米国株

スクエアの株価が時間外で急落!第3四半期の決算を発表!

スクエアの株価が時間外で急落!第3四半期の決算を発表!

スクエアは引け後、第3四半期の決算を発表しました。

・売上高 8億8,210万ドル(前年同期比50.7%増)
・純利益 1,964万ドル(前年同期は1,609万ドルの赤字)
・EPS 0.13ドル

市場予想は 売上高 8億63百万ドル EPS 0.11ドルだったので、予想を上回る内容でした。
しかし、発表したガイダンス(見通し)が市場予想を下回る内容だったので、株価はアフターマーケットで-3.55%と大きく下落しています。
スクエア 決算

事業別にみると、ビットコイン関連(Bitcoin revenue)も4,296万3千ドルの売上があります。
費用(Cost)が増加していますが、収益が伸びているので黒字化していますね。

決算を受けて、株価はアフターマーケットで下落しています。
会社側の弱気の見通しを嫌気しているようですね。
スクエア 株価 時間外

第3四半期の決算内容

第3四半期の決算内容は以下の通りです。

・売上高(Total Net Revenue) 8億82百万ドル
・決済取引高(Gross Payment Volume) 225億ドル
・純利益(Net Income) 20百万ドル

これまで“赤字が普通だった”スクエアが黒字転換しているのは、プラス材料です。
スクエア 決算

問題のガイダンス(見通し)はこちらです。
次回の決算(第4四半期)の1株利益予想が0.12~0.13ドルとなっており、市場予想(0.15ドル)に届きませんでした。
スクエア ガイダンス・見通し

今回のまとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

第3四半期の決算内容は、市場予想を上回る
第4四半期の見通しが弱気で、市場予想を下回る
会社側のガイダンス(見通し)が弱気だったので、株価は時間外で下落
ビットコイン関連の売上高が4,296万3千ドル

今回のスクエアの業績は順調に推移しているようです。
特に四半期ベースで黒字転換した意味合いは大きいと思います。
会社側の見通しは弱気なのが気になりますが、決済高が順調に増加している間は良さそうですね。

スクエア(square)
スクエア(SQ)の株価・見通し・決算情報スクエア(SQ)の紹介記事です。スクエア(Square)の株価やチャート、決算、配当について記事にしました。スクエアは、スマホやタブレットを利用したクレジットサービスを提供しています。米国株(アメリカ株)の銘柄紹介の記事です。...

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ