IPO

ソフトバンクのIPOを申し込みする?しない?

ソフトバンク IPO
ソフトバンクIPO(新規上場)に関する報道が多くなってきました。
11月30日(金)、ソフトバンクの仮条件が決定しました。
想定価格1,500円に対して、仮条件も1,500円でした。

IPO(新規上場)のCMを見て「ソフトバンクって上場してなかったっけ?」と思った人も多いと思います。

現在、上場しているのはソフトバンクの親会社のソフトバンクグループです。
今回上場するソフトバンクとソフトバンクグループの関係は下の図の通りです。
ソフトバンク IPO

ソフトバンクのIPOは下の記事でまとめました。

ソフトバンク IPO 初値予想
ソフトバンク(9434)IPO解説と初値予想!仮条件、公募価格、決算を紹介ソフトバンク(9434)のIPO(新規上場)の解説記事です。ソフトバンクの初値予想や仮条件、公募価格、決算について紹介しています。事業内容や大株主、役員についてもまとめています。...

今回のソフトバンクのIPO当選は、そんなに難しくないと思います。
下記の”ソフトバンクのIPOを取り扱っている証券会社”にすべて申し込んで、配分が全くないということはないでしょうね。

今回のソフトバンクのIPOは、以下の証券会社で取り扱っています。

ソフトバンクのIPOに申し込む人は、とりあえず全ての証券会社で申し込んでおいた方が良いと思います。

資金力がない人は、”入金なし”で当選できる証券会社は申し込むようにしましょう。
上記のうち資金ゼロ円で当選できる証券会社は、こちらです。

ワンタップバイの「誰でもIPO」からソフトバンクのIPOに申し込むこともできます。
「誰でもIPO」は開始したばかりのサービスなので、競争率も低そうです。
公式のHPはこちらです。
ワンタップバイ:『誰でもIPO』でソフトバンクのIPO取扱い開始予定

ワンタップバイの「誰でもIPO」の解説ページはこちらです。

誰でもIPO ワンタップバイ
誰でもIPOの解説!ワンタップバイのIPO取扱いサービス!誰でもIPOは、ワンタップバイが提供するIPO(新規上場株式)取扱いサービスです。誰でもIPOは、単元株ではなく1株から申し込みをすることができます。個人投資家にも当選のチャンスが十分あります。...

この記事は「ソフトバンクのIPOに申し込むかどうか迷っている」という人に向けて書いた記事です。

記事のポイントはこちらです。

過去の大型IPOは結構儲かってる
吸収金額が大きすぎる
配当性向85%は魅力
親子上場問題
同業他社と比較
中長期的には売りか
指数への組み入れ期待

過去の大型IPO案件のパフォーマンス


直近5年間の大型IPO案件はこちらです。
過去のパフォーマンスをみると、結構大型IPOのパフォーマンスは良いですね。
知名度の高いIPO案件は、成功する可能性が高いようです。

銘柄名
(上場日)
時価総額
(吸収金額)
初値
(騰落率)
ソフトバンク
(2018/12/19)
7兆1,807億円
(2兆6,460億円)
ワールド
(2018/09/28)
1,049億円
536億円
2,755円
(-5.0%)
MTG
(2018/07/10)
2,241億円
460億円
7,050円
(+21.6%)
メルカリ
(2018/06/19)
4,059億円
1,306億円
5,000円
(+66.7%)
SGホールディングス
(2017/12/13)
5,187億円
1,276億円
1,900円
(+17.3%)
LIXIL ビバ
(2017/04/12)
916億円
449億円
1,947円
(-5.0%)
スシロー
(2017/03/30)
988億円
760億円
3,430円
(-4.7%)
JR九州
(2016/10/25)
4,160億円
4,160億円
3,100円
(+19.2%)
LINE
(2016/07/15)
6,929億円
1,328億円
4,900円
(+48.5%)
コメダ
(2016/06/29)
858億円
601億円
1,867円
(-4.7%)
日本郵政
(2015/11/04)
6兆3,000億円
6,930億円
1,631円
(+16.5%)
ゆうちょ
(2015/11/04)
6兆5,250億円
5,980億円
1,680円
(+15.9%)
かんぽ
(2015/11/04)
1兆3,200億円
1,452億円
2,929円
(+33.1%)
リクルート
(2014/10/16)
1兆7,794億円
2,138億円
3,170円
(+2.3%)
すかいらーく
(2014/10/09)
2,330億円
932億円
1,200円
(±0%)
ジャパンディスプレイ
(2014/03/19)
5,412億円
3,347億円
769円
(-14.6%)

ソフトバンクの知名度は抜群です。
ただし、日本郵政やゆうちょのように大きく上昇することはないと思います。
今回のソフトバンクのIPOは割高な印象がありますが、”知名度の高いIPO”に注目している投資家は多いそうですね。

吸収金額が大きすぎる

今回のソフトバンクのIPOの吸収金額は、2兆6,460億円です(想定価格)。
まだ正確な数字は分かりませんが、超巨大なIPOなことは間違いないですね。

私が1番気になるのは”2兆6千億円を超える吸収金額を市場が上手く吸収できるか”です。
実は、東証1部の売買金額は2~3兆円くらいです。
ソフトバンクが上場するインパクトは、非常に大きいですね。

先週の東証1部の売買代金の推移です。

11月16日(金) 2.5兆円
11月15日(木) 2.3兆円
11月14日(水) 2.4兆円
11月13日(火) 2.8兆円
11月12日(月) 2.1兆円

吸収金額が大きいIPOの場合、上場後に買われるように割安な水準で新規上場することが多いです。
ただ、今回のソフトバンクのIPOは仮条件をみる限り、特に割安な水準ではありません。

配当性向85%は魅力


今回のソフトバンクのIPOで、最もポジティブな材料は「配当性向85%を目指す」ことです。
ソフトバンク 配当性向

配当性向とは、純利益の中から配当金をどのくらい支払っているかをパーセンテージで表した数字です。
簡単に説明すると『配当性向85%』は、利益の85%を配当金として支払うということです。

日経新聞の報道によると…
”2017年度の上場企業全体の配当性向は3割程度で横ばいが続く”そうです。
ソフトバンクの配当性向85%という水準は、日本企業の中ではかなり高い水準なのは間違いないようです。
日経新聞:「日本企業、配当性向3割で足踏み」

”配当性向が高い企業が良い”というわけではないので、注意してください。

ソフトバンクの配当利回りは5%です(想定価格)。
KDDIやNTTドコモと比較すると、高い配当利回りになりそうです。

ソフトバンク 5.0%(想定価格)
KDDI 約3.9%(11月16日 終値)
ドコモ 約4.3%(11月16日 終値)

高配当株が好きな投資家には、ポジティブな材料ですね。

親子上場問題

今回のソフトバンクのIPOは、親子上場案件になります。
親子上場とは、親会社と子会社がそれぞれ取引所に上場している状態のことをいいます。

実は、親子上場は日本独特です。
欧米の株式相場をみると、親子上場はほとんど見られません。

ソフトバンクグループをみると、親会社のソフトバンクグループやヤフー、ソフトバンクテクノロジーなどが上場しています。
ただソフトバンクだけでなく、NTTやイオン、GMOインターネットなど数多くの企業が親子上場しているので、短期的には問題にならないと思います。

親子上場の場合、親会社が株を売却しないため値崩れしにくいなどの長所もあります。

しかし「本当に子会社のソフトバンクの経営の独立が確保されているか」という親子上場をめぐる問題は、将来的にも可能性としてあることは頭に入れておいた方が良さそうです。

通信料金の値下げ問題

現在のソフトバンクの最大の問題は、「通信料金の値下げ問題」です。

8月233日、菅官房長官が「携帯料金は今より4割程度引き下げる余地がある」と発言しました。
その発言を受けて、NTTドコモは通信料金を2~4割引き下げる方針を発表しました。
ドコモの発表を受けて、孫社長は、第2四半期の決算の場で”携帯電話の通信料金の値下げを検討する”とコメントしました。
今後、携帯電話の通信料金で大きく稼ぐというビジネスモデルは通用しなくなっていくようですね。

私は、5Gが本格的に普及するまでソフトバンクの業績は鈍化していく可能性が高いと考えています。

ソフトバンク 第2四半期 決算
ソフトバンク(9984)が第2四半期の決算を発表!ソフトバンク(9984)が第2四半期の決算を発表しました。ソフトバンク・ビジョン・ファンドが最大の利益を計上するなど、好材料が多かったです。国内通信事業に関わる人員を2~3年かけて4割削減すると発表しました。...

ライバルと比較

ソフトバンクのライバルは、KDDINTTです。
通信キャリア(3社)のシェアは以下の通りです。
ソフトバンクは、通信キャリアでは第3位です。

NTTドコモ 7,705万件(第2四半期)
au(KDDI) 5,351万件(第2四半期)
ソフトバンク 4,044万件(第2四半期)

電気電信事業者協会「事業者別契約数」より引用

ソフトバンクの予想PERを計算すると、17.1倍です(想定価格)。
他社と比較すると、割高な水準となっていますね。

ソフトバンク PER 17.1倍(想定価格)
NTT PER 10.2倍(11月16日終値)
KDDI PER 9.8倍(11月16日終値)
NTTドコモ PER 13.8倍(11月16日終値)

ソフトバンクが他社よりも有利なのは、ソフトバンクグループの傘下ということです。
ソフトバンク・ビジョン・ファンドには成長性を感じています。

ソフトバンクビジョンファンド
ソフトバンク・ビジョンファンドは鉄壁の布陣!ユニコーン67社!ソフトバンク・ビジョンファンドの解説記事です。ソフトバンクが運営しているソフトバンク・ビジョンファンドでは、ユニコーンが67社もあります。オープンドアやウィーワークなど面白い企業が数多くあります。...

ライバルのNTTはこちらの記事でまとめました。

NTT 株価 見通し 決算情報
NTT(9432)の株価・見通し・株主優待・決算情報NTT(日本電信電話)は、国内最大の通信会社です。NTT(9432)の株価や見通し、決算情報、配当について解説しました。今までパケット収入が稼ぎ頭でしたが、スマートライフ領域収入が増加しています。...

ライバルのKDDIはこちらの記事でまとめました。

3791
KDDI(9433)の株価・株主優待・決算情報・銘柄紹介KDDI(9433)は、auブランドのモバイル通信業がメイン事業で、長年にわたりNTTと日本の通信業を二分している会社です。ソラコムを買収したり大和証券と資産運用事業の会社を設立するなど、「ライフデザイン企業」になろうとしています。...

親会社のソフトバンクグループはこちらです。

3601
ソフトバンク(9984)の株価・見通し・株主優待・決算情報ソフトバンク(9984)の株価・見通し・株主優待・決算情報についての解説記事です。ソフトバンク(9984)は米スプリントやヤフー、アーム、ソフトバンクビジョンなどの事業を展開しています。...

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

過去の大型IPO案件のパフォーマンスは悪くない
知名度の高い銘柄のパフォーマンスは良い
吸収金額が1日の東証1部の売買代金とほぼ同じ水準
配当性向85%は魅力的
親子上場問題は頭の片隅に入れておいた方が良さそう
通信料金の値下げ問題で業績は頭打ち
ライバルと比較すると、ソフトバンクは割高

私は、今回のソフトバンクのIPO(新規上場)を申し込むかどうか、かなり迷っています。
仮条件が1,500円で発表されたので、余計に迷いますね。

現時点で初値は、1,605円~1,455円(+7%~-3%)の間でついてくると考えています。
そんなに大きく上昇も下落もしないIPO案件でしょうね。
申し込むかどうかギリギリまで迷いますが、おそらくスルーしそうです。

3601
ソフトバンク(9984)の株価・見通し・株主優待・決算情報ソフトバンク(9984)の株価・見通し・株主優待・決算情報についての解説記事です。ソフトバンク(9984)は米スプリントやヤフー、アーム、ソフトバンクビジョンなどの事業を展開しています。...

おすすめIPOランキング

IPOでおすすめの証券会社

IPOでおすすめの証券会社IPOの口座開設でおすすめの証券会社と穴場の証券会社をピックアップしました。特に穴場となる松井証券やGMOクリック証券、楽天証券、岩井コスモ証券、ライブスター証券には口座開設をしておくようにしましょう。...

これから上場予定のIPOをおすすめ順にしています。

現在募集しているIPO株の一覧
IPOの株の一覧IPO株の一覧(現在募集中)を記事にしました。IPO(新規上場)株に当選するにはできる限り多くの証券会社から申し込むことが必要です。資金を確認して、割り当ての証券会社を確認してIPOに申込みましょう。...
panda 007
IPOの初値予想!これから上場予定のIPO銘柄をおすすめ順に一覧にしました。『S級IPO銘柄』と『A級IPO銘柄』、『B級IPO銘柄』はある程度目をつぶって申し込んでも良いと思います。『C級IPO銘柄』はよく考えて申し込んでください。...
panda 005
IPOスケジュールをチェックIPOのスケジュールは常にチェックするようにしましょう。これから上場するIPO銘柄の一覧です。初値が割れる可能性があると考えている銘柄は、総合評価で「D」としています。総合評価「C」の銘柄は、初値は割れないと予想しています。...

これから上場するIPOの一覧

アルー(7043)
上場日 12月11日(火)、時価総額 32.6億円、吸収金額 8.78億円

ピアラ(7044)
上場日 12月11日(火)、時価総額 76.9億円、吸収金額10.6億円

アルテリア・ネットワークス(4423)
上場日 12月12日(水)、時価総額 700億円、吸収金額 281億円

FUJIジャパン(1449)
上場日 12月13日(木)、時価総額 5.18億円、吸収金額 0.8億円

オーウエル(7670)
上場日 12月13日(木)、時価総額 73.5億円、吸収金額 13.1億円

グッドライフカンパニー(2970)
上場日 12月17日(月)、時価総額 21.4億円、吸収金額 7.3億円

ツクイスタッフ(7045)
上場日 12月17日(月)、時価総額 38.7億円、吸収金額 8.9億円

田中建設工業(1450)
上場日 12月18日(火)、時価総額 47.3億円、吸収金額 7.87億円

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)
上場日 12月18日(火)、時価総額 63.8億円、吸収金額 17.8億円

ソフトバンク(9434)
上場日 12月19日(水)、時価総額 7兆1,807億円、吸収金額 2兆6,460億円

Kudan(4425)
上場日 12月19日(水)、時価総額 223億円、吸収金額 6.4億円

Amazia(4424)
上場日 12月20日(木)、時価総額 41.3億円、吸収金額 4.3億円

AmidAホールディングス(7671)
上場日 12月20日(木)、時価総額 30.2億円、吸収金額 8.52億円

自律制御システム研究所(6232)
上場日 12月21日(金)、時価総額 343億円、吸収金額 100億円

テノ.ホールディングス(7037)
上場日 12月21日(金)、時価総額 27.7億円、吸収金額 7.64億円

EduLab(4427)
上場日 12月21日(金)、時価総額 237億円、吸収金額 46.3億円

ポート(7047)
上場日 12月21日(金)、時価総額 166億円、吸収金額 53.2億円

ベルトラ(7048)
上場日 12月25日(火)、時価総額 101億円、吸収金額 12.9億円

リンク(4428)
上場日 12月25日(火)、時価総額 35.8億円、吸収金額 8.86億円

レオス・キャピタルワークス(7330)
上場日 12月25日(火)、時価総額 254億円、吸収金額 73.9億円

※吸収金額と時価総額は、想定価格をもとに算出しています。

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、投資セミナー・投資キャンペーン・日本株・米国株・IPO(新規公開株)・投資信託・株主優待・債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の株ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。
にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ