投資信託

おすすめの投資信託ランキング(日本株)

おすすめの投資信託ランキング(日本株)

おすすめ 日本株 投資信託
今回は日本株おすすめ投資信託をピックアップしました。
投資信託のランキングは、証券会社のページをみると色々と出てきますね。
ただ、証券会社の投資信託のランキングをみても“本当に良い”商品には、なかなかめぐり合うことができないと思います。
今回は投資パンダが厳選した“おすすめの国内株の投資信託”を紹介します。

1位. eMAXIS Slim 国内株式インデックス

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」は、TOPIXに連動する投資成果をめざして運用をおこなうインデックスファンドです。
eMAXIS Slimは、三菱国際投信が運用しているインデックスファンドシリーズです。
『業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続けるファンドシリーズ』と大々的に宣伝しています。
実際にニッセイAMが信託報酬を下げた際には、さっそく自社の信託報酬を引き下げました。
そのため、常に業界で最低水準の信託報酬を実現させているインデックスファンドです。

しかし、eMAXIS Slimシリーズを取り扱っている金融機関は非常に少ないです。
現在の取扱い金融機関は…

・岩井コスモ証券
・SBI証券
・SMBC日興証券(ダイレクトコース)
・岡三オンライン証券
・カブドットコム証券
・GMOクリック証券
・ジャパンネット銀行
・松井証券
・マネックス証券
・楽天証券

eMAXIS Slimシリーズの詳細はこちらです。

eMAXIS Slim
eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)の解説!メリットとデメリットは?eMAXIS Slim(イーマクシススリム)は、業界最低水準の運用コストのインデックス・ファンドシリーズです。目論見書や報告書をペーパーレス化するなどして、運用コストを徹底的に減らしたインデックスファンドシリーズです。...

おすすめポイント
業界最低水準のTOPIXのインデックスファンド
いまいちポイント
・取扱いの証券会社はたったの10社だけ

2位. ひふみプラス

ひふみプラスは、レオスキャピタルが運用しているアクティブ投信です。
アクティブ投信を『コストが高いからイヤ』と毛嫌いする人は多いですね。
実際にひふみプラスは、信託報酬が最大1.06%とインデックスファンドより高くなっています。
しかし、インデックスファンドよりアクティブファンドの方が、積極的に銘柄を動かすので信託報酬が高いのは当然です。

アクティブ投信は信託報酬が高いからダメと一概には言えません。
ひふみプラスは、長年TOPIXを上回る好パフォーマンスをあげています。
ポートフォリオの中に、ひふみプラスを組み入れるのは有効だと思います。
ただ、最近ひふみプラスの運用内容が変わっているのは、ちょっと不安です。

ひふみプラス
ひふみプラスの不調の理由!?危ないのかキッチリ解説!ひふみプラス・ひふみ投信の不調の理由を記事にしました。ひふみプラスのポートフォリオは昔と違い、海外株が入り、大型株中心の構成になっています。「ひふみプラスが危ない」というわけではないと思います。...

他の投資信託と比較すると、ひふみプラスの運用が上手いのは確かです。

ひふみプラス
ひふみプラスの儲けはどのくらい?共通KPIを比較!ひふみプラスの儲けがどのくらいになっているのか知りたい人のための解説記事です。ひふみプラスやひふみ投信のパフォーマンスを銀行やネット証券のパフォーマンスを比較しました。...

ひふみプラスは、購入する金融機関によっては手数料がかかるので注意してください。
購入しようとして手数料がかかるなら、レオスキャピタルで口座開設して購入時手数料無料で投資する方が良いと思います。

ひふみプラス
ひふみプラスは手数料無料で購入しようひふみプラスの手数料を金融機関ごとに徹底比較してみました。金融機関によっては購入時手数料なしで購入することができます。購入時の手数料は、必ず購入前にチェックするようにしましょう。...

ひふみプラスの詳細はこちらです。

ひふみプラス
ひふみプラスの解説!投資信託の内容、評判、投資しても大丈夫?ひふみプラスの解説記事です。ひふみプラスは、株式に投資している投資信託です。ひふみプラスとひふみ投信、ひふみ年金は運用対象が同じです。ひふみプラスの評判、商品内容、今後の見通しについて解説しました。 ...

最高投資責任者は、藤野英人氏です。
藤野氏は日本を代表するファンドマネージャーです。
私は、“レオスキャピタル”というよりは“藤野氏”を信頼してひふみプラスに投資をしています。
レオスのひふみ投信

おすすめポイント
・最高投資責任者は日本を代表するファンドマネージャーの藤野英人氏
・ひふみプラスは様々な金融機関で取扱いがある。
いまいちポイント
・購入する金融機関によっては購入時手数料がかかる
・最近、運用対象が変化している
・信託報酬が最大1.06%と高い

3位. たわらノーロード TOPIX

「たわらノーロードTOPIX」は、TOPIXに連動する投資成果をめざして運用をおこなうインデックスファンドです。
たわらノーロードは、アセットマネジメントOneが運用しているインデックスファンドシリーズで、全部で29本があります。
アセットマネジメントOneは、みずほフィナンシャルグループと第一生命が出資する運用残高試算57兆円の国内最大規模の運用会社です。

取扱いの金融機関は少ないです。
野村證券や大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券では取り扱っていません。
しかし、eMAXIS Slimよりは取扱い金融機関は多いですね。

おすすめポイント
・コストの低いTOPIXのインデックスファンド
・eMAXIS Slimよりも取扱い金融機関が多い
いまいちポイント
・対面の大手証券会社では取扱いがない

今回のまとめ

今回は、おすすめの日本株の投資信託をピックアップしました。
インデックスファンドシリーズは、eMAXIS Slimの一択でも良いと考えています。
しかし、eMAXIS Slimは取り扱う金融機関がなかなか広がっていかないですね。
eMAXIS Slimは投資家側にはメリットがあっても、証券会社側にはうま味の少ない商品なので仕方ないのかもしれませんね。
投資信託は“販売会社側にうま味の少ない商品であればあるほど投資家にとっては良い商品”なことが多いので、しっかりと厳選して投資商品は選びましょう。

私が投資信託を選ぶ際に重要視しているのは、以下の6つです。

・ノーロード(購入時手数料なし)
・信託報酬が低ければ低いほど良い
・決算は年1回(毎月分配型ではない)
・解約手数料はない
・償還期間が無制限
・運用規模が10億円以上

プロに任せて安心のひふみ投信

おすすめ投資信託

米国株式 投資信託
おすすめの投資信託ランキング(米国株)今回は米国株のおすすめの投資信託をピックアップしました。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とiFree NY ダウ・インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)がおすすめとして紹介しています。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ