投資信託

ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドの解説!特徴や手数料は?

ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドとは

00107
ブラックロックは、『ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド』の募集を発表しました。
『ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド』は、コーポレートガバナンス(企業統治)の優れた日本企業の株式に投資する投資信託です。
最近流行りのESG投信ですね。

00106
SBI証券『世界で注目を集めるESG投資』より引用

『ESG』とは、環境(Environment)と社会(Society)、企業統治(Governance)の頭文字をとった言葉です。
今回の『ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド』は、「ESG」の中の「G=ガバナンス(企業統治)」にフォーカスした投資信託です。
ブラックロックは、東証1部の日本企業へ調査・分析をおこないます。
その上で、コーポレート・ガバナンスの優れた日本株をポートフォリオに組み入れて、運用をおこないます。

ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドの詳細はこちらです。

商品名 ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド
募集期間 2018年9月3日から2018年9月14日まで
商品設定日 2018年9月18日
信託期間 2028年2月25日まで
決算日 2月25日
換金代金 換金受付日から5営業日目
購入時手数料 3.24%(1億円未満)
信託財産留保額 なし
信託報酬 年1.4256%

ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドの特徴

ガバナンスで企業を選別

今回の「ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンド」は、企業のガバナンスを最も重要視しています。
ブラックロックは、まず企業のガバナンスがしっかりしているかを見極めます。
ガバナンスを重要視する理由は、『ガバナンスがしっかりしている企業の株価は、長期パフォーマンスが良い』という考えを持っているからです。
私には、その考えが正しいのかどうか分かりません。
しかし、年金などの機関投資家は投資する際にガバナンスも重要視することが多くなっていることは事実です。
00110

ブラックロックは、企業経営でガバナンスが土台になると考えています。
ガバナンスは、すべてのステークホルダー(利害関係者)から信頼されることが不可欠ですね。
00118

ブラックロックが運用

ブラックロックは、世界最大の運用会社です。
運用資産残高は、約600兆円です(2016年12月末)。
下の図の通り、ダントツで世界最大です。
00115
ブラックロック・グループは、日本株を約30兆円保有しています。
日本株市場の約4.5%にあたります。
議決権順位をみると、トヨタ自動車10位、NTTドコモ4位、NTT 8位、ソフトバンク8位となっており、日本での存在感は別格です。
00117

ブラックロックの紹介記事はこちらです。

ブラックロック(BlackRock)
ブラックロック(BLK)の株価・見通し・決算情報ブラックロック(BLK)の紹介記事です。ブラックロック(BlackRock)の株価や見通し、決算、配当について記事にしました。資産運用やアドバイザリー業務を展開しています。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

ESG投資のパフォーマンス

ESG投資は、欧州を中心に世界的に広がっています。
世界の運用資産額の約4分の1を占めていますが、これからどんどん広がっていくと予想されます(2016年)。
00119
日本でも年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資をおこなっています。
これから日本でもESG投資の広がりが予想できます。

ポートフォリオ

モデルポートフォリオは19銘柄です。
公式パンフレットには、投資対象が15~30銘柄となっています。
実際の銘柄数は分かりませんが、銘柄数は少ないので1銘柄あたりの比率は大きそうです。
00112

組入銘柄の上位10銘柄はこちらです。
いわゆる大企業ばかりです。
00111

企業の規模別構成比はこちらです。
組入銘柄は、東証1部の銘柄に限定されます。
00113

コスト・費用

ブラックロック・ガバナンス・フォーカス・ファンドのコスト・費用はこちらです。
購入時に手数料が3.24%かかるので、コストは比較的かかる商品ですね。

購入時手数料 3.24%(1億円未満)
1.62%(1億円以上5億円未満)
0.81%(5億円以上10億円未満)
0.54%(10億円以上)
信託財産留保額 なし
信託報酬 年1.4256%
(委託会社)年0.702%
(販売会社)年0.702%
(受託会社)年0.0216%

過去のESG関連ファンドのパフォーマンス

過去にもESG関連の投資信託のパフォーマンスを一覧にしました。
ESGとは、、環境(Environment)、社会(Society)、企業統治(Governance)の頭文字をとった言葉です。
そのため、環境と社会、企業統治のどれを重視するかで投資信託の内容が変わります。
ESG投資といっても注目する基準が異なれば、投資信託のパフォーマンスは全然違います。

日本で有名なESG関連の投資信託の一覧です。
特定のテーマにフォーカスしている分、日経平均などの全体とは違ったパフォーマンスになりがちです。
パフォーマンスは、そんなに良いわけではないですね。

商品名 3ヶ月 6カ月 1年
三井住友・日本株式ESGファンド -2.43%
CAM ESG日本株ファンド -0.44% -0.79% +12.71%
朝日ライフSRI社会貢献ファンド -2.47% -4.44% +15.71%
損保ジャパン・グリーン・オープン -3.26% -6.16% +7.41%
日経平均 +3.1% +5.3% +16.2%

「三井住友・日本株式ESGファンド」
主にESG投資の拡大が期待される日本株式が投資対象の投資信託
「CAM ESG日本株ファンド」
ESGを定量的に評価して中長期の投資をおこなう投資信託
「朝日ライフSRI社会貢献ファンド」
SRI(社会的責任投資)を考慮した運用をおこなう投資信託
「損保ジャパン・グリーン・オープン(愛称:ぶなの森)」
環境問題へ積極的に取り組む企業の株に投資する投資信託

今回のまとめ

コーポレート・ガバナンス(Corporate Governance)を日本語で訳すと『企業統治』になります。
企業統治と聞くと、漠然としてすごく難しい感じがします。
シンプルに「企業を経営する上で、透明性があり効率化を図る仕組がある」くらいの認識で良いと思います。

9月はアセットマネジメントOneが『フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド』を販売する予定です。
『フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド』は、世界の小型株式に投資する投資信託です。
興味があれば、合わせてチェックしてください。

00083
フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド(ライジング・フューチャー)の解説!特徴やコストは?『フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド(愛称:ライジング・フューチャー)』が、アセットマネジメントOneの公式HPにアップされました。世界の小型株式に投資をするアクティブファンドです。...

アセットマネジメントOneは、『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09』も販売する予定です。
今年の7月に販売された『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07』の第2弾で、元本確保型の投資信託です。
興味があれば、合わせてチェックしてください。

2971
ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09(プライムOne2018-09)の解説!特徴や注意事項は?『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09(プライムOne2018-09)』がアセットマネジメントOneの公式HPにアップされました。特徴やメリット、リスク、注意事項などを記事にしました。...

直近募集になった新投資信託

『フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド』
フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンドは、世界の小型株式を投資対象としている投資信託です。
当初申込期間は、2018年9月10日~9月28日。

00083
フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド(ライジング・フューチャー)の解説!特徴やコストは?『フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド(愛称:ライジング・フューチャー)』が、アセットマネジメントOneの公式HPにアップされました。世界の小型株式に投資をするアクティブファンドです。...

『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09』
『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07』は、ゴールドマン・サックス社債に投資して、元本確保を目指す投資信託です。
当初申込期間は、2018年9月3日~9月27日。

2971
ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09(プライムOne2018-09)の解説!特徴や注意事項は?『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09(プライムOne2018-09)』がアセットマネジメントOneの公式HPにアップされました。特徴やメリット、リスク、注意事項などを記事にしました。...

『NW世界投資適格社債ファンド1809』
NW世界投資適格社債ファンド1809は、世界の投資適格債を投資対象としている投資信託です。
当初申込期間は、2018年9月3日~9月21日。

4208
NM世界投資適格社債ファンド1809の解説!パフォーマンスはどうなる?今回のNM世界投資適格社債ファンドは、『NM世界投資適格社債ファンド 円投資型1809』と『NM世界投資適格社債ファンド 米ドル投資型1809』の2つのコースが用意されています。...

『ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンド』
ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンドは、基準価額があらかじめ決められた水準を下回らない『ストップライン』という仕組みを付けた投資信託です。
当初申込期間は、2018年8月6日~8月16日。

2954
ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンドの解説!野村證券は、新投信『ストップライン付き野村ワールドボンド・ファンド』を発表しました。運用スタートは2018年8月17日(金)です。決められた水準を下回らない『ストップライン』という仕組みを付けた投資信託です。...

『野村ワールドボンド・ファンド』
野村ワールドボンド・ファンドは、日本を含む先進国の国債や政府保証債、地方債などを投資対象としている投資信託です。
当初申込期間は、2018年8月6日~8月16日。

2956
野村ワールドボンド・ファンドの解説!野村證券が、新投信『野村ワールドボンド・ファンド』を発表しました。運用スタートは2018年8月17日(金)になります。為替ヘッジが90%±10%かかっているので、為替で大きく基準価額が下落するリスクもないでしょう。 ...

『野村日本最高益新企業ファンド』
『野村日本最高益更新企業ファンド(愛称:自己ベスト)』は、最高益を達成する企業に投資するというテーマ型の投資信託です。
当初申込期間は、2018年7月9日~7月23日。

2915
野村日本最高益更新企業ファンド(愛称:自己ベスト)の解説!ポートフォリオや注意事項野村證券が『野村日本最高益更新企業ファンド(愛称:自己ベスト)』の募集を開始しました。『野村日本最高益更新企業ファンド(愛称:自己ベスト)』は、最高益を達成する企業に投資するというテーマ型の投資信託です。...

『JPMザ・ジャパン・ベストアイディア』
『JPMザ・ジャパン・ベストアイディア』は、JPMザ・ジャパンをベースにしつつ、「ベストアイディア」という考え方をプラスした投資信託です。

2964
JPMザ・ジャパン・ベストアイディアの解説!特徴や注意事項野村證券が『JPMザ・ジャパン・ベストアイディア』の募集をスタートさせました。『JPMザ・ジャパン・ベストアイディア』は、『JPMザ・ジャパン』という人気ファンドの派生商品のようなイメージで良いと思います。 ...

『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07』
『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07』は、ゴールドマン・サックス社債に投資して、元本確保を目指す投資信託です。

ゴールドマンサックス社債/国際分散投資ファンド
ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07(プライムOne2018-07)の解説!特徴や注意事項本日『ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-07』が、アセットマネジメントOneの公式HPにアップされました。少し前に『元本確保型』の投資信託として、日経新聞に掲載され話題になった投資信託です。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ