファンド
2. NYダウのインデックスファンド
3. 米国株式市場全体に投資するインデックスファンド

米国株のインデックスファンドに投資する際、『S&P500』のインデックスファンドに投資するのが一般的です。
『ダウ平均』は30銘柄しかないので、銘柄が集中してしまいます。
そのため個人的には、『S&P500』か『米国株式市場全体』に投資するインデックスファンドが良いと考えています。

今回は3つのインデックスファンドをピックアップしました。
自分の考えに沿ったファンドに投資するようにしてください。

・『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』
S&P500のインデックスファンド
・『iFree NY ダウ・インデックス』
NYダウ平均のインデックスファンド
・『(楽天VTI』
米国株全体投資するファンド

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

eMAXIS Slim
『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』
は、米国S&P500に投資しているインデックスファンドです。
eMAXIS Slimシリーズは、三菱UFJ国際投信が運用しているインデックスファンドです。
S&P500は、米国市場に上場している約8割を占めています。
そのため、S&P500のインデックスファンドに投資しておけば、ほぼ全ての米国の大型株には投資できることになります。
「米国の大型株に投資したい」時は、『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の一択で良いと思います。

組入上位15銘柄

組入上位15銘柄はこちらです。
eMAXIS Slim 米国株式

商品の詳細情報

商品名 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
ベンチマーク S&P500
購入時手数料 なし
信託報酬 年率 0.1728%
信託財産留保額 なし
純資産総額 31億96百万円
(2018/09/21)

eMAXIS Slimが気になる人は下の記事をチェックしてください。

eMAXIS Slim
eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)の解説!メリットとデメリットは?eMAXIS Slim(イーマクシススリム)は、業界最低水準の運用コストのインデックス・ファンドシリーズです。目論見書や報告書をペーパーレス化するなどして、運用コストを徹底的に減らしたインデックスファンドシリーズです。...

iFree NY ダウ・インデックス


『iFree NY ダウ・インデックス』は、NYダウを投資対象としているインデックスファンドです。
iFreeシリーズは、大和証券投資信託委託株式会社が運用しているインデックスファンドです。
NYダウは、米国を代表する30銘柄を組み入れている株式指数です。
「ダウ平均に投資したい」ときは、『iFree NYダウ・インデックス』がおすすめです。

組入上位10銘柄

組入上位10銘柄はこちらです。
iFree NYダウ・インデックス

商品の詳細情報

商品名 iFree NYダウ・インデックス
ベンチマーク ダウ平均
購入時手数料 なし
信託報酬 年率 0.243%
信託財産留保額 なし
純資産総額 82億68百万円
(2018/09/21)

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』は、全米の株式を投資対象としているインデックスファンドです。
バンガード・トータル・ストック・マーケットETFをベンチマークとしています。
投資先のバンガード・トータル・ストックマーケットETFの投資数は3,627銘柄にもなります(2018年7月末)。
「米国株全体に投資したい」ときは、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』がおすすめです。

組入上位10銘柄

投資先のバンガード・トータル・ストックマーケットETFの投資数は3,627銘柄にもなります(2018年7月末)。
組入上位10銘柄はこちらです。
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

商品の詳細情報

商品名 楽天・全米株式インデックス・ファンド
ベンチマーク バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
購入時手数料 なし
信託報酬 年率 0.1296%
信託財産留保額 なし
純資産総額 223億11百万円
(2018/09/21)

今回のまとめ

今回は、米国株に投資する際におすすめの米国株インデックスファンドについてまとめました。
『iFree NYダウ・インデックス』は、30銘柄に集中投資している投資信託なので、銘柄の集中が気になりますね。

個人的には『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』と『楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)』がオススメですね。
米国株市場は大きな問題がなければ、順調に成長していくマーケットだと思うので長期投資には最適です。

下の図は、1990年1月1日~2018年9月21日までの日経平均(青)とS&P500(赤)の比較チャートです。
長期的には日本株よりもS&P500(米国株)の方がパフォーマンスに期待がもてそうです。
日経平均とS&P500の比較チャート
日経平均:青、S&P500:赤の比較チャート
(為替は考慮していません)

私は投資信託を選ぶ際に以下の条件をチェックしています。

・ノーロード(購入時手数料なし)
・信託報酬が低ければ低いほど良い
・決算は年1回(毎月分配型ではない)
・解約手数料はない
・償還期間が無制限
・運用規模が10億円以上

おすすめ投資信託

おすすめ 日本株 投資信託
おすすめの投資信託ランキング(日本株)おすすめの投資信託ランキング(日本株)を記事にしました。ピックアップしたのは、eMAXIS Slim国内株式インデックスとひふみプラス、たわらノーロード TOPIXの3つをピックアップしました。国内株の投信の記事になります。...

関連資料

大和投資信託『iFree NYダウ・インデックス』
楽天投信投資顧問『楽天・全米株式インデックス・ファンド』
三菱UFJ国際投信『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ